face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

西城秀樹のレア曲を地元図書館で発見する

西城秀樹さんの音源を探しに地元の図書館に行ったのですがベスト盤はなく、なぜか唯一用意されていたのがこのアルバムでした。が、この作品が希少だったことが後に判ったので紹介します。

f:id:face_urbansoul:20180526000737j:image

福島市出身の古関裕而氏が亡くなった後、氏の偉業をたたえ制定されたのが古関裕而記念音楽賞。一般公募によって曲名が決まった後で著名な作家が曲を創り、歌唱力に定評のある歌手が披露する...その場が同音楽祭なのです。その第1回において、西城秀樹さんは「Earth of Love ~未来の子供たちへのメッセージ~」を披露。麻生香太郎作詞、宮川泰作曲、溝淵新一郎編曲(以上敬称略)による、優しく壮大なメッセージソングを秀樹さんが見事に歌い上げています。

このCD、裏を見ると"非売品"と表示されており驚いたのですが、下記のブログによると、どうやら最小限の数しか配られていないようなのです。

尾崎紀世彦ワールド研究室 : 古関裕而 - livedoor Blog

 (勝手ながら引用させていただきました。問題があれば削除いたします。)

1991年といえばCDバブルの開始した(シングルでダブルミリオンが2作誕生した)年ですが、そんな年に千枚も用意されていないというのには驚かされます。もしかしたら営利目的ではなかったという理由でアルバムを用意しなかったのかもしれませんし、作られたCDの大半が図書館に寄贈された可能性もあります。ファンの方は是非、最寄りの図書館で調べてみることをお勧めします。

 

個人的には、図書館の在庫に多くを求めないとはいえせめてベスト盤は揃えていただきたいとは思うのですが、逆に今回のようなレア盤が手に入るというのは図書館ならではなのかもしれませんね。