face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

「Old Town Road」圧倒的強さで3連覇、サム・スミス&ノーマニおよびBTS feat. ホールジーがトップ10入り…4月27日付米ソングスチャートをチェック

ビルボードソングスチャート速報。

現地時間の4月22日月曜に発表された、4月27日付最新ソングスチャート。前週ストリーミング新記録を樹立し2週連続で首位となったリル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」が3連覇を達成。サム・スミス & ノーマニ「Dancing With A Stranger」が前週12位から7位へ、およびBTS feat. ホールジー「Boy With Luv」が初登場で8位となり、それぞれトップ10入りを果たしました。

「Old Town Road」の勢いの凄まじさたるや、ですね。

前週、リル・ナズ・Xのソロバージョンに加えカントリー歌手のビリー・レイ・サイラスが参加したリミックスが合算されストリーミング新記録を樹立したこの曲ですが、今週も勢いをキープしたと言えます。ストリーミングは前週比12%ダウンしたものの1億2520万を獲得し、前週に次ぐ歴代2位のストリーミング再生回数を獲得しました。この曲はデジタルダウンロードも制し、前週比26%ダウンながら91000と高水準を維持、さらにラジオエアプレイは前週比57%アップの4520万となり前週から15ランクアップの18位に。デジタル2指標が大きく落ち込むことなく、ラジオエアプレイが補完する形となりました。

 

7位には前週から5ランクアップでサム・スミス & ノーマニ「Dancing With A Stranger」がトップ10入り。

この曲はじわじわと順位を上げていたこと、既にラジオエアプレイ好調だったこともあり、トップ10入りは堅いとして前週ブログで取り上げまていました。

特にラジオエアプレイが好調で前週比15%アップし8410万を獲得、同指標で前週の6位から2位に上昇しました。ラジオでの好調が他にも波及したのか、デジタルダウンロードは同5%アップの12000(同指標11位)、ストリーミングは同3%アップの1610万(同指標30位)を獲得しています。サム・スミスにとっては「Too Good At Goodbyes」(2017 4位)以来6曲目、活動休止中のフィフス・ハーモニーのメンバーであるノーマニはソロとして、カリードとの「Love Lies」(2018 9位)に次ぐ2曲目のトップ10入りとなりました。

 

8位にはBTS feat. ホールジー「Boy With Luv」が初登場。

アルバム『Map Of The Soul: Persona』からのリード曲でホールジーをフィーチャーしたこの曲。アルバムが同日付米ビルボードアルバムチャートを制したことで弾みがついた形です。

K-Popグループでは初登場での最高位を更新した(それも自らの「Fake Love」(2018 10位)を破った)BTSは、トップ10に2曲送り込んだK-PopアクトとしてもPSY(「Gangnam Style」(2012 2位)、「Gentleman」(2013 5位))以来2組目の記録も樹立しました。またホールジーにおいては、最新チャートで5位に入っている「Without Me」に次ぐ5曲目のトップ10入りとなりました。

「Boy With Luv」はストリーミングで2990万を獲得し5位発進。同指標では「Fake Love」の7位を上回り自己最高位を確立したのみならず、ストリーミングでは自身が「Fake Love」で記録した2740万を破りK-Popアクトとして最高回数を達成。またデジタルダウンロードは31000で同指標3位に。ラジオエアプレイでは970万(同指標50位未満)となっています。

 

最新のトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (1位) リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」

2位 (3位) ポスト・マローン「Wow.」

3位 (2位) ポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」

4位 (4位) アリアナ・グランデ「7 Rings」

5位 (5位) ホールジー「Without Me」

6位 (6位) ジョナス・ブラザーズ「Sucker」

7位 (12位) サム・スミス & ノーマニ「Dancing With A Stranger」

8位 (初登場) BTS feat. ホールジー「Boy With Luv

9位 (11位) ビリー・アイリッシュ「Bad Guy」

10位 (7位) カーディ・B & ブルーノ・マーズ「Please Me」 

9位にはビリー・アイリッシュ「Bad Guy」が返り咲き。2週間前にアルバムチャートを制したタイミングで7位に初登場したものの2週目はトップ10落ちしたのですが、急落ではなかったこと、さらにコーチェラ・フェスティバルへの出演効果も推測され、再浮上を果たしました。またラジオエアプレイを制したのはジョナス・ブラザーズ「Sucker」(総合6位)で、前週比13%アップの9210万を獲得しグループ初の同指標首位を獲得。前週のラジオエアプレイ指標におけるトップの数値が8200万(アリアナ・グランデ「7 Rings」)とあまりに低かったゆえ、それを上回ったことに個人的には安堵しています。次週は同指標において、「Dancing With A Stranger」との激しい首位争いがみられそうです。

 

次週の注目はその「Dancing With A Stranger」や「Bad Guy」がどこまで伸びるかもあるのですが、「Boy With Luv」がどこまで踏みとどまるかにも注目しています。その理由については以前のエントリーを参照してください。