face it

チャート愛好家。ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

ロディ・リッチ2連覇、ドレイクは100位以内エントリー曲数歴代最多タイ達成…1月25日付米ソングスチャートをチェック

※本日のエントリーは2つ目となります。これは今回のチャート速報が日本時間の本日午前8時までに公開されず、他のエントリーを記載したもののその後同日午前中に公開されたためです。

 

 

ビルボードのソングスチャートをチェック。現地時間の1月19日月曜が祝日のため、翌20日に発表された、1月25日付最新ソングスチャート。前週初の首位に立ったロディ・リッチ「The Box」が2週連続で制覇、フューチャー feat. ドレイク「Life Is Good」が2位に初登場を果たしました。ドレイクはこの曲により、歴代最多エントリーのタイ記録達成です。

ロディ・リッチ「The Box」の勢いが止まりません。ストリーミングは前週比13%アップの7720万を獲得、同指標3週目の首位を達成しました。この数字はリル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」が昨年7月27日付で記録した8620万以来の高水準となっています。尤も「Old Town Road」は昨年4月20日付で1億4300万を記録しており桁外れの人気となりましたが、「The Box」はその水準を狙えるかもしれません。というのも現段階でミュージックビデオがまだ解禁されていないためで、ミュージックビデオの登場如何では1億超えの大記録も期待出来ます。「The Box」はダウンロードが前週比26%アップの13000(同指標7位)、ラジオエアプレイが同70%アップの1850万(同50位)と全指標2桁成長を遂げています。

2位にはフューチャー feat. ドレイク「Life Is Good」が初登場。ダウンロードは25000をマークし同指標制覇、またストリーミングは5070万を獲得し同指標2位発進。ストリーミング5千万超というのはかなり立派な数字ですが、ロディ・リッチには敵わなかったということに。「Life Is Good」が2位になったことで、フューチャーは自己最高位を更新。これまでは「Mask Off」(2017)の5位が最高でした。

そしてドレイクは大記録を樹立。今回の「Life Is Good」が通算207曲目となる100位以内エントリーとなり、ドラマ『Glee』の役者陣によるグリー・キャストに並び歴代最多となる100位以内ランクインを達成しています。ドレイクは2009年5月23日付で100位以内に初登場を果たしてから10年半で大記録に並んだことに。歴代3位のリル・ウェインの163曲を大きく引き離しています。またトップ10ヒットとしても36曲目となり、マドンナの38曲にあと2と迫りました。トップ40で括ればドレイクにとってちょうど100曲目のヒットとなりこちらは過去最多となります(2位はリル・ウェインおよびエルヴィス・プレスリーの81曲)。

 

今週『Rare』がアルバムチャートを制したセレーナ・ゴメスは、アルバムの勢いにより「Lose You To Love Me」が5ランクアップの5位に到達しました。またSpotifyから火が付いたアリゾナ・ザーヴァス「Roxanne」(総合9位)はここにきてラジオエアプレイが上昇。前週比16%アップの5730万を獲得し同指標8位、ラジオエアプレイで初のトップ10入りを果たしました。なおラジオエアプレイのトップはポスト・マローン「Circles」(総合3位)で、前週比1%ダウンしたものの1億30万となり、1億超えをキープしています。

 

最新のトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (1位) ロディ・リッチ「The Box」

2位 (初登場) フューチャー feat. ドレイク「Life Is Good」

3位 (3位) ポスト・マローン「Circles」

4位 (4位) マルーン5「Memories」

5位 (10位) セレーナ・ゴメス「Lose You To Love Me」

6位 (6位) ルイス・キャパルディ「Someone You Loved」

7位 (5位) ダン+シェイ&ジャスティン・ビーバー「10,000 Hours」

8位 (7位) トーンズ・アンド・アイ「Dance Monkey」

9位 (9位) アリゾナ・ザーヴァス「Roxanne」

10位 (2位) ジャスティン・ビーバー「Yummy」

ジャスティン・ビーバー「Yummy」の落ち込みが気になるところです。公式ホームページでのレコードやカセットテープ等販売施策により前週ダウンロードが8万近くを稼いだものの、今週は前週比85%大幅ダウンとなる11000(同指標10位)、ストリーミングは同17%ダウン2430万(同6位)、そしてラジオエアプレイは同9%ダウンの4610万(同17位)と全指標大きく落ち込んでいます。特にラジオエアプレイが登場から1ヶ月以内にもかかわらずダウンに転じるのは珍しく、「Yummy」の動きには注視が必要です。