face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

星野源「アイデア」、2番のMPC使いに驚く

星野源さんが今日解禁した「アイデア」。ミュージックビデオも公開されました。

来週水曜に公開されるビルボードジャパンソングスチャートでどこまでポイントを伸ばしロケットスタートを切るかが尚の事気になってきましたが、そのマーケティング以上に楽曲そのものが凄いと思ったので今日はその点を。

 

この「アイデア」、タイアップ先の『半分、青い。』(NHK総合)で使われているのが1番のみだったので、2番が正反対のネガティブな側面を示していることに驚いたのですが(特に”中指”というフレーズが印象的)、その2番にAKAIのMPCが登場し、STUTSさんが演奏しているんですよね。このセレクトが凄かったわけです。

機種はMPC-RENAISSANCEでしょうか。上記リンク先、7月30日放送の『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ 月-金曜18時)でKREVAさんが解説していたこのMPCを使っているというだけでも、星野源さんが今のヒップホップを強く意識していることが解ります。MPC使いの一例として、STUST feat. PUNPEE「夜を使いはたして」を下記に。もはやクラシックと化した一曲です。

星野源さんはこれまでにもソウルミュージックを柔軟に取り込んできたわけですが、「アイデア」ではヒップホップ的な要素も取り込んできたわけです。音世界の幅がより広がったのみならず、星野さんが”イエローミュージック”を常に更新している姿勢も見て取れ、ただただ感服するばかりです。

 

他にも、コリオグラファーとして三浦大知さんを起用したり、ミュージックビデオではカメラを70台以上用意したりと驚くべき”アイデア”が多数。また次週以降、『ミュージックステーション』(テレビ朝日)や『うたコン』(NHK総合)への出演も発表され、ロケットスタートを切った次週以降もビルボードジャパンソングスチャートにおいてポイントをキープ出来るのではないかと。

 

ブログで「アイデア」を取り上げた際、これまではマーケティング的側面からのチャートアクション予測を記載してきましたが、出だしこそマーケティングの巧さがチャートに影響するとして、その後は曲自体がチャートを牽引するようにシフトしていく気がします。それだけこの曲が素晴らしいわけで、自分もデジタルダウンロード完了です。

idea

idea

 

ちなみに、自分がスタッフの一員を担当するラジオ番組、『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)の次回音楽特集は【平成朝ドラ主題歌】でいきます。サイマル放送で全国どこからでも聴くことが出来ますので、こちらも是非。