face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

リゾ3連覇、ポスト・マローン4曲トップ10入り&オジー・オズボーンが新記録達成…9月21日付米ソングスチャートをチェック

ビルボードソングスチャート速報。現地時間の9月16日月曜に発表された、9月21日付最新ソングスチャート。リゾ「Truth Hurts」が3連覇を達成、またポスト・マローンは同日付アルバムチャートで『Hollywood's Bleeding』が首位に立ったことでアルバムから4曲をトップ10内に送り込みました。

Truth Hurts」は首位をキープしながらもデジタルでのピークが過ぎた模様。ダウンロードは3週目の首位ながら前週比19%ダウンの31000。ストリーミングは同16%ダウンの2920万(同指標14位)、ラジオエアプレイは同6%アップの1億1080万(同2位)。ストリーミングが11ランク下がったのは後述するポスト・マローンの大量エントリーの影響もありますが、ダウン幅が二桁というのは気になるところ。

 

今週はポスト・マローン祭りとなったトップ10。アルバム『Hollywood's Bleeding』がテイラー・スウィフト『Lover』に次ぐ今年2番目の週間ユニット数を叩き出して今週首位に。489000ユニットのうち、ストリーミング再生回数のアルバム換算分(SEA)は278000。アルバム収録曲の1週間の再生回数が3億6540万となりこちらは今年最高を記録(それまでの記録はアリアナ・グランデ『Thank U, Next』の3億710万)。これがソングスチャートにも波及した形です。

7月20日付で初登場を果たしたヤング・サグとの「Goodbyes」は10→3位、前週初のトップ10入りとなった「Circles」は7→4位、以前首位を獲得したスウェイ・リーとの「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」は14→10位とそれぞれ上昇。そして新たに、トラヴィス・スコットとオジー・オズボーンを招いた「Take What You Want」が8位に初登場。ストリーミングは4曲とも3000万を突破しています。

ポスト・マローンにとっては9曲目のトップ10入りとなる「Take What You Want」は、客演のトラヴィス・スコットにとっては6曲目、そしてオジー・オズボーンは2曲目。オジーは1989年6月17日付で8位に入ったリタ・フォードとの「Close My Eyes Forever」以来30年3ヶ月ぶりのトップ10入りを果たし、返り咲き最長記録を更新しました(これまでの記録はドビー・グレイの30年2ヶ月1週)。また4曲以上同時にトップ10入りを果たしたのはポスト・マローンが6組目。ちなみに最高記録はドレイクの7曲となります(2018年7月14日付。こちらもアルバム『Scorpion』が初登場したタイミングで達成)。

 

今週新たにトップ10入りを果たしたのがルイス・キャパルディ「Someone You Loved」。登場18週目で遂に9位に到達しました。ダウンロードは前週比2%アップの17000(同指標4位)、ラジオエアプレイは同11%アップの7900万(同6位)、ストリーミングは同9%アップの2230万(同指標23位)。ストリーミングは前週より10ランクダウンしたもののこちらもポスト・マローンの影響を受けてのもの。前指標アップしているのは曲の勢いの証拠もありますが。

ストリーミングの浮上策として上記"2つ目のミュージックビデオ"を公開したことも影響しています。つまりは米ソングスチャートでよくみられる"仕掛け"が功を奏した形。

この仕掛けについては前週取り上げていますのでご参照ください。実際は仕掛けが効き始めたのは前週のチャートであり今週その効果は薄れるのではと懸念していたのですが杞憂でした。ラジオエアプレイでは既に一定の成果を上げているのですから、あとはストリーミングがどこまで伸びるかがこの曲の浮上の鍵と言えそうです。

 

最新のトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (1位) リゾ「Truth Hurts

2位 (2位) ショーン・メンデス & カミラ・カベロ「Señorita」

3位 (10位) ポスト・マローン feat. ヤング・サグ「Goodbyes」

4位 (7位) ポスト・マローン「Circles」

5位 (3位) ビリー・アイリッシュ「Bad Guy」

6位 (4位) リル・テッカ「Ran$om」

7位 (6位) クリス・ブラウン feat. ドレイク「No Guidance」

8位 (初登場) ポスト・マローン feat. トラヴィス・スコット & オジー・オズボーン「Take What You Want」

9位 (11位) ルイス・キャパルディ「Someone You Loved」

10位 (14位) ポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」

ポスト・マローンがトップ10に送り込んだ4曲のうち、次週はいくつ残るかでチャートが大きく動きそう。また映画『チャーリーズ・エンジェル』リブート版に起用されたアリアナ・グランデマイリー・サイラスラナ・デル・レイ「Don't Call Me Angel」がどの位置に登場するか気になるところです。