face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

米ソングスチャート、ミュージックビデオ公開効果でトップ10内に大きな変動が

ビルボードソングスチャートを定点観測。

現地時間の11月6日月曜に発表された、11月18日付最新チャート。ポスト・マローン feat. 21サヴェージ「Rockstar」が今年のヒップホップ最長不倒となる4週目の首位を獲得しました。

記事は下記に。

そしてトップ10はこちら。

カーディ・B「Bodak Yellow (Money Moves)」、およびミーゴス feat. リル・ウージー・ヴァート「Bad And Boujee」が今年成し遂げた3週1位の記録を抜き、ヒップホップで今年最長不倒となる4週目の首位を獲得した「Rockstar」(ただし、”2017年度”となるとレイ・シュリマー feat. グッチ・メイン「Black Beatles」が6週1位を獲得(2016年度分を含めると通算7週))。しかしその勢いには大きく陰りが。5週目の首位を記録したもののストリーミングは前週比13%ダウン、デジタルダウンロードも12%下降し、共に2桁の落ち込みとなりました。ラジオエアプレイは13%伸びているものの、2指標の落ち込みを補填するには十分ではありません。

 

そんな中で伸びてきたのは5ランクアップし2位につけたカミラ・カベロ feat. ヤング・サグ「Havana」。

ドラマ仕立ての6分42秒にもおよぶミュージックビデオが公開されたのが10月24日火曜日。先週は公開に伴う3日分のポイントがストリーミングに加算されてのトップ10入りでしたが(ストリーミングのカウント開始日は金曜)、最新チャートでは初の1週間分加算となり一気に2位へ上り詰めました。ストリーミングは前週比32%上昇しこれが他指標を牽引、デジタルダウンロードは同12%、ラジオエアプレイも同28%上昇。これによりカミラ・カベロは以前所属していたフィフス・ハーモニー時代にタイ・ダラー・サインをフィーチャーした「Work From Home」、ならびにマシン・ガン・ケリーにフィーチャーされた「Bad Things」における最高位(4位)を抜き、キャリア史上最高位に到達しています。

 

そしてニューカマーも登場。リル・パンプによる「Gucci Gang」が7ランクアップし7位に上昇しました。

10月23日に上記ミュージックビデオが到達し、「Havana」同様に今週1週間分のポイント加算によりストリーミングが前週比24%上昇。デジタルダウンロードも同17%アップしています。この曲は彼のファーストアルバム『Lil Pump』に収録され、10月28日付アルバムチャートで初登場3位を記録。17歳で凄い記録を達成していますが、17歳でタバコとかいいの?と思ったのは自分だけでしょうか。彼については下記サイトに詳しく掲載されていますので勝手ながら紹介させていただきます(問題があれば削除させていただきます)。

“Gucci Gang”が大ヒット中のラッパーLil Pump(リル・パンプ)とはどんな人物? | Black Music Dictionary(10月17日付)

 

もうすぐトップ10には、ミーゴス、ニッキー・ミナージュおよびカーディ・Bによる「MotorSport」が14位に初登場。

ニッキー・ミナージュにとってはこれが81曲目となるトップ100へのエントリーとなり、女性歌手による最多ランクインを更新しました。ちなみに2位はアレサ・フランクリンテイラー・スウィフトの73曲。

で、先週も触れたテイラー・スウィフトの勢いの問題。先週13位に初登場を果たした「Gorgeous」は今週68位に大幅ダウン。そして。

10月27日金曜に公開され、1週間分の動画公開に伴うストリーミング加算効果が期待された「...Ready For It?」はチャート上で返り咲き、46位から19位に上昇。しかし再びトップ10入りするには至れませんでした。今週彼女のアルバム『Reputation』がリリースされ、”予約数は40万を超えた”とのアナウンスがあるのですが、先行シングルの勢いがどうもパッとしないんですよね。

アルバムの(長期的な)勢いが気になるところです。