face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

年始のラジオでZOO「Choo Choo TRAIN」が流れまくった意味を知る

ビルボードジャパンソングスチャートを構成する指標の中で、総合チャートとかけ離れながらも独特の動きをみせるのがラジオエアプレイ。前週発表された1月13日付ソングスチャート(集計期間:2019年12月30日~2020年1月5日)ではZOO「Choo Choo TRAIN」の突如のランクインに驚き、ブログに取り上げました。

同じくJR SKISKI(当時はJR ski ski)の最新版CMに起用されたEVE「白銀」が同指標で人気になったことでランクインしたのかと思ったのですが、後日「Choo Choo TRAIN」がBGMに使われた『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ 月-金曜18時)中に”そういえばこの曲がラジオで…”とツイートしたところ、リスナーの方から『ネズミ年なので、「チュウ」ということかと』というリプライをいただきました。激しく納得した一方、完全ダジャレ選曲なのかといい意味でも脱力感が。

しかも、干支だけにZOO(動物園)なのでしょうね。

 

自分がスタッフの一員を務めるラジオ番組『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)では1月5日、年始恒例企画として干支の名前が付いた歌手や曲名を特集したのですが、さすがに「Choo Choo TRAIN」は思い浮かびませんでした。”チュー”で浮かんだのは爆チュー問題(「でたらめな歌」)でしたがねずみの格好をしてるゆえのセレクト。少なくとも東北で一番、いい意味でひねくれた曲をかけると自負する番組ゆえ、「Choo Choo TRAIN」は思い浮かばなくとも特集冒頭BGMでこの曲をかけたのは有る種の意地だったかもしれません。