face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

ジャニーズ事務所所属歌手がデジタル解禁に至るかのターニングポイントは2020年1月22日ではないか

昨日のこのつぶやきが、現段階で6万を超えるインプレッション数を獲得しています。

ジャニーズ事務所所属歌手をはじめとするアイドルに関して言及するとインプレッションが増える傾向にあるのは存じ上げていたのですが、まさかここまでとはと驚いています。しかしながら自分のツイートに対して、"ジャニーズはデジタル解禁しなくてもいい、このツイートはおかしい"的な反論等はみられないことから、ジャニーズ事務所所属歌手のファンの方々が、推す歌手のデジタル非解禁の姿勢に対し何かしらの思いを抱いているではないかと感じています。

 

自分がこの件に言及した理由は堂本剛さんのプロジェクト、ENDLICHERIがファンクをベースに素晴らしい作品を連発しているからであり、また音楽フェス出演を機に好事家の間からもENDLICHERIの音楽性の凄さを絶賛する声が多数出ていると感じるゆえ。しかしながらその音楽性を、デジタル未解禁の影響で日本のみならず海外にも轟かせられないのは果てしなく機会損失ではないかと思うのです。今夏アルバム『NARALIEN』リリースのタイミングでこのようなことを書いたのは、堂本さん側が配信したいのではという思いを(勝手ながら)汲んでのことです。

MISIAさんはサブスクリプションサービス、そしてダウンロードでも解禁していますが、仮に堂本剛さん側が配信を固辞する姿勢を採るならばその部分だけが穴あきになるものと思われます。

 

さて、MISIAさんのベストアルバム『MISIA SOUL JAZZ BEST 2020』のリリースは2020年1月22日。この日は堂本剛さんも所属するジャニーズ事務所から、SixTONESそしてSnow Manの二組が同時デビューを果たします。どちらもYouTubeに公式チャンネルが用意されていることから(SixTONESこちらSnow Manこちら)、彼らのデビュー曲がYouTubeチャンネルを持つ嵐同様、デジタル解禁されるのが自然と考えていいでしょう。そう考えるとこの2020年1月22日が、ジャニーズ事務所所属歌手が本格的にデジタル解禁に動く絶好の機会と捉えていいのかもしれません。

仮にその週はデビューする2組を推そうと他の所属歌手は解禁に関する動きをみせないかもしれませんが、堂本剛さんの参加曲ならば解禁という形もあり得るのではないでしょうか。希望の域を越えないと言われればそれまでですが、このタイミングが絶好だと思い、勝手ながら提案させていただきます。

ジャニーズ事務所所属歌手のデジタル解禁については、今年の山下智久「CHANGE」のダウンロードセールスの成功例を上記ブログエントリーに記すと共に、嵐の初のデジタルシングル「Turning Up」がビルボードジャパンソングスチャートにおいて同事務所所属歌手では異例となる7週連続トップ20入りしたこと(下記エントリー参照)もまた成功例と言えます。

そう考えると、シングルCDのみでのリリースという姿勢にこだわらなくとも十分にやっていけると思うのですがいかがでしょう。

 

気掛かりなのは、この二組のデビューシングル表題曲が互いのCDに収録されるため、シングルCDのカウントがセールスチャートでどうなるかということ。ビルボードジャパンソングスチャートではTwitter指標の上昇に伴いそれぞれが既にランクインを果たしている一方、オリコンでは合算されると耳にします。またジャニーズ事務所やレコード会社がデジタルよりもシングルCDセールスを優先するのであれば、SixTONESおよびSnow Manのダウンロードおよびサブスクリプションサービス解禁のタイミングをシングルCDリリースから遅らせるという措置が採られるかもしれません。それらも含めて、2020年1月22日に注目しようと思います。