face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」が最長首位獲得記録で単独3位に浮上…7月20日付米ソングスチャートをチェック

ビルボードソングスチャート速報。現地時間の7月15日月曜に発表された、7月20日付最新ソングスチャート。リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」が15週目の首位を獲得し、最長首位獲得記録で単独3位に浮上しました。またポスト・マローン feat. ヤング・サグ「Goodbyes」が3位に初登場を果たしています。

ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキー feat. ジャスティン・ビーバー「Despacito」(2017)およびマライア・キャリーボーイズIIメン「One Sweet Day」(1995-1996)が持つ16週1位の記録にあと1週と迫った「Old Town Road」。ですが、ここに来てチャートを構成する3指標全て前週比二桁ダウン。ストリーミングは前週比21%ダウンの7050万(同指標首位)、ダウンロードは同24%ダウンの43000(同1位)。ラジオエアプレイは同14%ダウンの6520万(同8位)となり、その勢いははっきり落ちています。

一方で、今週2位をキープしたビリー・アイリッシュ「Bad Guy」は集計期間の終盤になってジャスティン・ビーバーとの共演バージョンが公開されました(木曜午後の公開のため、デジタル2指標は半日弱、ラジオエアプレイは3日強が加算対象に)。

それもあってか、ストリーミングは前週比2%ダウンの4010万(同指標4位)と下がったものの、ラジオエアプレイは同5%アップの7960万(同5位)、ダウンロードは同4%アップの20000(同7位)と上昇しています。

次週、「Bad Guy」はジャスティン・ビーバー参加版が集計期間フルで加算、他方「Old Town Road」もヤング・サグおよびメイソン・ラムジーをフィーチャーした新たなバージョンを先週金曜に公開しこちらも集計期間フルで加算されます。2曲のリミックスについては先週ブログに記載しています。

今週「Old Town Road」は総合ポイントで前週比20%ダウン、一方「Bad Guy」は1%アップ。ポイント差は「Bad Guy」を1とすれば「Old Town Road」は1.5と、前週の1.9から縮まっています。それでもまだ開きがあり、ジャスティン・ビーバーの加勢がどこまで影響するか、気になります。

 

ポスト・マローン feat. ヤング・サグ「Goodbyes」は初登場3位となり、「Old Town Road」から首位の座を奪うことは出来ませんでした。

(※注意:上記ミュージックビデオには暴力表現が含まれます。)

「Goodbyes」はストリーミングが4080万、ダウンロードが41000と両指標2位発進となり、ラジオエアプレイは2290万を獲得し49位に登場。初登場時はどうしてもラジオエアプレイが弱く、仮に今回デジタル2指標が倍の数字を稼いだとしても首位に届かなかった形です。他方、スウェイ・リーとの「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」は1ランク落とし9位となりましたが、史上8曲目となる通算30週目のトップ10入りを果たしました。トップ10入り最長記録はマルーン5 feat. カーディ・B「Girls Like You」(2018-2019)およびエド・シーラン「Shape Of You」(2017)の33週となります。 

 

ラジオエアプレイを制したのは総合で1ランク後退し4位となったカリード「Talk」で、前週比5%アップの1億3320万を獲得、同指標で5週目の首位に。そのラジオエアプレイでは前週初のトップ10入りとなったリゾ「Truth Hurts」が前週比18%アップの5230万を獲得し同指標14→10位に。総合では1ランクダウンし7位となりましたが勢いはあります。

 

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (1位) リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」

2位 (2位) ビリー・アイリッシュ「Bad Guy」

3位 (初登場) ポスト・マローン feat. ヤング・サグ「Goodbyes」

4位 (3位) カリード「Talk

5位 (5位) ショーン・メンデス & カミラ・カベロ「Señorita」

6位 (4位) エド・シーラン & ジャスティン・ビーバー「I Don't Care」

7位 (6位) リゾ「Truth Hurts

8位 (7位) ジョナス・ブラザーズ「Sucker」

9位 (8位) ポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」

10位 (10位) ダベイビー「Suge」

次週は先述した上位2強のリミックス追加によるトップ争いに加え、先週リリースされたエド・シーランのアルバム『No.6 Collaborations Project』がアルバムチャートで初登場となることから、ジャスティン・ビーバーとの「I Don't Care」も再浮上となる可能性が。ある種、ジャスティン・ビーバーがどこまでかき回すかのチャートとなりそうです。