face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

ロディ・リッチ3連覇、エミネム feat. ジュース・ワールドが初登場…2月1日付米ソングスチャートをチェック

ビルボードのソングスチャートをチェック。現地時間の1月27日月曜に発表された、2月1日付最新ソングスチャート。ロディ・リッチ「The Box」が3連覇、前週2位に初登場を果たしたフューチャー feat. ドレイク「Life Is Good」が勢いをキープし、エミネム feat. ジュース・ワールド「Godzilla」が3位に初登場を果たしました。

未だミュージックビデオが登場しない「The Box」ですが、ストリーミングではその勢いが持続。前週から3%ダウンはしたものの7500万を獲得しストリーミング指標では4週目の首位を記録しました。ダウンロードは前週比5%ダウンの13000(同指標8位)となった一方、ラジオエアプレイは同38%大幅アップの2560万となり同指標36位へ上昇しています。

前週初登場を果たしたフューチャー feat. ドレイク「Life Is Good」は2位をキープ。ストリーミングは前週比19%ダウンながら4090万と高水準を維持(同指標2位)、一方でダウンロードは同64%ダウンの9000、同指標首位から13位へと大きく後退しました。

3位にはエミネム feat. ジュース・ワールド「Godzilla」が初登場。

1月17日に突如リリースされたエミネムのアルバム『Music To Be Murderd By』は279000ユニットを獲得し最新の米ビルボードアルバムチャートを制覇。今週はホールジー『Manic』が239000ユニット、マック・ミラー『Circles』が164000ユニットとなりトップ3すべてが15万ユニット超えを果たしていますが、この3作に収録された曲でソングスチャートにてトップ10入りを果たしたのは「Godzilla」のみとなりました。

Godzilla」はストリーミングで4110万を獲得、ダウンロードは24000となり2指標で3位発進(ストリーミングの回数においては「Life Is Good」より20万上回るものの、有料のサブスクリプションサービスと無料のとで1再生におけるウェイトが異なる等のウェイト差が影響していると捉えていいでしょう)。この曲でエミネムは22曲目のトップ10入りを果たし、トップ10ヒット曲数で歴代16位に。また初登場でトップ10入りとなると13曲目となり、こちらでは22曲のドレイク、15曲のテイラー・スウィフトに続く歴代3位となっています。一方、昨年12月に他界したジュース・ワールドにとっては「Lucid Dreams」(2018 2位)に次ぐ高位置での登場となり、通算3曲目のトップ10入りを果たしました。

 

最新のトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (1位) ロディ・リッチ「The Box」

2位 (2位) フューチャー feat. ドレイク「Life Is Good」

3位 (初登場) エミネム feat. ジュース・ワールド「Godzilla

4位 (3位) ポスト・マローン「Circles」

5位 (4位) マルーン5「Memories」

6位 (7位) ダン+シェイ&ジャスティン・ビーバー「10,000 Hours」

7位 (8位) トーンズ・アンド・アイ「Dance Monkey」

8位 (6位) ルイス・キャパルディ「Someone You Loved」

9位 (9位) アリゾナ・ザーヴァス「Roxanne」

10位 (5位) セレーナ・ゴメス「Lose You To Love Me」

ラジオエアプレイ首位は引き続き、ポスト・マローン「Circles」(総合4位)が獲得。前週比1%アップの1億280万となり同指標6週目の首位を記録しています。トップ10をみるとセレーナ・ゴメス「Lose You To Love Me」が10→5→10位と大きく変動。この曲が収録され、前週のアルバムチャートを制した『Rare』が今週は6位、ユニット数では前週比66%大幅ダウンとなったことが曲単位にも影響を及ぼしていると言えます。そして前週10位のジャスティン・ビーバー「Yummy」は早くもトップ10落ちとなってしまいました。

 

次週は、日本時間で昨日発表されたグラミー賞の結果が反映されます。史上2組目となる主要4部門制覇を果たしたビリー・アイリッシュの動きに注目です。