face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

Official髭男dism自己最高位更新、次週は頂点を極めるか? 5月27日付ビルボードジャパンソングスチャート上位陣を予想する

水曜に発表された、ビルボードジャパン5月20日付各種チャート。ソングスチャートでは映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』主題歌、Official髭男dism「Pretender」が8位に上昇、自己最高位を更新しました。これまでの最高は「Stand By You」の10位(2018年10月29日付)であり、ドラマ『コンフィデンスマンJP』主題歌となった「ノーダウト」は最高21位(2018年5月14日付)。しかしながら後者は、昨年の年間チャートで94位にランクインしており、また最新5月20日付で77位に再浮上し42週ぶりのトップ100内返り咲きを果たしています。Official髭男dismの現在の勢いを感じずにはいられません。

f:id:face_urbansoul:20190517075720p:image

f:id:face_urbansoul:20190517075742p:image

f:id:face_urbansoul:20190517075756p:image

デジタルダウンロードおよびストリーミングが1ヶ月前に公開されながら急降下することなく順調に推移し、動画再生指標も100位以内にランクイン。今週末にはフリーライブも予定されておりSNSを中心に話題になることも見込まれます。そして今週、シングルCDがリリースされシングルCDセールスおよびルックアップの2指標も加算されることから、次週は彼らにとって初のトップ5、いやトップを狙える位置に来たのではないかと思うのですがいかがでしょう。 

というわけで今回はOfficial髭男dismのライバルに成るであろう楽曲をセレクト。次週のチャートを是非皆さんで予想してみてください。

 

菅田将暉まちがいさがし

まちがいさがし - Single

まちがいさがし - Single

  • 菅田 将暉
  • J-Pop
  • ¥250

ドラマ『パーフェクトワールド』(フジテレビ 火曜21時)主題歌として、昨年「Lemon」が大ヒットした米津玄師さんが書き下ろした楽曲。米津さんとは「灰色と青」で共演経験があり、さらに自身の「さよならエレジー」(2018)が現在もロングヒット中。主演ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(2019 日本テレビ)もヒットし順調にキャリアを築いています。

ビルボードジャパンではデイリーチャートは出ませんが、他方デイリーランキングを発表するオリコンによると、火曜の配信開始から2日間で6万を超えた模様で、集計期間中10万を突破する可能性も。ただ、「まちがいさがし」は現状ストリーミング配信されていないため、最大のウェイトを占める同指標が加算されないことがどう影響するか気になります(同様にミュージックビデオも公開されておらず動画再生指標も厳しいでしょう)。ビルボードジャパン最新ソングスチャートにおいては100位圏外(300位以内)ながら、ラジオエアプレイ指標20位となっており、次週同指標でトップ10入りするだろうことからデジタルダウンロードおよびラジオエアプレイの各指標が牽引するものと見込まれます。

f:id:face_urbansoul:20190517075817p:image

 

亀梨和也「Rain」

自身が主演のひとりを務めるドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ 木曜22時)主題歌。今週シングルCDをリリース。こちらもオリコンによるとフラゲ日から2日間でおよそ11万枚を売り上げた模様です。他方、所属事務所の方針からかデジタルに明るくなく、デジタルダウンロードやストリーミングは未加算、ミュージックビデオの短尺版もないゆえ動画再生指標もカウントされず、ゆえにシングルCDセールスおよびルックアップの躍進が鍵となります。ビルボードジャパン最新ソングスチャートにおいては100位圏外(300位以内)。Twitter指標が8位と高位置にいるものの同指標だけでは100位以内に入ることは厳しい模様です。

f:id:face_urbansoul:20190517075827p:image

 

Official髭男dism「Pretender」が全指標まんべんなく獲得しシングルCDセールス以前から順調に推移する一方、菅田将暉まちがいさがし」は高いデジタルダウンロード指標が予想されながらシングルCD未リリース且つストリーミングおよび動画再生指標未カウント、亀梨和也「Rain」は高いシングルCDセールスおよびルックアップ各指標が予想されながらデジタル関連すべて未カウントとなっており、3曲それぞれのヒットのアプローチが異なります。「Pretender」はオリコンによるとデイリーシングルランキングで登場から2日続けてトップ3入りを逃しており、初週売上は2~3万と思われるため、CD関連2指標の加算がいくらになるか気になるところ。来週水曜に発表されるビルボードジャパンソングスチャートに注目です。