face it

チャート愛好家。ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

クリス・ハート「I LOVE YOU」をチャート急上昇に結びつけたテレビの”施策”

BTS(防弾少年団)「MIC Drop」が制覇した最新12月18日付ビルボードジャパンソングスチャート。

個人的に注目したいのは、7位にランクインしたクリス・ハート「I LOVE YOU」。2014年発売のシングル曲がこのタイミングで上昇しています。

チャートを構成するひとつ、ダウンロード指標ではこの曲が3位にランクイン。そしてストリーミング指標ではトップに躍り出ました。

その理由は『オーディション番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』で同曲を披露した中学生の動画への大きな反響から』(上記記事より)とのこと。このテレビ朝日系の番組は12月3日(日曜)に放送されました。

丸山純奈さんの歌唱力の素晴らしさ、自分は番組は未見だったものの、w-inds.橘慶太さん経由で知りました。

番組を観た方が振り返りのために、そして橘さん等の口コミをきっかけに歌唱動画にたどり着いた方は多いはず。ただ、YouTube掲載動画が違法アップロードのものだったらここで紹介するのをためらう...と思ったのですが、その心配は杞憂でした。この歌唱動画が素晴らしいのは、テレビ版をそのまま流せば出演者の肖像権の関係で削除されるだろうことを踏まえて歌う方のみにクローズアップしたこと。また、放送直後に公開することテレビからYouTubeへの流れをスムースに作り上げていることでしょう。当然ですがクリス・ハートさんの歌唱ではないため、丸山さんの歌唱動画の視聴ではストリーミングポイントは入りませんがそれでも、ビルボードジャパンソングスチャートのストリーミング指標ではクリス・ハート「I LOVE YOU」がDAOKO×米津玄師「打上花火」から首位を奪還するに至っており、これは見事としか言いようがありません。

ちなみに「I LOVE YOU」は前週98位に再登場。ダウンロードおよびストリーミングは月曜から日曜が集計期間のため、前週においては12月3日(日曜)の放送において丸山さんの歌唱部分が流れてから数時間の間に購入もしくはストリーミング再生したポイントが反映。極々短時間でのポイントがランクインに貢献したわけで、丸山さんの歌唱の素晴らしさを実感すると共に、ビルボードジャパンのチャートは視聴者の購入等への流れをダイレクトに反映していることを証明したと言っていいでしょう。

 

そのクリス・ハートさん、丸山さんの歌唱が少しずつ広まっていくその最中に活動休止を発表しました。

10月4日にリリースされ、「I LOVE YOU」も収録されたベストアルバム『こころのうた~クリス・ハート ベスト~』はビルボードジャパン最新12月18日付アルバムチャートで51位に再登場。曲単位でのダウンロード等は急上昇しているもののアルバムにはまだまだ結びついていないかもしれません。が、丸山さんと本家クリスさんを聴き比べ、そこからクリスさんの技術力や表現力の高さを知り、入門編としてベストアルバムを手に取る...というのもいいかもしれません。