face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

クリス・ブラウンの大ネタ使いで注目のシャニース、ベイビーフェイスとのタッグが最高なのです

最新1月13日付、『J-WAVE TOKIO HOT 100』(J-WAVE 日曜13時)チャートで80位にランクインしたのがクリス・ブラウン「Undecided」。こんな大ネタ使い、オリジナルが好きな身には嬉しくなりますね。

用いられているのは90年代のR&B定番曲、シャニース(・ウィルソン)「I Love Your Smile」。

日本でも未だメディアで、たとえばバラエティ番組で使われており、耳にした方も多いことでしょう。アメリカでは米ビルボードソングスチャートで最高2位、1992年度年間チャート11位を記録。日本では先述したJ-WAVEチャートにて1992年度年間チャートを制し、今年元日に発表された開局以降30年分のチャートで87位にランクインしています。

 

そのシャニースについてはアルバムが干支一周分以上リリースされていないのですが、90年代に大活躍したプロデューサー/歌手のベイビーフェイスが関与した楽曲群が素敵なので、シャニースを気になった方に過去作を知ってほしいなと思うのです。

 

・ベイビーフェイス feat. シャニース「Breathe Again」

 (from ベイビーフェイス『MTV Unplugged NYC 1997』(1997))

プロデュースワークを中心に自身の作品も盛り込んだライブアルバム。トニ・ブラクストンの全米ナンバーワンヒットをシャニースがカバーしています。トニのアルトボイスとは対象的に、ファルセットで華麗に羽ばたく姿が印象的。

 

・フォープレイ feat. ベイビーフェイス & シャニース「Someone To Love」

 (from フォープレイ『4』(1998))

ベイビーフェイス関連の作品に参加するベーシスト、ネイサン・イーストが在籍するスムースジャズバンドによる美しきメロウネス。ベイビーフェイス、シャニースの声が彩りを添えています。

 

・シャニース「Fly Away」「Ain't Got No Remedy」

 (from『Shanice』(1999))

およそ5年ぶり、ベイビーフェイスのレーベルであるラフェイスに移籍て初の、且つ自身の名を冠したアルバムからは「When I Close My Eyes」が米ソングスチャートで最高12位を記録しましたが、個人的にはベイビーフェイスらしさ溢れるメロウな2曲が好み。ファルセットがタイトルの如く舞い上がるような「Fly Away」、そしてこれぞベイビーフェイスな洒落たミディアム「Ain't Got No Remedy」…この2曲だけでもアルバムを買う価値大いにあります。中古で300円以内で買えるはずなのでよろしければ。

 

 

シャニースは2014年から2016年にかけてリアリティ・ショーに出演し、また公式YouTubeチャンネルでは昨年秋、カーディ・Bの全米ナンバーワンヒット、「Bodak Yellow (Money Moves)」のカバーを公開。音楽活動を続けていることに安堵しました。

今回クリス・ブラウンが大ネタ使いしたことでシャニースに注目が集まり、久々のアルバムが出るならば嬉しいですね。