face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

テイラー・スウィフト feat. ブレンドン・ユーリー「Me!」は首位獲得ならず…5月11日付米ソングスチャートをチェック

ビルボードソングスチャート速報。 現地時間の5月6日月曜に発表された、5月11日付最新ソングスチャート。テイラー・スウィフト feat. ブレンドン・ユーリー(パニック・アット・ザ・ディスコ)「Me!」の猛追を振り切り、リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」が5連覇を達成しました。

「Me!」のリリース以降、弊ブログでは5月12日付米ビルボードソングスチャートで同曲が勝利するかについて記載してきました。個人的にはテイラー有利かと捉えていたのですが、識者のチャート予測では「Old Town Road」勝利。今回その通りの結果になりました。冷静客観的な識者の方々の分析に感服した次第です。

 

リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」はストリーミングを制し、今週も1億超えとなる1億400万を獲得。前週比9%のダウンとなっていますが、ディプロによるリミックスが4月29日にリリースされたことでダウン幅が抑えられた形に。

「Old Town Road」のストリーミング1億超えはこれで4週連続となり、歴代ストリーミング記録で6位にランクイン。1億超えはこれまで8週しかなく、その半分が「Old Town Road」で占められたことになります。

前週まで3週間首位を記録していたデジタルダウンロードは2位に後退、前週比12%ダウンの78000を獲得。そしてラジオエアプレイでは前週比22%大幅アップの6770万となり同指標12→6位へ。「Old Town Road」は同指標で3週前に初ランクインを果たしており、わずか4週目でトップ10入り。デビュー曲且つ主演作で4週目にして同指標トップ10入りとなったのはメーガン・トレイナー「All About That Bass」(2014)と並び最速記録。リル・ナズ・Xは勿論のこと、ビリー・レイ・サイラスにとっても初のラジオエアプレイトップ10入りとなりました。

 

この「Old Town Road」の強大な壁に阻まれたのが、テイラー・スウィフト feat. ブレンドン・ユーリー(パニック・アット・ザ・ディスコ)「Me!」。

「Me!」は4月26日金曜にリリース。前週5月5日付チャートの集計期間はデジタル2指標(デジタルダウンロードおよびストリーミング)が4月19~25日、ラジオエアプレイが4月22~28日であり、「Me!」はラジオエアプレイ3日間のみの集計で総合100位に登場しました。

今週デジタル2指標が初加算。デジタルダウンロードは193000を獲得し同指標首位発進。この数値はテイラー・スウィフト6枚目のアルバム『Reputation』(2017)から最初にリリースされた「Look What You Made Me Do」の353000(2017年9月16日付)以来のビッグセールスとなり、テイラーは同指標で16曲目となる首位を獲得。

ストリーミングは5070万を獲得し同指標2位に登場(ちなみに「Look What You Made Me Do」は2017年9月16日付で8450万を記録)。またラジオエアプレイは前週の27位から13位に躍進し、前週比147%アップの5410万となりました。米ビルボードの記事には未掲載ですが、「Look What You Made Me Do」が初の首位を獲得した2017年9月16日付では6400万を記録しています。

 

「Me!」は「Old Town Road」に対しデジタルダウンロードでおよそ2.5倍の売上を獲得しながら、ラジオエアプレイではおよそ8割、ストリーミングでは(各ストリーミングサービスでウェイトが異なりますが、再生回数ベースで)およそ5割という結果となり、首位を奪うことが出来ませんでした。またテイラー自身の「Look What You Made Me Do」と比べても大幅に落ち込んでいます。次週この勢いを維持するには、デジタルダウンロードの落ち込みをラジオエアプレイがカバー出来るか、そしてストリーミングがキープ出来るのかにかかっているでしょう。対して「Old Town Road」はミュージックビデオが未だ公開されておらず、仮に公開されれば再生回数がストリーミングに加算されることから、その公開タイミング次第では「Me!」は首位を獲得出来ないままランクダウンすることも予想されます。

 

「Me!」は前週から98ランク上昇という新記録を樹立(これまでの歴代トップはケリー・クラークソン「My Life Would Suck Without You」が2009年2月7日付で前週から96ランクアップし97→1位へ)。テイラー・スウィフトは今回で23曲目のトップ10入りとなり、ホイットニー・ヒューストンポール・マッカートニー(ウイングスとの名義を含む)、ローリング・ストーンズに並ぶ歴代12位タイ。トップ40ヒットとしては57曲となり、エルトン・ジョンと並び歴代4位タイとなりました。また客演参加したブレンドン・ユーリーは今年パニック・アット・ザ・ディスコとして「High Hopes」(4位)でキャリア最高位を更新したばかりでしたが、今回さらに更新。ソロ名義としても、ベニー・ブランコ & ジュース・ワールド「Roses」(2019 85位)を大幅に上回りました。

 

最新のトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (1位) リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」

2位 (100位) テイラー・スウィフト feat. ブレンドン・ユーリー「Me!」

3位 (2位) ポスト・マローン「Wow.」

4位 (5位) ジョナス・ブラザーズ「Sucker」

5位 (3位) ポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」

6位 (4位) アリアナ・グランデ「7 Rings」

7位 (6位) ホールジー「Without Me」

8位 (7位) サム・スミス & ノーマニ「Dancing With A Stranger」

9位 (9位) ビリー・アイリッシュ「Bad Guy」

10位 (8位) カリード「Talk

ナンバーワンヒットとなったジョナス・ブラザーズ「Sucker」は再度トップ3入り目前の位置にまで浮上。ラジオエアプレイが3週目の首位となり、前週比4%アップの9890万となったことが大きく寄与しています。