face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

「Old Town Road」が遂に陥落、ビリー・アイリッシュ「Bad Guy」が首位を獲得した理由は新たな”投入”にあり…8月24日付米ソングスチャートをチェック

ビルボードソングスチャート速報。現地時間の8月19日月曜に発表された、8月24日付最新ソングスチャート。史上最長となる19週連続首位を記録していたリル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」が遂に陥落…首位の座を奪取したのはビリー・アイリッシュ「Bad Guy」でした。

遂に首位が交代しましたが、実は前週この「Bad Guy」はストリーミングで22%ダウンする等、全体で12%もの大幅ダウンとなっていました。ジャスティン・ビーバー参加バージョン投入後の退潮が影響していたゆえもはやこれまでかという見方もありましたが、今週はストリーミングが前週比10%アップの3910万(同指標3位)、ダウンロードが同11%アップの20000(同6位)とデジタル2指標が共に二桁成長を達成(他方ラジオエアプレイは前週比3%ダウンの9300万(同指標6位)に)。この急伸、特にストリーミングにおいては今回の集計期間(デジタル2指標は先週木曜まで、ラジオエアプレイは今週日曜まで)の終盤に新たなミュージックビデオが投入されたことが功を奏しています。

縦型ミュージックビデオの投入はスマートフォンに即した手法であり、今年はじめにホールジー「Without Me」が首位に返り咲いた際にも用いられています。これからの時代、テコ入れ等に縦型ミュージックビデオが投入されることが増えてくるかもしれません。

9週もの2位在籍を経ての首位到達は、ザ・ウィークエンド feat. ダフト・パンク「Starboy」(2017)、ジャスティン・ビーバー「Sorry」(2016)およびアウトキャスト feat. スリーピー・ブラウン「The Way You Move」(2004)の8週を上回る新記録達成。またオルタナティブのジャンルによる楽曲が首位を獲得したのはロード「Royals」(2013)以来。そのロードは16歳で首位の座を掴みましたが、ビリー・アイリッシュはそのロード以来となるティーンエージャーでの首位獲得。それも2001年12月8日生まれであり、21世紀生まれの歌手が初めて米ビルボードソングスチャートを制覇したことに。収録アルバム『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』も米ビルボードアルバムチャートを4月13日付で制しており、今回遂にソングス/アルバム双方で首位を獲得しました。

 

リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」は3位に交代。ストリーミングは前週比10%ダウンの5310万、ダウンロードは同23%ダウンの26000でデジタルに指標共に1位。ただしラジオエアプレイが同13%ダウンの3420万となり同指標28位に後退しています。ビリー・アイリッシュ「Bad Guy」はデジタル2指標を縦型ミュージックビデオ投入等で底上げし、ラジオエアプレイが堅調に推移したことで「Old Town Road」を逆転した形となったのです。

その「Old Town Road」を破ったもう1曲はショーン・メンデス feat. カミラ・カベロ「Señorita」で、1ランクアップの2位に浮上。ストリーミングは前週比4%アップの3620万、ダウンロードは同4%アップの23000とデジタル2指標が共に4位、ラジオエアプレイは同7%アップの9610万で同指標3位となり全指標上昇。この影響でしょうか、ショーン・メンデスは「If I Can't Have You」も1ランクアップで10位に再浮上を果たしています。なお、ラジオエアプレイを今週も制したのは総合5位のカリード「Talk」ですが、前週比5%ダウン。それでも1億2360万と高い数値をキープしています。

 

最新のトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (2位) ビリー・アイリッシュ「Bad Guy」

2位 (3位) ショーン・メンデス & カミラ・カベロ「Señorita」

3位 (1位) リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」

4位 (4位) リゾ「Truth Hurts

5位 (5位) カリード「Talk

6位 (6位) クリス・ブラウン feat. ドレイク「No Guidance」

7位 (7位) エド・シーラン & ジャスティン・ビーバー「I Don't Care」 

8位 (10位) リル・テッカ「Ran$om」

9位 (9位) ポスト・マローン feat. ヤング・サグ「Goodbyes」

10位 (11位) ショーン・メンデス「If I Can't Have You」

次週は「Bad Guy」が、縦型ミュージックビデオが集計期間フルカウントされる影響で首位の座は堅いかもしれませんが、「Señorita」にも首位獲得のチャンスはありそうです。