face it

チャート愛好家。ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

ザ・ウィークエンド「Blinding Lights」が遂に首位へ、ドージャ・キャットは初のトップ10入り…4月4日付米ビルボードソングスチャートをチェック

ビルボードのソングスチャートをチェック。現地時間の3月30日月曜に発表された4月4日付最新ソングスチャート、11週連続で首位の座に就いていたロディ・リッチ「The Box」が遂に陥落、ザ・ウィークエンド「Blinding Lights」が初の首位を獲得しました。また、ドージャ・キャット「Say So」が9位に入り、初のトップ10入りを果たしています。

61年以上の米ビルボードソングスチャートの歴史において1097曲目となる首位を獲得したザ・ウィークエンド「Blinding Lights」。3月20日にリリースされたアルバム『After Hours』が今週のアルバムチャートで初登場首位を獲得した勢いがソングスチャートにも波及した形です。アルバム収録の14曲はすべて100位以内にエントリーを果たしています。「Blinding Lights」以外は下記に。

 ザ・ウィークエンドの首位獲得は今回が5曲目。今週4位に入った「Heartless」が昨年12月14日付で首位を獲得して以来となり、『After Hours』からは2曲目の首位輩出に(その他は「Can't Feel My Face」(2015)、「The Hills」(2015)およびダフト・パンクをフィーチャーした「Star Boy」(2017))。「Blinding Lights」はストリーミングにおいて前週比54%アップの3210万を獲得し同指標を制覇(「The Hills」以来2曲目)、ラジオエアプレイは同15%アップの8220万(同指標3位)、ダウンロードは15000を獲得し同指標3位をマークしています。今週首位の座から陥落したロディ・リッチ「The Box」については記事に3つの指標についての詳細な情報がないのですが、前週のストリーミングが4140万だっただけに、急激な勢いの低下を感じずにはいられません。なお、ザ・ウィークエンド「Heartless」はストリーミングが前週比157%アップの1940万を獲得したこともあり、総合で4位に再浮上しています。

「Blinding Lights」をザ・ウィークエンドと共に手掛けたのはマックス・マーティン。ソングライターとして23曲目、プロデューサーとして21曲目の首位を獲得しました。ソングライターとしてはポール・マッカートニー(32曲)、ジョン・レノン(26曲)に続き、プロデューサーとしてはビートルズ作品でおなじみのジョージ・マーティン(23曲)に次ぐ記録となっています。

9位にはドージャ・キャット「Say So」が5ランクアップし、自身初のトップ10入りを果たしました。ラジオエアプレイは前週比23%アップの5210万を獲得(同指標14位)、ストリーミングは同7%ダウンの1540万(同指標18位)、ダウンロードは同2%アップの6000(同指標21位)と、3指標どれも10位以内には入っていませんが、安定した数値を獲得しています。

3曲目の米ビルボードソングスチャートエントリーにして今週初のトップ10入りを果たしたドージャ・キャットについては下記記事で詳しく紹介されています。

そして「Say So」は元々TikTokでヒットしていたのですが、ミュージックビデオ制作においてはそのTikTokで人気のダンスを採り入れた上、ダンスの考案者をミュージックビデオに招いています。

TikTokやそのユーザーと歌手との理想の関係性が「Say So」をトップ10ヒットに導いたと言えるかもしれません。

 

最新のトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (2位) ザ・ウィークエンド「Blinding Lights」

2位 (1位) ロディ・リッチ「The Box」

3位 (3位) デュア・リパ「Don't Start Now」

4位 (16位) ザ・ウィークエンド「Heartless」

5位 (5位) ポスト・マローン「Circles」

6位 (4位) フューチャー feat. ドレイク「Life Is Good」

7位 (7位) ハリー・スタイルズ「Adore You」

8位 (8位) ジャスティン・ビーバー feat. クエイヴォ「Intentions」

9位 (14位) ドージャ・キャット「Say So」

10位 (6位) アリゾナ・ザーヴァス「Roxanne」

次週はデュア・リパ「Don't Start Now」に注目。今週もラジオエアプレイを制していますが(前週とほぼ変わらず9820万を獲得)、アルバム『Future Nostalgia』を当初の予定より1週間前倒しで先週末リリースし、次週のアルバムチャートで初登場予定。ソングスチャートにどこまで波及するでしょうか。