face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」は11週連続首位、ドレイクがビートルズに並ぶ…6月22日付米ソングスチャートをチェック

ビルボードソングスチャート速報。現地時間の6月17日月曜に発表された、6月22日付最新ソングスチャート。リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」が11週目の首位を獲得、またドレイクがクリス・ブラウンに客演参加した「No Guidance」が9位に初登場を果たし、トップ10入り記録でビートルズに並び歴代2位タイとなりました。

あまりの強さゆえその理由を先週自分なりに分析した「Old Town Road」。

ストリーミングは9週連続で1億を突破していたのですがここに来て失速。前週比14%ダウンし9990万となりましたがそれでも巨大な数字であることには間違いなく、同指標トップ。デジタルダウンロードも同18%ダウンしながら71000を獲得(同指標1位)。そしてラジオエアプレイは前週から1つ順位を落とし3位となりましたがこちらは前週比1%近く上昇し9910万。やや失速傾向にはありますがトップはまだまだ安泰と言えるかもしれません。次週はテイラー・スウィフトの新曲「You Need To Calm Down」が登場しますが、勢いからするに仮にトップ10入り出来ても首位奪取は難しいでしょう。

ラジオエアプレイで首位に立ったのはカリード「Talk」で、自身初となる同指標制覇。カリードのラジオエアプレイにおけるこれまでの最高は3位でした(ロジックにアレッシア・カーラ共々フィーチャーされた「1-800-273-8255」(2017)、ノーマニとの「Love Lies」(2018)およびベニー・ブランコ & ホールジーとの「Eastside」(2019))。また今年最高の初動ユニット数でアルバムチャートを制したジョナス・ブラザーズですが、そのアルバム『Happiness Begins』の冒頭を飾り先行シングルとなった「Sucker」は1ランクアップの4位に。アルバムは獲得ユニット数のおよそ86%がアルバム(単位での)セールスであり、単曲ダウンロードやストリーミングの割合が高くなかったことが「Sucker」の順位をさらに押し上げられなかった要因と言えるでしょう。

9位にはクリス・ブラウン feat. ドレイク「No Guidance」が初登場を決めています。

ストリーミングは2800万を稼ぎ同指標4位、デジタルダウンロードは15000で同指標9位発進。クリス・ブラウンにとって初登場9位という順位は「Forever」(2008)およびリル・ディッキーに客演参加した「Freaky Friday」(2018)と並ぶ自己最高のスタートとなり、15曲目となるトップ10入り。そしてドレイクは今回が34曲目のトップ入りを果たしたことになり、かのビートルズに並ぶ歴代2位タイの記録となりました。

昔は客演という概念が(ほぼ)なかったゆえ、客演参加しやすいラッパーがランクインしやすい状況と言われればそれまでですが、とはいえ本当に素晴らしい記録です。あと4曲で最高記録を持つマドンナに並びます。

 

最新のトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (1位) リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」

2位 (2位) ビリー・アイリッシュ「Bad Guy」

3位 (3位) カリード「Talk

4位 (5位) ジョナス・ブラザーズ「Sucker」

5位 (4位) エド・シーラン & ジャスティン・ビーバー「I Don't Care」

6位 (6位) ポスト・マローン「Wow.」

7位 (7位) ポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」

8位 (8位) ダベイビー「Suge」

9位 (初登場) クリス・ブラウン feat. ドレイク「No Guidance」

10位 (9位) サム・スミス & ノーマニ「Dancing With A Stranger」

次週は先述した通り、テイラー・スウィフトの新曲がトップ10内に登場する可能性が高いと思われます。またリル・ナズ・Xが今週末メジャー初のEP『7』をリリースし、そちらにビリー・レイ・サイラスとの「Old Town Road」が収録されます。

「Old Town Road」の購入方法が曲単位からアルバム(EP)まるごとへとシフトすれば、同曲のデジタルダウンロードはさらに減少に転じるため長期政権が揺らぎかねない気もします。『7』は再来週、7月1日付で初登場予定のため同日付ソングスチャートに注目です。