face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

「Shallow」「Sucker」の大波に耐えたアリアナ・グランデ「7 Rings」が復活首位…3月23日付米ソングスチャートをチェック

ビルボードソングスチャート速報。

現地時間の3月18日月曜に発表された、3月23日付最新ソングスチャート。先週初登場で首位に躍り出たジョナス・ブラザーズ「Sucker」は6位へ後退。アリアナ・グランデ「7 Rings」が3週ぶり、通算6週目となる首位に返り咲きました。

前週、自身初の首位を獲得したジョナス・ブラザーズ「Sucker」は、2週前にアカデミー賞効果で初の首位を獲得したレディー・ガガブラッドリー・クーパー「Shallow」同様、1→6位へ。デジタルダウンロードは前週比66%ダウンの30000(同指標2位)、ストリーミングは同42%ダウンの2520万(同指標9位)と急落した一方、ラジオエアプレイは前週比59%大幅アップの3560万で同指標27位に上昇しています。次週デジタル2指標がこらえれば、トップ10入りをキープ出来そうです。

その「Sucker」、そして「Shallow」に一旦首位の座を明け渡したアリアナ・グランデ「7 Rings」は勢いをそこまで落とすことなく耐えた結果、カムバックを果たしました。ストリーミングは前週比7%ダウンしたものの3690万となり同指標トップに。デジタルダウンロードも同7%ダウンの20000(同指標5位)、そしてラジオエアプレイは同3%アップで8840万となり同指標3位に上昇。ラジオエアプレイがまだまだ伸びているゆえ、大きな転落期に入っていない状況です。

 

昨年はヒップホップが強く、昨年2月3日付から9月22日付まで34週連続でヒップホップ楽曲が首位を獲得していました(そのうち29週がドレイクによるもの)。しかしその後、今週までの半年間(26週)のうちヒップホップ曲の首位はトラヴィス・スコット「Sicko Mode」(今週10位)およびポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」(今週2位)の1週ずつのみ、他24週はすべてポップジャンルの楽曲が制覇し、そのうちアリアナ・グランデは「Thank U, Next」と「7 Rings」で合計13週を占めているのですから、如何に彼女が強いかが解ります。

ポスト・マローン「Wow.」が2ランクアップし5位に到達、自身5曲目となるトップ5入りを果たしました。

デジタルダウンロードは前週比22%アップの23000(同指標3位)、ストリーミングは同5%アップの2610万(同指標10位)、ラジオエアプレイは同5%アップの6590万(同指標6位)とバランスよく獲得。特にデジタルダウンロードが大きく伸びたのは、フロリダ州の男性がこの曲を用いてダンスを披露した動画がクローズアップされ、ポスト・マローン自身が反応したゆえ。

www.instagram.com

しかもタイミングが良いことに、ポスト・マローンが称賛したその動画の投稿は3月7日木曜。今回のチャートにおけるデジタル2指標の集計期間が3月8~14日ゆえ、その効果は1週間丸々、しっかりと反映されているわけです。

さらにはこの「Wow.」、今月15日にはタイガおよび新鋭のラッパー、ロディ・リッチを招いたリミックス版も投下しており、次週どこまで伸びるかにも注目です。

このリミックスの解説、ならびにプロデューサー・ソングライター陣についての詳細はbmrに詳しく掲載されています。

とりわけプロデューサーのルイス・ベルは、この「Wow.」をはじめ、「Sucker」、「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」およびホールジー「Without Me」(今週3位。ラジオエアプレイは前週比1%ダウンながら1億60万で同指標3週目の首位)のソングライトを担当しており、ソングライトに関わった作品が4曲、2週続けてトップ10入りを果たす快挙を達成。裏方が4曲以上を同時にトップ10入りさせたのは今から8年前、2011年3月26日付でのマックス・マーティン以来となります(ケイティ・ペリー feat. カニエ・ウェストE.T.」、ピンク「F**kin' Perfect」、ブリトニー・スピアーズ feat. ニッキー・ミナージュ & ケシャ「Till The World Ends」およびケシャ「Blow」)。

 

最新のトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (2位) アリアナ・グランデ「7 Rings」

2位 (4位) ポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」

3位 (5位) ホールジー「Without Me」

4位 (3位) カーディ・B & ブルーノ・マーズ「Please Me」

5位 (7位) ポスト・マローン「Wow.」

6位 (1位) ジョナス・ブラザーズ「Sucker」

7位 (8位) マシュメロ & バスティル「Happier」

8位 (9位) J・コール「Middle Child」

9位 (6位) レディー・ガガブラッドリー・クーパー「Shallow」

10位 (10位) トラヴィス・スコット「Sicko Mode」

トップ10内外の入れ替わりはなく、トラヴィス・スコット「Sicko Mode」(今週10位)は通算32週目のトップ10入り。トップ10在籍週数新記録まであと1週となりました。

この2週のチャートアクションから判るのは、初登場等で勢いがあった楽曲が次週もそれをキープするのが如何に難しいかということ。アリアナ・グランデの昨年から今年にかけてのチャートアクションの凄まじさを実感させられます。