face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

米ソングスチャート、トラヴィス・スコット「Sicko Mode」がミュージックビデオ解禁効果でジャンプアップ

ビルボードチャートを定点観測。

現地時間の10月29日月曜に発表された、11月3日付最新チャート。マルーン5 feat. カーディ・B「Girls Like You」が6週連続で首位をキープしました。

記事は下記に。

そしてトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (1位) マルーン5 feat. カーディ・B「Girls Like You」

2位 (7位) トラヴィス・スコット「Sicko Mode」

3位 (3位) ジュース・ワールド「Lucid Dreams」

4位 (6位) マシュメロ & バスティル「Happier」

5位 (4位) ポスト・マローン「Better Now」

6位 (2位) コダック・ブラック feat. トラヴィス・スコット & オフセット「Zeze」

7位 (9位) ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー「Youngblood」

8位 (8位) リル・ベイビー & ガナ「Drip Too Hard」

9位 (-) ポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into The Spider-Verse)」

10位 (14位) カリード & ノーマーニ「Love Lies」

「Girls Like You」は6週目の首位をキープ。ラジオエアプレイでは13週目の首位を獲得し今世紀2番目の記録に。1990年末のラジオエアプレイチャート開始以来、史上4位の記録となりました。ただしそのラジオエアプレイを含め全指標がダウン。一方ここにきて急伸したのが5ランクアップし2位に到達した「Sicko Mode」。

10月19日金曜にミュージックビデオが公開。ストリーミングの集計期間が金曜はじまりであり1週間の動画再生ポイントが加算されたことでストリーミングが急伸し、この曲の最高位を更新しました(トラヴィス・スコットにとっては前週の「Zeze」に次ぐ自己最高位に。ちなみにドレイクが客演参加していますが、ミュージックビデオにはクレジットされているもののビルボードではトラヴィス・スコットの単独名義となっています)。

さてこの2曲を比較してみると。

「Girls Like You」

  ストリーミング 2450万(12位) 前週比3%ダウン

  デジタルダウンロード 17000(9位) 同18%ダウン

  ラジオエアプレイ 1億1610万(1位) 同3%ダウン

  →合計5%ダウン

Sicko Mode」

  ストリーミング 3850万(2位) 前週比41%アップ

  デジタルダウンロード 14000(14位) 同37%アップ

  ラジオエアプレイ 5820万(11位) 同16%アップ

  →合計30%アップ

Sicko Mode」はミュージックビデオ解禁がストリーミングのみならず他指標にも影響を与えた形となりました。2曲において、デジタルダウンロードはほぼ変わらずといっていいでしょう(他2指標に対しウェイトが高くないゆえ)。ヒップホップに特有の、ラジオエアプレイに弱いという傾向を「Sicko Mode」がどう打破するかが首位奪取の鍵といえるでしょう。

 

さてその首位を狙っていると言えるほど勢いのある曲がもうひとつ。マシュメロ & バスティル「Happier」も4位に上昇してきました。ストリーミングは伸びが鈍いものの前週比5%、デジタルダウンロードは同11%アップ、そしてラジオエアプレイは同21%大幅アップで同指標5位に到達しました。この勢いが続けば、次週は少なくともトップ3に入りそうです。

 

初登場でトップ10入りを果たしたのが、ポスト・マローンおよびレイ・シュリマーのスウェイ・リーによる「Sunflower (Spider-Man: Into The Spider-Verse)」。映画『スパイダーマン:スパイダーバース (原題:Spider-Man: Into The Spider-Verse)』

こちらは10月18日木曜に映像が公開。こちらも動画再生効果等でストリーミング8位、デジタルダウンロード6位発進。ラジオエアプレイは50位以内に入らなかったものの1320万と好調な滑り出しとなりました。ポスト・マローンにとっては5曲目のトップ10入り(にして、初登場でのトップ10入りは4曲目)。スウェイ・リーはソロとしてはフレンチ・モンタナに客演参加した「Unforgettable」(2017 3位)以来2曲目。レイ・シュリマーとしては、グッチ・メインをフィーチャーした「Black Beatles」で2016年末から7週にかけて1位を獲得しています。

この「Sunflower」は映画『スパイダーマン:スパイダーバース (原題:Spider-Man: Into The Spider-Verse)』サウンドトラックからの最初のシングルであり、アメリカでの映画公開日と同じ12月14日にサウンドトラックがリリースされます。実写/アニメ問わず、『スパイダーマン』シリーズからのソングスチャートトップ10入りは今回が2度目、チャド・クルーガー「Hero」(映画『スパイダーマン』より)が16年前に3位を記録して以来となります。

 

もうすぐトップ10を紹介。

・DJスネーク feat. セレーナ・ゴメス、オスーナ & カーディ・B「Taki Taki」(16→11位)

 

・ホールジー「Without Me」(23→12位)

現地時間で10月29日にミュージックビデオが公開されたばかり。先述した「Sicko Mode」のように、ストリーミングのみならず他指標にも波及するでしょうか。

 

・シェック・ウェス「Mo Bamba」(21→16位)

なんだか不思議な曲です。この曲が収録されたアルバム『Mudboy』は今月リリースされており、渡辺志保さんが解説していますのでそちらを是非。

 

さて来週は、「Girls Like You」がどこまで持ちこたえるか、「Sicko Mode」がミュージックビデオ公開後その勢いを保てるか、「Happier」がトップ3入りなるか…注目しましょう。