face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

米ソングスチャート、ドレイク「God's Plan」がストリーミングで大台突破

ビルボードソングスチャートを定点観測。

現地時間の2月26日月曜に発表された、3月3日付最新チャート。ドレイク「God's Plan」がストリーミングを大幅に伸ばし5週連続で首位を獲得しました。

記事は下記に。

そしてトップ10はこちら。

ドレイク「God's Plan」はこれまで4週連続、ストリーミングが7500万超えという記録的な数値を叩き出してきたのですが、2月16日にミュージックビデオを公開したことでストリーミングが急伸。最新週のストリーミング再生回数は1億回を突破しました。1億170万という数値は、バウアー「Harlem Shake」が2013年3月2日付で記録した1億310万に次ぐ歴代2位であり、1億回超えはこの2曲のみ。また「God's Plan」のこれまで5週間のストリーミングはいずれも歴代トップ10入りを達成しており、ドレイクの強さが際立っています。

このミュージックビデオ発表が他指標にも効果をもたらし、デジタルダウンロードは前週比45%も上昇し同指標1位、ラジオエアプレイでは同21%の急伸により早くもトップ10入り(13→8位)を果たしました。ヒップホップはラジオエアプレイでは弱いとされていますがドレイクは19曲目となるトップ10入りを達成。3指標とも大幅上昇といういわば完璧なチャート制覇、上記記事では"hat trick"と例えられています。

 

そしてそのドレイクが加勢した、ブロックボーイJB feat. ドレイク「Look Alive」が1ランクアップし5位に。先週6位に初登場を果たしたこの曲ですが、ストリーミングで前週比12%上昇し同指標2位を記録。ブロックボーイJBにとっては初、ドレイクは10曲目となるトップ5入りを果たしています。これに押し出されたのがポスト・マローン feat. 21サヴェージ「Rockstar」。2位に初登場を果たし8週もの首位を獲得したこの曲ですが、登場23週目にして初となるトップ5からの陥落。ちなみに初登場以降トップ5に在位し続けた最長記録はエド・シーラン「Shape Of You」の持つ27週で、「Rockstar」は歴代2位となります。

(なお「Shape...」およびザ・チェインスモーカーズ feat. ホールジー「Closer」はともに、トップ5在籍期間の最長記録(27週)を持っています。この場合、初登場の位置は関係ありません。)

 

映画『ブラックパンサー』が2月16日にアメリカで公開され、特大ヒットとなっています。

サウンドトラックも2週連続で米ビルボードアルバムチャートを制していますが、このサントラ収録の2曲、ケンドリック・ラマー&SZA「All The Stars」が7位、ザ・ウィークエンド&ケンドリック・ラマー「Pray For Me」が9位とそれぞれ2ランクアップしています。映画の勢いに乗って上昇した形です。次週以降どこまで数値を伸ばすか気になりますが、映画の勢いがさほどチャートアクションに表れていないのでは?というのが私見です。それだけドレイクの勢いが別格ということでしょう。

 

来週以降はドレイクの勢いがどこまで続くかに注目したいと思います。実は同時に初登場したもうひとつの曲が急落しているのが気になっているのですが。