face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

乃木坂46首位獲得もダウン傾向? 「馬と鹿」は「Lemon」に勝てていない? 9月16日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

今週から、毎週木曜は前日に発表される最新ビルボードジャパンソングスチャートの上位陣をざっと、でも深く振り返ることとします。曲単位での掘り下げは金曜以降に。

 

 

9月2~8日を集計期間とする、9月16日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表。ソングスチャートは乃木坂46「夜明けまで強がらなくてもいい」が制しました。

デジタル1週間先行でリリースし前週15位につけていた曲が首位に。シングルCDセールスがミリオンを突破し同指標を制したのみならず、ルックアップおよびTwitterが1位、ラジオ4位、ダウンロード9位と5指標でトップ10入り。シングルCDの『初週売上は前作よりも約4万枚少ないが、ラジオとTwitterは前回を上回る』状況となっています(『』は上記記事より)。

一方で、シングルCDセールスに係数が用いられるようになった2017年度以降、「インフルエンサー」がシングルCDセールス初加算週に39010ポイントだった以外はすべて4万ポイントを超えているのですが、今回「夜明けまで強がらなくてもいい」は41197ポイント。4万1千点台は昨夏の「ジコチューで行こう!」および今年のシングル2作が該当し、ここ最近の作品に偏っています(なおシングルCDセールス初加算週の最高ポイント獲得作品は「シンクロニシティ」の45209ポイント(2018年5月7日付))。特典イベントでシングルCDセールスが大きく左右されるとはいえ、ポイントの推移をみると懸念を抱いてしまう自分がいます。次週、シングルCDセールス加算2週目のポイント推移に注目です。

 

懸念といえば、前週首位を獲得したKing & Prince「koi-wazurai」は14位に大きく後退しています。

シングルCDセールス初加算週は全て1位だった彼らの2週目の動向は、「シンデレラガール」が4位(ポイント前週比21.6%)、「Memorial」が6位(同14.1%)、「君を待ってる」が11位(同11.4%)、そして今作が14位(同11.7%)。「koi-wazurai」は「君を待ってる」よりもシングルCD2週目のセールス、総合ポイント、ポイント前週比で上回ってはいるのですが、仮に弊ブログで先週指摘した未解禁のダウンロードが解禁されていたならばもう少し伸ばせたのでは?という思いに駆られています。

 

2位に再浮上したのは米津玄師「馬と鹿」。ミュージックビデオ解禁に伴う動画再生初加算が大きく影響しました。

以前「Lemon」と同様のスケジュールでダウンロード解禁の2週後にミュージックビデオを解禁しその2週後にシングルCDが出るのでは?と推測したのですが、今回はダウンロード解禁のおよそ3週後、シングルCDリリースの前週にミュージックビデオが登場する形となりました。解禁が9月3日火曜となり集計期間1週間フルでなかったこともあってか、実は動画再生指標制覇には至れず2位に。昨年以降「Lemon」や「海の幽霊」、また未だ音源化されていない「パプリカ」が動画再生初加算週に首位をマークしているのですが、後述する曲に敗れてしまいました。

次週、「馬と鹿」はシングルCDセールス初加算週となり大幅なアップが期待されます。しかし「Lemon」に比べてポイントが芳しくありません。「Lemon」はダウンロード解禁に伴い昨年2月26日付で25359ポイントを獲得し2位に初登場、その後13461ポイント(2位)→17755ポイント(動画再生初加算 2位)→14697ポイント(3位)→37407ポイント(シングルCDセールス初加算 2位)と推移しているのに対し、「馬と鹿」はダウンロード初加算の8月19日付で17437ポイントを獲得し2位に初登場して以降、7059ポイント(4位)→5697ポイント(5位)→11337ポイント(動画再生初加算 2位)と、「Lemon」に大きく水をあけられています。シングルCDセールスは「Lemon」を超える可能性が高く、次週のポイントは前作のシングルCDセールス初加算時を超える可能性もありますが、同日シングルCDをリリースした嵐「BRAVE」が発売日にレンタル開始されたのに対し、「馬と鹿」のレンタル開始は発売の17日後。「馬と鹿」のレンタルによるルックアップが見込めないことも次週のチャートアクションに影響しそうです。

 

さて、「馬と鹿」の動画再生1位を阻んだのはフィッツ&ザ・タントラムズ「HandClap」でした。

「馬と鹿」の動画再生が7665125回に対し、「HandClap」は7964750回。『この曲に合わせてハンドクラップするダンスダイエット動画がTikTok動画で使用されて爆発的に閲覧数を伸ばし、YouTubeでも火が付いて“JAPAN HOT 100”にチャートイン、続いてストリーミングやダウンロードにもその影響を及ぼしつつある』と上記ビルボードジャパンの記事にもありますが、実際ストリーミングも今週遂に300位以内に入り、動画再生の多さが他指標にも波及しつつあります。この「HandClap」については7月20日のブログエントリーで言及していますが、好いものや楽しいものを取り入れる姿勢は万国共通だということがよく解ります。

 

ソングスチャートトップ20、言い換えれば有料会員にならずともCHART insightで確認出来る範囲でみると、miwa「リブート」が1ランクアップし15位に。この曲についても前週言及しましたが、レンタル開始に伴うルックアップ増加の”ブースト”は少なからず効果的だったものの。

一方で「リブート」は今週ストリーミング9位となり、miwaさんのキャリア史上最高位を獲得。様々な形で接触されはじめており、ロングヒットの可能性も十分です。

 

今週のトップ10はこちら。

次週は先述したように、シングルCD同日発売となった嵐「BRAVE」と米津玄師「馬と鹿」の争いとなることは必至。シングルCDセールスでは嵐が優勢でしょうが、「馬と鹿」が主題歌となったドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS 日曜21時)が今週最終回を迎えることがプラスに作用することは間違いありません。

事実、今回のソングスチャート集計期間最終日に最終回を迎え高視聴率を獲得した『あなたの番です』(日本テレビ)の主題歌、主人公の田中圭さんが演じる手塚翔太名義での「会いたいよ」がシングルCDセールス初加算も相俟って10位に入ったのは、ドラマとの相乗効果と言えます。

(ちなみにこのミュージックビデオは期間限定公開とのことですが、至極もったいない気がします。ソニー・ミュージックには常時公開していただきたいと願います。)

嵐「BRAVE」と米津玄師「馬と鹿」の結果がどうなるか、次週に注目です。