face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

米ソングスチャートは3週連続首位交代、ホールジーが"スパイダーマン"から奪取

毎週火曜は米ビルボードソングスチャート速報。ですが現地時間の祝日の関係で今日の発表となりました。

現地時間の1月22日火曜に発表された、1月26日付最新チャート。ポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」を抜き、ホールジー「Without Me」が2週ぶり、通算2週目の首位に立ちました。

先週のチャート速報でも書きましたが、今回の「Without Me」返り咲きの理由は新たなミュージックビデオの公開ゆえ。

スマートフォンを意識した縦型ミュージックビデオの公開は1月9日。今週のチャートにおけるデジタル2指標(ストリーミング、デジタルダウンロード)が1月11日からの1週間を集計期間とすることから、このビデオ公開が功を奏した形。事実、ストリーミングは前週比23%も大幅に上昇し4700万を記録(同指標2位)。デジタルダウンロードは同4%アップの41000(同指標2位)、ラジオエアプレイは同4%アップの1億660万(同指標2位)となりました。

他方2位ながらポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」も各指標は安定。ホールジーと同じく1月9日に実写版ミュージックビデオを公開したことでストリーミングは前週比11%アップの5280万(同指標1位)と二桁の伸び。デジタルダウンロードは同14%ダウンの41000(同指標1位)、ラジオエアプレイは同4%アップの6330万(同指標9位)に。「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」は2指標でトップながら、今回はストリーミングの差以上にラジオエアプレイの差が大きく影響(ホールジーに寄与)した形となります。

他方、ポスト・マローンは9位に新曲「Wow.」を送り込んできました。

ストリーミングは前週比2%ダウンの2530万(同指標9位)、デジタルダウンロードは同5%アップの14000(同指標7位)、ラジオエアプレイは同45%アップの2710万(同指標37位)。特にラジオエアプレイでの大幅な伸びが今回のトップ10入りに貢献しています。前週トップ10入りしたベニー・ブランコ、カリード & ホールジー「Eastside」がトップ10落ちしたもののこの「Wow.」がランクインしたことで、共同プロデュース/共同ソングライトしたルイス・ベルにとって自身の関与曲が今週も3曲トップ10入りしたことに。

 

7位のマルーン5 feat. カーディ・B「Girls Like You」はトップ10在籍が遂に30週を達成しました。これはサンタナ feat. ロブ・トーマス「Smooth」(トップ10在籍1999-2000)に並び歴代5位の成績。あと1週でマーク・ロンソン feat. ブルーノ・マーズ「Uptown Funk!」(2014-2015)に、あと2週でザ・チェインスモーカーズ feat. ホールジー「Closer」(2016-2017)およびリアン・ライムス「How Do I Live」(1997-1998)に追いつき、そしてあと3週で歴代最長トップ10入りしたエド・シーラン「Shape Of You」(2017 33週)に並ぶのです。

マルーン5は今年のスーパーボウルハーフタイムショー(現地時間2月3日開催)に出演することから、「Girls Like You」は記録更新の可能性も見えてきました。ただ、ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の人種差別問題に抗議しカーディ・Bがハーフタイムショー参加を拒否していることから、「Girls Like You」は披露したとしてもカーディの参加はないか、演奏したらしたでカーディから批判を受ける可能性もあります。

 

もうすぐトップ10は下記に。いずれも初登場です。

・ゲサフェルスタイン feat. ザ・ウィークエンド「Lost In The Fire」(27位初登場)

 

サム・スミス & ノーマーニ「Dancing With A Stranger」(33位初登場)

 

最新のトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (2位) ホールジー「Without Me」

2位 (1位) ポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」

3位 (4位) トラヴィス・スコット「Sicko Mode」

4位 (5位) パニック・アット・ザ・ディスコ「High Hopes」

5位 (3位) アリアナ・グランデ「Thank U, Next」

6位 (6位) マシュメロ & バスティル「Happier」

7位 (7位) マルーン5 feat. カーディ・B「Girls Like You」

8位 (8位) リル・ベイビー & ガナ「Drip Too Hard」

9位 (11位) ポスト・マローン「Wow.」

10位 (10位) コダック・ブラック feat. トラヴィス・スコット & オフセット「Zeze」

上位2強が2種類のミュージックビデオを投入する方法は今後のトレンドになるかもしれませんね。また3位以下はポスト・マローンを除いて凪の状態ゆえ、アリアナ・グランデの落ち込みが目立ちます。しかしそのアリアナは先週金曜に新曲「7 Rings」をリリース。

ライター/ラジオDJの渡辺志保さんによる解説が興味深いので、みやーんさんによるラジオ番組の書き起こしを勝手ながら添えました(問題があれば削除いたします)。様々な論争が起きていますが、「7 Rings」が次週高位置に登場するのはほぼ確実と言っていいでしょう。同じく1月18日にアルバム『Future Hndrxx Presents: The WIZRD』をリリースしたフューチャーも、アルバム収録曲を上位に送り込む可能性がありますね。