face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

米ソングスチャートはアリアナ・グランデ2連覇&パニック・アット・ザ・ディスコがトップ10入り

ビルボードチャートを定点観測。

現地時間の11月19日月曜に発表された、11月24日付最新チャート。前週初登場で首位を獲得したアリアナ・グランデ「Thank U, Next」がその座をキープしました。

記事は下記に。

そしてトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (1位) アリアナ・グランデ「Thank U, Next」

2位 (3位) トラヴィス・スコット「Sicko Mode」

3位 (4位) マシュメロ & バスティル「Happier」

4位 (6位) ホールジー「Without Me」

5位 (2位) マルーン5 feat. カーディ・B「Girls Like You」

6位 (5位) ジュース・ワールド「Lucid Dreams」

7位 (9位) シェック・ウェス「Mo Bamba」

8位 (12位) パニック・アット・ザ・ディスコ「High Hopes」

9位 (8位) コダック・ブラック feat. トラヴィス・スコット & オフセット「Zeze」

10位 (10位) リル・ベイビー & ガナ「Drip Too Hard」 

 

前週はデジタル2指標の集計期間が5日ちょっとという不利な状況ながら初登場で首位を記録したアリアナ・グランデ「Thank U, Next」が2週連続の首位をキープ。そのデジタル2指標(ストリーミングおよびデジタルダウンロード)でトップをキープしています。

デジタルダウンロードは43000で前週比47%大幅ダウンしていますが、ストリーミングは6340万で同14%アップとなり堅調に推移しています。ラジオエアプレイはトップ50以内に入らないものの前週比94%も上昇し2200万を記録。デジタルダウンロードの急落を他指標がカバーし、全体では3%ダウンにとどまっていることから、ラジオエアプレイが順調に伸び、ストリーミングをキープすれば長期政権も有り得そうです。

実はこの「Thank U, Next」の登場で涙をのんだ曲が。トラヴィス・スコット「Sicko Mode」がそれで、今週最高位となる2位に達しながら、またポイントでアリアナ・グランデにかなり迫っていながらも追い抜くことが出来ませんでした。ストリーミングは3520万で前週比1%アップ、ラジオエアプレイも同2%アップしたこの曲ですが、今週が首位獲得のチャンスとばかりにデジタルダウンロードにおいてiTunes Storeでの69セント安価販売を実施。デジタルダウンロードは前週比45%もアップしたのですがそれでも17000にとどまったことが首位を逃した要因かもしれません。

前週まで16週ものラジオエアプレイ1位を獲得し、同指標での首位獲得週数最高記録まであと2週と迫っていたマルーン5 feat. カーディ・B「Girls Like You」が遂に陥落(し、また総合でも5位に急落)しました。ラジオエアプレイの新たなトップはマシュメロ feat. バスティル「Happier」。前週比9%アップの9920万を獲得しています。他方「Girls Like You」は同10%ダウンし9830万に。ラジオエアプレイトップが1億未満というのは低すぎる気はしますが、「Happier」はこの好調なラジオエアプレイを武器に総合でも3位に上昇しました。しかし「Happier」において、デジタル2指標が共にダウンしているのは気掛かりです。

他方、全指標を伸ばしているのはホールジー「Without Me」。デジタルダウンロード、ストリーミングが共に前週比3%アップ、そしてラジオエアプレイでは同22%もの大幅アップを記録した結果、今年1月の「Bad At Love」(最高5位)を抜き、主演曲で自己最高位を獲得しています(なお客演では、ザ・チェインスモーカーズとの「Closer」で2年前に12週もの1位を獲得)。

 

今週唯一のトップ10入りは8位にエントリーしたパニック・アット・ザ・ディスコ「High Hopes」。

既に9510万ものラジオエアプレイを記録したこの曲は同指標で3位を記録、しかも前週比17%もの二桁成長に。デジタルダウンロードは同3%ダウンしているものの、ストリーミングは同2%アップ。ただしストリーミングでは50位以内に入っていないことから、今後ストリーミングがどこまで伸びるかがチャート上昇の鍵と言えます。

パニック・アット・ザ・ディスコは「I Write Sins Not Tragedies」が2006年8月に7位を記録して以来、今回がなんと12年と2ヶ月3週間ぶりのトップ10入り。トップ10カムバックまでの記録としては、最近ではプリンスによる「The Most Beautiful GIrls In The World」~「Purple Rain」「When Doves Cry」での21年という記録がありましたが、「Purple Rain」等はプリンスの訃報を受けてのランクインであり、訃報関連以外の例ではポール・マッカートニーの29年という記録以来となります(「Spies Like Us」(1986)~リアーナ&カニエ・ウェストとの「FourFiveSeconds」)。

 

もうすぐトップ10には…こちらもアリアナ・グランデが。

アリアナ・グランデ「Breathin」(21→14位)

アルバム『Sweetener』からのシングルで、11月7日にミュージックビデオが公開されたことでストリーミングが前週比28%もの大幅アップを果たしています。ラジオエアプレイでも同17%の伸びを示し同指標でトップ10入りとなる7位に。「Thank U, Next」の影響でエアプレイが割れるわけではなく、2曲が相乗効果をもたらしているようにみえます。

 

さて次週は「Thank U, Next」3連覇なるかが大きな見どころでしょう。「Sicko Mode」は安価販売という武器を使った以上次週は反動がありそう。そして「Without Me」が次週嵐を巻き起こすか気になります。