face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

ラッパーのスヌープ・ドッグが最新ゴスペルチャートに2曲送り込む

この方が"ゴスペル"に挑むことに未だ驚きがあることは否めないのですが、チャート上では早くも結果を出しています。デビューアルバムから今年でちょうど四半世紀、ラッパー...それもギャングスタ・ラップを牽引してきたスヌープ・ドッグによる2曲が、最新3月10日付米ビルボードゴスペルソングスチャートにおいてトップ25内にランクインを果たしました。

スヌープ・ドッグ feat. チャーリー・ウィルソン「One More Day」(初登場17位)

スヌープ・ドッグ feat. ランス・アレン「Blessing Me Again」(初登場25位)

後者ではラップを披露しているのですが前者については(おそらく)ほぼフルでチャーリー・ウィルソン御大が伸びやかに歌っており、bmrの記事にある通り『スヌープが企画するゴスペル・コンピレーション』という様相を呈していますが、先行公開された「Words Are Few」ではスヌープ自身が味わい深い歌唱を魅せています。個人的にはここで、様々な理由で(というより偏見にさらされ)ゴスペル界と距離を置いたB・スレイドがメジャー作品に戻ってきたことを心からうれしく思います。コンピレーションだからこそ成せる業かもしれませんが、なによりスヌープの存在は大きいでしょうね。

ランクインした2曲や、B・スレイドを迎えた曲等が収録された『Snoop Dogg Presents Bible Of Love』は3月16日発売。先週発表されたトラックリスト(下記bmrの記事参照)をみると、ゴスペル界からも多数参加しており、どんな音になっているのか、スヌープ・ドッグがどう統率しているのか、今からワクワクしています。