face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

本日発売、イギリス版Now最新作『Now 98』トラックリスト

前作からおよそ4ヶ月ぶり、イギリスの最新ヒット曲をまとめた『Now』シリーズ最新作、第98弾が本日リリースされました。上記ツイートは昨日のもので、日本での取扱は少し遅くなる模様(たとえばAmazonでは翌週発売と表示)ですが、今回も充実したラインアップですので、下記にトラックリストを掲載します。

11/17発売『Now That's What I Call Music! 98』(UK版) トラックリスト

(順位は全英(UK)、全米(US)とも総合チャートのもの。11/16午後時点でのWikipediaを参照。曲名のリンク先はYouTube)

(disc-1) 

01. カミラ・カベロ feat. ヤング・サグ「Havana」(UK1位・US2位)

02. ポスト・マローン feat. 21サヴェージ「Rockstar」(UK1位・US1位)

03. サム・スミス「Too Good At Goodbyes」(UK1位・US4位)

04. ピンク「What About Us」(UK3位・US13位)

05. デュア・リパ「New Rules」(UK1位・US21位)

06. エド・シーラン「Galway Girl」(UK2位・US53位)

07. チャーリー・プース「How Long」(UK9位・US44位)

08. CNCO(シー・エヌ・シー・オー)&リトル・ミックス「Reggaetón Lento (Remix)」(UK5位)

09. J・バルヴィン & ウィリー・ウィリアム「Mi Gente」(UK5位・US19位)

10. ジャスティン・ビーバー & ブラッドポップ「Friends」(UK2位・US20位)

11. ゼイン & シーア「Dusk Till Dawn」(UK5位・US44位)

12. ケイティ・ペリー feat. ニッキー・ミナージュ「Swish Swish」(UK19位・US46位)

13. デミ・ロヴァート「Sorry Not Sorry」(UK9位・US6位)

14. ステフロン・ドン & フレンチ・モンタナ「Hurtin' Me」(UK7位)

15. ルイ・トムリンソン feat. ビービー・レクサ & デジタル・ファーム・アニマルズ「Back to You」(UK8位・US40位)

16. カリード「Young Dumb & Broke」(UK17位・US25位)

17. マルーン5 feat. SZA(シザ)「What Lovers Do」(UK12位・US9位)

18. ジェイソン・デルーロ「If I'm Lucky」(UK28位)

19. クリーン・バンディット feat. ジュリア・マイケルズ「I Miss You」(UK23位)

20. アルマ「Chasing Highs」(UK18位)

21. ゼッド & リアム・ペイン「Get Low」(UK26位・US91位)

22. チャーリーXCX「Boys」(UK31位)

23. リタ・オラ「Anywhere」(UK5位)

(disc-2)

01. マシュメロ feat. カリード「Silence」(UK3位・US42位)

02. アヴィーチー feat. リタ・オラ「Lonely Together」(UK4位)

03. ジェームス・ハイプ feat. ケリー・レイ「More Than Friends」(UK8位)

04. ヤンゲン feat. ヤン・ベーン「Bestie」(UK10位)

05. メイブル feat. コージョー・ファンズ「Finders Keepers」(UK8位)

06. クリス・ブラウン「Questions」(UK12位・US78位)

07. クレイグ・デイヴィッド「Heartline」(UK24位)

08. セレーナ・ゴメス & マシュメロ「Wolves」(UK15位・US35位)

09. MK「17」(UK25位)

10. アクスウェル & イングロッソ「More Than You Know」(UK30位)

11. リアム・ペイン「Bedroom Floor」(UK21位・US98位)

12. デューク・デュモン & ゴーゴン・シティ feat. ネイションズ「Real Life」(UK31位)

13. キャメルファット & エルダーブルック「Cola」(UK18位)

14. リル・ウージー・ヴァート「XO TOUR Llif3」(UK25位・US7位)

15. ビッグ・シャック「Man's Not Hot」(UK11位)

16. クリス & ケム「Little Bit Leave It」https://www.youtube.com/watch?v=FWwGFBYROl8(UK15位)

17. カーディ・B「Bodak Yellow」(UK24位・US1位)

18. ロジック feat. アレッシア・カーラ & カリード「1-800-273-8255」(UK9位・US3位)

19. パロマ・フェイス「Crybaby」(UK32位)

20. ザ・スクリプト「Rain」(UK15位)

21. ラグンボーン・マン「Grace (We All Try)」

22. リアム・ギャラガー「Wall of Glass」(UK21位)

23. ザ・キラーズ「The Man」(UK63位)

収録曲は”クリーンバージョン”となるため、仮に収録曲で気に入ったものがそちらだった場合は元の楽曲を購入することをお勧めします(特にヒップホップ)。

 

カーディ・B「Bodak Yellow」が全米1位ながらディスク2の後半に収められているのは【このコンピレーションアルバムがイギリスのヒットに基づく】および【曲の流れを考慮して】ではないかと。後者においては今作におけるディスク2の前半がまさにダンスチューンのオンパレードとなっているのですが、個人的注目曲はこちら。

力強くも、美しさを併せ持ったハウスミュージックですが、この曲はサンプリングというよりもはやカバーの域。

全英5位、全米2位を記録したアン・ヴォーグ最大のヒット曲のひとつ「Don't Let Go (Love)」を用いているんですよね。イギリスでは90年代R&Bを大胆にハウスリメイクした曲が数多く登場し、最近では『Now』シリーズ1作品につき1曲は収められている印象があるのですが、こういうのに出会うのもまた楽しいのです。

是非コンピレーションアルバムを手に取って、お気に入りの曲を見つけてみてください。