face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

米ダンスクラブソングスチャート今年唯一の記録保持曲が日本でも大記録達成中

主に週後半、アダルトR&Bソングスチャートやゴスペルソングスチャートなど、米ビルボードチャートの中からこれはと思ったものを紹介していますが、ダンスクラブソングスチャートもその中のひとつ。

このチャートは実際に全米のクラブでかかった曲をベースにしたものであり、ゆえに流行り廃りが激しいのです。とりわけ、曲の人気がピークに達するやいなや”その曲はもう古い”として翌週には急にかからなくなり前週1位から10位近くにまで後退という例も少なくありません。リアーナ「Desperado」が首位に上り詰めた最新10月14日付のダンスクラブソングスチャートにおいて前週1位だったハイファイ・ショーン feat. クリスタル・ウォーターズ「Testify!」が8位に急降下したのはまさにクラブならではの特性といえます。

 

で、流行り廃りが激しい同チャートにおいて、2017年度(2016年12月3日付以降)、唯一2週連続で1位を獲得した曲があるのです。それはなんと。

今年米ビルボードソングスチャートで12週もの1位を獲得したエド・シーラン「Shape Of You」。まさかと言ったら失礼ですが、ダンスクラブソングスチャートまでに入り込むとは驚きです。3月18日付25日付で1位となり、翌4月1日付では首位の座を明け渡すものの4位に留まったというのですから、如何にこの曲がジャンルを越えて浸透したかが分かろうというものですね。

 

しかもこの曲、日本でも快挙達成中。

これはビルボード・ジャパンの先週10月2日付の洋楽チャート。最新10月9日付同チャートも制しており、これで20週目の首位に到達したというのですから驚きです。同日付の総合ソングスチャートでも「Shape Of You」は6位にランクインし、日本でも猛威を振るい続けています。最新総合ソングスチャートの解説は下記に。

ストリーミングの好調、ミュージックビデオでの日本人元力士の出演等、この曲の人気には様々な要因がありそうですが、ここまで勢いが続くのは驚きです。しかも10月下旬から翌月頭にかけては来日公演もあるということで、チャート上では11月中旬にかけてさらに勢いが増すものと思われます。

 

もしかしたらこの曲、世界中の総合チャートはもちろん、米ダンスクラブソングスチャートや日本の総合ソングスチャートでも大記録を打ち立てるかもしれませんね。