face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

野蛮に攻めるタンク「When We」、チャート最高位更新

最新3月31日付米ビルボードソングスチャートで、地味ながらも着実にチャートを上昇しているのがこの曲。

・タンク「When We」(86→78位)

このブログは朝書いているのですが、さすがに画が刺激的過ぎますね...SMチックな表現もあるので注意が必要です。

昨年のアルバム『Savage』からの先行シングルで、アルバムの意味は"野蛮"。最もアグレッシブな作品である、と述べておりその姿勢が先行曲のミュージックビデオからも読み取れます。アルバムの詳細はbmrで是非。

この曲がアダルトR&Bソングスチャート3曲目の1位を獲得し、総合ソングスチャートでは自身の主演曲で3曲目となるトップ100入りを果たしているのですが、後者においては今週、登場12週目にしてこの曲における最高位を更新しました。というのも、この曲のリミックス版のミュージックビデオが公開されたため。

昼間の画が挿入されることやSMチックな映像がないためオリジナルよりは健全に見えても、結局やってることは変わらないというか。そして筋肉バカの後輩ことトレイ・ソングスに曲の前半を任せ(あたかも"前戯"的な)、最後は自身で締めるというタンクの余裕っぷりたるや。トレイは『Savage』収録の別曲(「Everything」)でもリュダクリスと共にフィーチャーされており、もしかしたらタンクのお気に入りなのかもしれませんね。

このリミックス版ミュージックビデオが3月16日に公開されたことでビデオのストリーミングも加算されチャート上昇につながった、という次第。エロティックさもさることながら、トレイ・ソングス→タイ・ダラー・サイン→タンクというリレーもR&Bマナーに則ったもの。デビュー18年目にしてチャート的にも攻めの姿勢が表れているタンク、お勧めです。