face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

(追記等有り) DA PUMP「U.S.A.」、全指標好調でビルボードジャパンソングスチャートトップ3入り

先日弊ブログでも触れたDA PUMP「U.S.A.」が絶好調です。

6月18日付のビルボードジャパンソングスチャートで前週の81位から3位に大きく躍進。『ラジオ6位、シングル10位、ダウンロード2位、ストリーミング10位、ルックアップ30位、Twitter2位、週間動画再生2位(約400万回再生)』(上記リンク先の記事より)とまんべんなく高水準となっています。ビルボードジャパンのCHART insightをみると、総合チャートトップ10にランクインした楽曲のうちセールス&ストリーミング(この場合のストリーミングは定額制音楽配信サービスを指し、米ビルボードのような定額制音楽配信&動画再生合計とは異なります)、ラジオエアプレイ、ルックアップ、ツイートおよび動画再生の並び替え対象全てでランクインしているのは「U.S.A.」の他に米津玄師「Lemon」(5位)とTWICE「Wake Me Up」(9位)のみ。「Lemon」が未だストリーミング未解禁であることを踏まえれば、「U.S.A.」は様々な聴かれ方に対応し、実際にチェックされている楽曲といえます。

 

今後ロングヒットになっていくかどうかは、まずはミュージックビデオの伸びにまずかかっていますが、現段階で760万以上の再生数を獲得しており次週も高水準を保つでしょう。

また一昨日には、教則ビデオ的な"鏡バージョン"も公開されました。仮にこのバージョンが動画再生指標のカウント対象であればさらなる伸びが期待出来ます。

加えて、「U.S.A.」がより強くなるには次の2点が必要と考えます。まずはバズる条件としてのテレビ出演。所属事務所を踏まえれば、最も影響力を持つ音楽番組である『ミュージックステーション』(テレビ朝日系 金曜20時)への出演は事務所関連の事情で可能性は低いかもしれませんが、今月放送の番組においてそのCM中に「U.S.A.」の宣伝が流れたゆえ期待したいところ。バズり方を踏まえるに、番組側は無視出来ないはずです。

そしてもうひとつはチャート構成指標の中で最も低い順位であるルックアップ(30位)をどう押し上げるかという点。指標の中で唯一トップ10入りを逃したどころかかなり低い数字となりましたが、ユニークユーザー数が少ない可能性もありつつ(インストアイベントにて店舗購入者限定の握手会等を実施すればするほどユニークユーザー数減少の可能性は否めません)、レンタルCD店での在庫の少なさも影響しているはずです。自分が住む青森県津軽地方において、TSUTAYA5店舗全てレンタルCD取扱なしという状況でした。

(※ 9時55分 追記および一部訂正。TSUTAYAについてはネットにて店舗毎の在庫が検索可能。◯や×ではなく−で表示される場合は取扱無しという意味です。またGEOの場合、店舗毎の在庫検索機能が無い模様です。津軽地方最大規模の青森市内の店舗に日曜行きましたが在庫はありませんでした。ただ、本日弘前市内のGEOにてレンタル在庫を確認しました。)

TSUTAYA青森中央店ではレンタルCDコーナーにてポータブルDVDプレイヤーで「U.S.A.」を流していながら在庫なし(実際日曜に確認済)の状況で、これでは顧客に対しあまりにも無礼だと思った次第(プレイヤーを取り下げていただきたかったところです)。どうもテレビでの露出の少なさもあってか、DA PUMPのみならずヴィジョンファクトリー系の男性歌手、いやはっきり言えばジャニーズ事務所所属歌手以外の男性アイドルグループについてはレンタルCD取扱が少なすぎる気がします。レンタルCD店側に猛省を促したい思いもありますが、事務所側も、買ってほしい思いは解れどもっとレンタルCD店への営業を強化してほしいと思います。

 

弱かった指標を押し上げるための施策、そしてなによりテレビの音楽番組への出演が叶えばロングヒットも見込めますし、最終的には『NHK紅白歌合戦』出場もあり得るかもしれません。