face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

近年のゴスペルヒットを集めたコンピレーション『WOW Gospel 2019』トラックリスト

 アメリカのこの1年間のゴスペルヒットを多数収録したコンピレーション、『WOW Gospel』シリーズ。最新2019年版のCDが今月リリースされます。ということで、トラックリストを下記に記載。

1月18日発売『WOW Gospel 2019』トラックリスト

※順位は米ビルボード2018年度年間ゴスペルソングスチャートより

(disc-1)

01. フレッド・ハモンド「I'm Grateful」

02. JJ・ヘアストン & ユースフル・プレイズ「No Reason To Fear」(→YouTube 2018年度14位)

03. トラヴィス・グリーン feat. イザイア・テンプルトン & ジェフリー・ゴールデン「See The Light」(→YouTube)

04. ジョナサン・マクレイノルズ「Not Lucky, I'm Loved」(→YouTube 2018年度13位)

05. マランダ・カーティス「Nobody Like You Lord」(→YouTube 2018年度16位)

06. ジェカリン・カー「You Will Win」(→YouTube 2018年度4位)

07. タメラ・マン feat. ティンバランド「Through It All」(→YouTube 2018年度21位)

08. チャールズ・ジェンキンスフェローシップ・シカゴ feat. リアンドリア・ジョンソン「Grace」(→YouTube 2018年度29位)

09. ザ・ウォールズ・グループ「And You Don't Stop」(→YouTube)

10. スヌープ・ドッグ feat. ランス・アレン「Blessing Me Again」(→YouTube 2018年度34位)

11. イズラエル・ホートン「Reckless Love」(→YouTube 2018年度36位)

12. コリン・ホーソーン「Unstoppable」(→YouTube)

13. レクレー feat. トリー・ケリー「I'll Find You」(→YouTube)

14. ザカルディ・コルテス「Oh How I Love You」(2018年度22位)

15. ブライアン・コートニー・ウィルソン「A Great Work」(→YouTube 2018年度12位)

(disc-2)

01. ジェームス・フォーチュン feat. ザカルディ・コルテス「Favor Of God」(→YouTube 2018年度25位)

02. タイ・トリベット「Live」(→YouTube)

03. ターシャ・コブス・レナード「I'm Getting Ready (Live)」(→YouTube 2018年度9位)

04. マーヴィン・サップ feat エリカ・キャンベル & イズィ・ウィリアムズ「You and Me Together」(→YouTube)

05. ドナルド・ローレンス & ザ・トライ・シティ・シンガーズ feat. シェリー・ジョーンズ・モフェット「Goshen 432HZ」(→YouTube)

06. ジェイソン・ネルソン「Forever (Radio Edit)」(→YouTube 2018年度18位)

07. エレヴェイション・コレクティヴ feat. トラヴィス・グリーン & キエラ・シェアード「Do It Again (Gospel Radio Edit)」(→YouTube 2018年度32位)

08. リアンドリア・ジョンソン「Holy Ghost」(→YouTube)

09. アンソニー・ブラウン & グループ・セラピー「I Got That」(2018年度11位)

10. ターシャ・ページ・ロックハート「Over & Over」(→YouTube)

11. トッド・デュラニー「Your Great Name」(→YouTube 2018年度3位)

12. ジーン・ムーア「Coming Home」(→YouTube)

13. ブライアン・ポッピン「Step In The Name」(→YouTube)

14. レクシー「In the Room」(→YouTube)

15. イザベル・デイヴィス「The Call」(→YouTube)

2018年度年間ゴスペルソングスチャートでトップ10入りした曲のうち、今回収録されているのはわずか3曲と少ないのですが、昨年半年以上もトップに立ち当然ながら年間でも1位となったコリン・ホーソーン「Won't He Do It」をはじめ、今年トップ10入りした曲のうち実に6曲が昨年度のコンピレーションに収録されていることから、ここ1年のヒットを知るならば『WOW Gospel 2019』のみならず『…2018』も手に取ることをお勧めします。前年版のトラックリストは下記に。

今回のコンピレーションの面白いところは、ゴスペルの中でも"多様性"が垣間見えるところでしょうか。クリスチャンラッパーのレクレーとポップスを歌うトリー・ケリーがコラボしたり、タメラ・マンにプロデューサーのティンバランドが絡んだり、ギャングスタラッパーとして登場したスヌープ・ドッグのゴスペル初作にランス・アレンが客演したり…さらには近年ゴスペル界で流行するアコースティックギター使いの作品もあり、ジャンルもサウンドも超えたコラボレーションが多数収録されています。だからでしょうか、これまでは2枚組のうち1枚が世俗寄り、もう1枚が(従来の、というと語弊があるかもしれませんが)クワイア主体のゴスペルという選曲だった『WOW Gospel』シリーズにおいて、今回その枠組が以前ほど感じられなくなっている気がします。

 

今のゴスペルの流行を知る上で、『WOW Gospel 2019』は入門編として最適ではないでしょうか。是非チェックしてみてください。