face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

ホイットニー・ヒューストンの命日に、史上最高のパフォーマンスを聴く

自分の誕生日は、彼女の命日でもあります。

今年はピンクが、インフルエンザから回復した直後で完全ではなかったものの国歌斉唱の大役を務めたのがアメリカンフットボールの祭典、スーパーボウル。その、全米のみならず世界中が注目するイベントにおける、一昨年までの国歌斉唱パフォーマンスが各メディアでランキング化されているとのことですが、その全てで1位を獲得したのが1991年のホイットニー・ヒューストンによるものでした(神が舞い降りた! ホイットニーの国歌斉唱@第25回スーパーボウル | 1991年 | リマインダー - 80年代音楽エンタメコミュニティ、エキサイティング80’s!- Re:minder(1月9日付)参照。フル動画もあります)。後にこの時のパフォーマンスはシングルとして発売され、同年のビルボードソングスチャートで週間20位を記録。2001年、テロ事件後に再リリースされ総合で週間6位、シングルセールスチャートでは首位を獲得しました。

ホイットニーがスーパーボウルで披露した「星条旗よ永遠なれ (原題:Star Spangled Banner」は彼女のライブアルバム『Whitney Houston Live : Her Greatest Performances』(2014)に収録、国内盤もリリースされています。あらためて聴くと、彼女の圧倒的な歌ヂカラに圧倒され、同時に類まれなる才能の不在をあらためて悲しく思います。最後に、彼女の中で一番好きな「I Have Nothing」も含むアメリカン・ミュージック・アワードでのパフォーマンスを下記に。先述したライブアルバムに含まれています。