face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

ビルボードジャパンソングスチャート、シングルCD未発売ながら星野源「アイデア」がロケットスタートで首位獲得

最新9月3日付のビルボードジャパンソングスチャート、シングルCD未リリースながら、星野源「アイデア」が2位に倍近い差をつけて首位発進。快挙達成です。

「アイデア」のロケットスタートは以前予想していたことではありました。

が、ここまで数字を伸ばすとは...いい意味で予想を裏切られました。

 

ビルボードジャパンソングスチャートを構成する各指標においては、『193,238ダウンロードを記録して同1位、他指標でもラジオ1位、Twitter1位と計3冠、動画再生は400万回超で2位、ストリーミング7位と、軒並み高ポイントを獲得』(上記ビルボードジャパンの記事より)。シングルCDセールスおよびルックアップ(CD読み込み時のCDデータベースへのアクセス)指標はゼロでありながら、他指標をほぼ完璧に押さえていることがわかります。

今回の「アイデア」、大ヒットした「恋」以降のシングルCDにおいて、シングルCDセールスポイントが反映された最初の週の動向と比較すると。

各指標順位(シングルCDセールス+ダウンロード+ストリーミング/ラジオエアプレイ/ルックアップ/ツイート/動画再生)

※各指標順位はビルボードジャパンのCHART insightより

※日付のリンク先は同日付チャートの記事

 

・恋 (2016年10月5日シングルCD発売)

 2016年10月17日付 2位 17220ポイント 2位/1位/2位/1位/5位

・Family Song (2017年8月16日シングルCD発売)

 2017年8月28日付 1位 30744ポイント 

 1位/1位/1位/4位/10位

ドラえもん (2018年2月28日シングルCD発売)

 2018年3月12日付 1位 27923ポイント

 1位/1位/1位/1位/3位

・アイデア (2018年8月20日配信リリース)

 2018年9月3日付 1位 26054ポイント

 1位/1位/ー/1位/2位 

「恋」は翌週ポイントを伸ばし首位に立って以降ロングヒットを続けるのですが、シングルCD初週セールスがはじめて10万枚を超えた「Family Song」以降は「アイデア」に至るまで25000を超えるポイントを獲得。シングルCD未リリースながら「アイデア」は「ドラえもん」に肉薄しているのが非常に興味深いですね。ツイートにおいては「Family Song」が4位ではありましたがその後は1位に。特に「アイデア」においては星野源さんのTwitterアカウントで”#星野源 と#アイデア をつけてつぶやいてくださいね”と幾度となく記載しており、その思いにファン等が応えた結果かと思われます。この何気ない形での訴求や誘導もまたマーケティングの一環であり、いやらしくなく実に巧いなと感心させられます。

 

 「アイデア」については、星野源さんサイドがチャートイン初週にロケットスタートを切るべく徹底したマーケティングを行ってきたわけですが(その点については以前からブログに記載してきました)、頂点を極めた次は2週連続での首位獲得を目指すことに。実はこの点においても、来月まで全国を駆け巡る宣伝トラック”アイデア号”によるツイートの訴求や今週『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に出演することから、連覇は十分あり得るかもしれません(さらには来週『うたコン』(NHK総合)の出演も決定済)。ライバルとなる今週リリースのシングルCDの中で、フラゲ日(8月28日)に2万枚を超えたのはA.B.C-Z「JOYしたいキモチ」(28000枚台)のみであり(オリコンより)、週間で1万ポイントを超えることは難しいことに加え、STU48が当週のシングルCDリリースを延期したこともあり、新参のライバルはほぼ皆無。あとは2週目のデジタルダウンロードをどこまで伸ばせるか、また動画再生やラジオエアプレイが安定し、Twitterで曲名と歌手名をひとつのツイートの中にきちんと入れ込んでつぶやくかが勝負の鍵となります。デジタルダウンロード以外については、ファンひとりひとりの頑張りで伸ばせるはず。次週のチャートアクションを楽しみにしたいと思います。

 

さて、「アイデア」は動画再生回数で400万回超を獲得しながらも同指標で首位に立てませんでした。DA PUMP「U.S.A.」が850万回超の再生回数を記録し「アイデア」の首位を阻んでおり、「U.S.A.」恐るべしといったところ。ちなみに「U.S.A.」のチャート推移は下記の通り。

日付 総合順位 総合ポイント

 各指標順位(ダウンロード/ストリーミング/シングルCDセールス/ルックアップ)

6/18 3位  7554ポイント 2位/10位/10位/30位

6/25 5位  6551ポイント 5位/1位/19位/18位

7/  2 3位  6236ポイント 3位/2位/29位/14位

7/  9 4位  7243ポイント 2位/1位/23位/7位

7/16 2位  8033ポイント 2位/1位/15位/5位

7/23 2位  8090ポイント 1位/1位/27位/4位

7/30 2位  8371ポイント 1位/1位/20位/5位

8/  6 3位  9923ポイント 3位/1位/22位/4位

8/13 4位 11390ポイント 1位/1位/20位/4位

8/20 2位 10039ポイント 1位/1位/20位/4位

8/27 4位  9038ポイント 3位/1位/18位/5位

9/  3 3位  9621ポイント 4位/1位/28位/5位 ←New

前週まで2週連続で大きくポイントを落としていましたがここに来てポイント増に転じています。『24時間テレビ』(日本テレビ)の出演が大きく寄与したのかもしれませんね。