face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

輸入盤レンタル解禁タイミングに異変? 半年で解禁に踏み切った話題作

最新米ビルボードソングスチャートでキャリア初のトップ10入りを果たしたデュア・リパ。その曲、「New Rules」はアルバム『Dua Lipa』に収録されています。

YouTube動画の"刻印"で解るように、デュア・リパのアルバムはワーナー発。輸入盤、国内盤共に昨年6月2日に発売されていますが、ワーナーは国内盤においてユニバーサルやソニーと異なり、洋楽のレンタル解禁を1年後とすることに未だこだわっています(ブルーノ・マーズ『24K Magic』がその典型)。それゆえ『Dua Lipa』も1年待つ必要があるものと考えていました。

しかし。

f:id:face_urbansoul:20180127145837p:image

上記は1月27日の画面(スマートフォンでの表示であり、こちらから辿ることが出来ます)。輸入盤ではありますが、半年でのレンタル解禁となっているのです。輸入盤が解禁タイミングを早めたというのはほとんど聞いたことがなく、驚きました。

これはもしや、海外レーベル側が1年のレンタル禁止を"解いた"ことになるのではないかと思うのですが如何でしょう。そうだとすれば、海外がGOサインを出した一方、未だ1年にこだわる国内レコード会社の対応に不信感が出てもおかしくなく、今後ワーナーミュージック・ジャパンの対応が問われそうな気がします。