face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

永遠の課題、犬かそれともキャットか?

"あなたは犬派?それとも猫派?"って、世間によくありがちな質問ですよね。ありがちな、そして単純な質問ほど多くの方が反応してくれるものではあるのですが、そういう質問ほど明快な答えはないですし、あったとしても好きか嫌いか論と大差ないゆえ、相対する者を説得することは難しかったりします。つまりは永遠の課題ということ。

その永遠の課題を突きつけ合うことと、そういうやり取りをすべく"ずっとこのままでいようよ"とを、併せて好きな人に伝えるという、この曲の巧さにやられています。

昨年リリースの楽曲で、自分は2017年上半期 私的邦楽ベストを選んでみた(2017年6月25日付)のコメントにおいて、id:rarudo12さんより教えていただいたのがこの曲(あらためて感謝申し上げます)。以来、自分が担当するラジオ番組『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)の中で弘大ラジオサークルの学生もこのバンドを推しており気になる存在に。そのOfficial髭男dism、好事家からの評価も良くその流れでテレビ番組に出演したり、この春スタートの連続ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ 月曜21時)の主題歌に「ノーダウト」が起用され、知名度が急上昇しています。

「ノーダウト」は今月11日リリースのアルバム『エスカパレード』収録曲で、同日シングルCDとしてもリリース。面白いのは、アルバムはインディ発ながら、シングル「ノーダウト」のCDはポニーキャニオンからとなり、4月11日にインディとメジャー双方からリリースし"メジャーデビュー"を果たしたわけです。

その諸事情が気になりつつ、しかし素直に吐露しているメンバーの藤原聡さんの素直さがなんだかいいなあと。

 

さて、『わがままWAVE It's Cool!』、4月15日の音楽特集は【猫】です。歌手名や曲名に猫(鳴き声も?)が入っている曲を取り上げるのですが、そこでOfficial髭男dismの「犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!」が最初に浮かんだ次第。"犬か猫かで..."でもよかった(リズム的には、"キャット"を"ねっこ"にすれば全く問題ない)はずなのですが、母音がeよりaのほうがより強いインパクトを残しますし、かたや犬なのになぜもう一方がキャット?という違和感が脳内にこだましてより忘れられないフレーズになるわけで、猫じゃなく"キャット"という言葉を用いたところに制作サイドの巧さを実感。今後更に面白い楽曲を届けてくれるものと期待せずにはいられません。