face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

テイラー・スウィフト feat. ブレンドン・ユーリー「Me!」は米ソングスチャートを制するか? 識者のチャート予測とテイラーの新たな対策

今週発表された5月5日付米ビルボードアルバムおよびソングスチャートの動向を踏まえ、BTSアメリカでの動向を今週書く予定でした(Twitterでも告知しました)が、現地時間の5月1日水曜に開催された【2019 ビルボードミュージック・アワード】でホールジーと共に「Boy With Luv」を披露したことから、同賞パフォーマンスの影響が見られるであろう5月12日および19日付チャートの動きを踏まえた上でまとめることとします。

 

 

さて、5月5日付米ビルボードソングスチャート速報を掲載した際、次週はリル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」とテイラー・スウィフト feat. ブレンドン・ユーリー (パニック・アット・ザ・ディスコ)「Me!」の一騎打ちになると書きました。

 

その後、音楽チャート研究家のチャートこさん(id:djk2)が、この対決に関するエントリーを記載されています。チャートの仕組みやポイントの(推定)試算方法を紹介し、どちらが勝つかを予想しています。非常に面白い内容です。

(勝手ながら紹介させていただきました。問題があれば削除いたします。)

こちらではストリーミングの差について大きく言及されていますが、実は「Me!」が新たにストリーミングで施策を打ってきており、ゆえに同指標で「Me!」が追い上げ総合でも僅差になるのではないか…と考える自分がいます。

 

 【2019 ビルボードミュージック・アワード】ではテイラー・スウィフトブレンドン・ユーリーが参加し「Me!」を披露。その直後、このパフォーマンスがテイラーのYouTubeアカウントにて公開されました。ストリーミング指標は木曜までが集計期間となるため、木曜ほぼ1日分の再生回数(のうちアメリカでの視聴分)が加算されることになります。

さらにこのパフォーマンス動画をアップする直前、「Me!」のリリックビデオが公開。

そして先月末にはミュージックビデオの舞台裏も公開されています。

これら動画にはすべて「Me!」の楽曲登録がなされており、ゆえにこれらもカウント対象となるはずです(が、舞台裏2作品にはイントロとアウトロ以外「Me!」があまり用いられていないため、これらをカウント対象とすることには個人的に疑問を抱きます)。また、通常の楽曲公開は、”オーディオのみ→リリックビデオ→ミュージックビデオ”の順となるのですが、順番が異なってもリリックビデオを公開したのはストリーミングの柱を増やしたかったからかもしれません。

このYouTubeでの施策によりわずかながらでもストリーミング指標を上乗せ出来たことが功を奏するか、日本時間の来週火曜早朝に発表される予定の米ビルボードソングスチャートをチェックしましょう。