face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

サザンオールスターズ「愛はスローにちょっとずつ」の販売戦略を思う

ここ最近、サザンオールスターズの公式Twitterアカウントによるプロモーションが目立つと思うのは自分だけでしょうか。

f:id:face_urbansoul:20190816150827p:image
f:id:face_urbansoul:20190816150836p:image
f:id:face_urbansoul:20190816150822p:image
f:id:face_urbansoul:20190816150830p:image

”プロモーション”と記載されていますが、自分のタイムラインに幾度となく登場したこれらのつぶやきはプロモツイートと呼ばれるもの。ラジオ番組企画の紹介もさることながら、主目的は今週月曜に配信開始となった新曲「愛はスローにちょっとずつ」の宣伝とみられます。

配信限定シングルといえば昨夏の「闘う戦士たちへ愛を込めて」および「壮年JUMP」も同様ですが、この2曲は後にリリースされたアルバム『海のOh, Yeah!!』に収録。今回はCD化されても書籍に付属する形で流通され、書籍そのものも一般に流通するものではありません。

8月12日に配信リリースされるほか、8月下旬より発送されるサザンのアーティストブックSOUTHERN ALL STARS YEAR BOOK『40』」にこの曲を収録したCDが封入される。

SOUTHERN ALL STARS YEAR BOOK『40』」は通販サイト「アスマート」での受注限定販売商品で、今回の新曲CD封入の決定を受け追加予約の受付がスタートした。

書籍としての扱いのためCD化されながらもCDセールスとしてカウントされず、一方でルックアップは加算対象となるでしょう。というのも、マキシマムザホルモン「maximum the hormoneⅡ~これからの麺カタコッテリの話をしよう~」(2018)という前例があるため。ちなみにマキシマムザホルモンの書籍は一般流通されていました。

シングルCDとしてのリリースが見送られたのは、今回の書籍に『40周年ツアーを通してファンとともに作られた』新曲CDが入ることにより『サザンオールスターズ40周年最後のピースがはまり、その軌跡がすべて詰まったと同時に、新たなサザンの始まりの一歩といっても過言ではない』というコンセプトを優先したためと言えそうです(『』内はサザン新曲「愛はスローにちょっとずつ」CD封入される40周年記念本の詳細解禁 | Musicman-net(8月5日付)より)。また、所属事務所のアミューズが昨年から”シングルCDを出さない”方向性を打ち出していることも、シングルCD化見送りの一因と捉えることが出来ます。

後日リリースされるだろうオリジナルアルバムに収録されるか、いやそれ以前にオリジナルアルバムがいつ出るかは不明な状況。さらにストリーミングもレンタルも未解禁のため、サザンオールスターズのファンというわけではないものの「愛はスローにちょっとずつ」に興味があるライト層は、書籍を予約するかダウンロードしない限り音源を手に入れることが出来ません。他方サザンオールスターズ側にとっても、楽曲への接触手段がほとんどないことに加え、先述した『海のOh, Yeah!!』収録の2曲のようなタイアップがあるわけではないため、話題性を高めるべく今回のTwitterプロモーションに至ったものと思われます。しかも、ダウンロード購入画面のスクリーンショットを用いたキャンペーンを展開しており、その締切が明日日曜いっぱい。

締切日時を踏まえるに、月曜はじまり日曜終わりというチャート集計期間をフルに用いてダウンロードを盛り上げたいという思いがみえてきます。書籍を予約済で後にCDの形で音源が手に入る方でも参加可能なこのキャンペーンも踏まえるに、チャートで好成績を残したいという強い姿勢が見えるように思うのですが、いかがでしょう。

 

次週、サザンオールスターズ「愛はスローにちょっとずつ」はどの位置に登場するでしょうか。最新8月19日付ビルボードジャパンソングスチャートにおいてラジオエアプレイでは既に今週3位となっており、次週はダウンロードが牽引してトップ10入りを果たすかもしれません。しかしながら同じく次週には、”突如”リリースされた米津玄師「馬と鹿」も上位に入ることが予想され、サザンオールスターズは「馬と鹿」と闘うことに。米津さんもストリーミング未解禁ですがダウンロードに長けた歌手であり、また「Lemon」で功を奏した戦略を今回も踏襲しているためこちらも月曜に配信を開始しています。

集計期間前半3日間のダウンロードセールスが昨日報じられましたが、「馬と鹿」が「愛はスローにちょっとずつ」をおよそ10万近く上回り、独走しています。

サプライズ配信(いや、これ自体計画的だと思うのですが)の「馬と鹿」が勝つか、以前から配信日を決めて動いていた「愛はスローにちょっとずつ」が土曜のラジオ番組に合わせたYouTube生配信で話題となり迫ることが出来るか…結果は来週水曜に判明します。仮にサザンオールスターズ側がソングスチャート首位の座を狙うべくプロモーションを徹底したとして、さすがに「馬と鹿」が出てくるとは想定しなかったのではないかと思うのですが、果たして。