face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

小室哲哉を思う

昨日突如引退した小室哲哉さんについては、各自が会見内容を読み判断するのがよいと考えます。特にメディアの主観をほぼ取り除いた音楽ナタリーの文章を読むことをおすすめします。

自分はツイッターにて幾度となく、メディアの暴挙について警鐘を鳴らしてきましたが、ジャーナリストの津田大介さんによる下記のツイートが、今回の”暴挙”に至らせたもの、そしてそれが週刊文春のみの問題ではないことがよく解ります。そしてそれは、自分も以前から思い、ここで書いてきたことと同じでした。

dマガジンにアクセスするのも、ワイドショーを観て視聴率に貢献するのも、最終的には市井に宿る問題なのです。ゆえに一人ひとりがこの引退の件を踏まえ、自ら省みる必要があります。自身に潜む穿った見方や嘲笑行為を自浄出来ていけば、時間がかかったとしても世界(この場合はエンタテインメント業界に限らず、他者を平然と非難出来る社会全体も)が変わっていくはずです。

 

 

引退会見以降、頭の中に鳴り響くのは小室哲哉さんによる作品群でした。

最初期に買ったシングル曲。

自身二度目のライブ鑑賞で、内に秘められた力に圧倒された曲。

安室奈美恵さんのR&Bへの橋を架けてくれた、「I HAVE NEVER SEEN」と対になるであろう曲。

中森明菜さんの色気を最大限に引き出した、松本隆氏作詞のシングル曲。

メロディの美しさが際立った愛の一曲。

異ジャンルの融合がこんなに格好いいのかと初めて思わせてくれた曲。

アイドルプロデュースにも抜かりないことを示してくれた曲。

カイリーの妹、ダニー・ミノーグを迎えたEUROGROOVEによる世界水準な曲。

大好きなシティーハンターとの最良のコラボ曲。

そしてR&B好きにおいては、当時の流行だったTLC等によるR&Bを最良の形で咀嚼したglobe「Is this love」が大好きなのです。

 

昨日の突然の幕引きには驚いてしまいましたが、今はゆっくり喧騒から離れ、またいつかどこかで新たな音を届けてくれることを願っています。本当に、心からありがとうございました。