face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

オリコン の検索結果:

ラジオ人が音楽を語るならば、”言ってはならないこと”と”身につけておくべき知識”がある

…スの是非について。 オリコンが週刊誌『オリ☆スタ』を発売していた頃に週間シングルCDランキングトップ100を幾度となくチェックしていたのですが、100位の売上は500枚前後だったと記憶しています。1週でもランクインするとそのくらい売れるわけですが、翌週以降(もしくは100位以内到達以前は)100位に満たなかったとしても1週あたり500枚弱の売上が考えられます。またコンサート(ツアー)やイベントでCDを販売する機会もあるわけで、サイン付き等特典があればさらに売上は伸びるため、や…

ベストアルバムのデジタル未配信はソングスチャートに爪痕を残さない?…7月8日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

…ジタル解禁する/しないは歌手やレコード会社、芸能事務所側の自由ではありますが、オリコン以上に社会のヒットの鑑と言って間違いないビルボードジャパンのソングスチャートで嵐の楽曲がほぼ入っていない状況は社会現象と大きく乖離し至極勿体無い…というのが私見です。ベストアルバムリリース関連ではありませんが、同じジャニーズ事務所所属歌手の山下智久さんが前週「CHANGE」でデジタル2指標(ダウンロードおよび動画再生)を武器に好調なチャートアクションを示したことを踏まえると尚の事、なのです。

(追記あり) 三浦大知「片隅」のチャートアクションが高くない状況に…その原因と今後の改善策を考える

…ール』は6月24日付オリコン週間ブルーレイディスクランキングを制覇しているのとは対照的と言えそうですが、初週のシングルCD売上枚数をみると「Be Myself」(映像盤有り無しの2種での販売)が12634枚だったのに対し「片隅」(映像盤有り、DVDかブルーレイの違いによる2種での販売)は8962枚。この差を大きいとみるか否かは評価が分かれるかもしれません。 しかしながらシングルCDセールス同様に”所有”を示す指標であるデジタルダウンロードが低いのが気掛かりです。デジタルダウン…

ビルボードジャパンソングスチャートとオリコン合算シングルランキング、どちらが社会の流行を示しているか考えてほしい

…認知度が高いであろうオリコンランキングに比べて、社会の流行の鑑になっていると考えるゆえ。以前から幾度となく記載していることですが、今回上半期チャートが出揃ったので比べてみるとよく解ると思うのです。 オリコンでは今年度より、デジタルダウンロードおよびストリーミングを合算した合算ランキングを新たに立ち上げ、水曜朝に発表しています。 (リンクでの掲載が禁止であれば削除いたします。) その合算ランキングが昨日発表されました。 オリコン上半期ランキング 2019<合算ランキング編>、合…

6月10日付ビルボードジャパンアルバムチャートを制したB'z『NEW LOVE』のデジタル未解禁を思う

…るものと考えます。 オリコンランキングを『NEW LOVE』が制したことでアルバムの首位獲得は29作品目となり”アルバム首位獲得数”が、また今回のセールスにより”アルバムの総売上枚数”が共に歴代1位を更新しています(オリコンが無断転載や引用を強く禁じているゆえ、そのままの引用は控えました)。販売をCDに絞ることでデジタルダウンロードへの移行が出来ないためこれまで築き上げてきた記録を確実に伸ばしてニュースバリューを高める、シングルCD化もしくはタイアップ曲を単曲ダウンロード解禁…

発表からおよそ20年を経て、大御所のJ-Popが相次いで引用される

…として書き下ろされ、オリコンシングルCDセールスランキングでインストゥルメンタル楽曲として初制覇を果たしたのがこの曲。昨年リリースされた『BTTB -20th Anniversary Edition-』に合わせて上記動画が作られています。 そして今年。 「energy flow」が「エナジー風呂」、更に英語のタイトルが”Flo”というヒップホップ的表現になっているのも粋ですね。元々はタブラ奏者のU-zhaanさんと坂本龍一さんが昨年制作したニューアレンジ版(→YouTube)…

Official髭男dism自己最高位更新、次週は頂点を極めるか? 5月27日付ビルボードジャパンソングスチャート上位陣を予想する

…ランキングを発表するオリコンによると、火曜の配信開始から2日間で6万を超えた模様で、集計期間中10万を突破する可能性も。ただ、「まちがいさがし」は現状ストリーミング配信されていないため、最大のウェイトを占める同指標が加算されないことがどう影響するか気になります(同様にミュージックビデオも公開されておらず動画再生指標も厳しいでしょう)。ビルボードジャパン最新ソングスチャートにおいては100位圏外(300位以内)ながら、ラジオエアプレイ指標20位となっており、次週同指標でトップ1…

ゴールデンボンバー、新元号ソングだけでの紅白返り咲きは厳しい?

…断する指標のひとつにオリコンがありますが、「令和」は最新4月29日付オリコン週間シングルランキングで前週の14位から12位にアップし、5000枚強を売り上げています(敢えて枚数を濁したのは、オリコンが無断転載を強く禁止する姿勢を示しているゆえ。詳しくはこちら)。ビルボードジャパンのシングルCDセールスチャートとオリコンでは枚数に差はあれど、仮に前週と当週の売上比率を6対4とした場合。 4月29日付ソングスチャート、「令和」の総合ポイント :2130 →半分がシングルCDセール…

平成総括…平成元年を振り返るにはベッド・インが最適だった件

…スト) 【1989 オリコン 年間シングルランキング】で検索すると同年のヒットランキングが出てきますがその上位をほぼ外しつつ、現在タイアップで使用されるTHE TIMERSやCOMPLEX、空耳アワーの"農協牛乳"でお馴染みなプリンス(ちなみに斉藤由貴「夢の中へ」に差し替わる前は"母ちゃん許して"でお馴染み、ティアーズ・フォー・フィアーズ「Sowing The Seeds Of Love」でした)などをお送りしました。コアなようでいて、今聴いても格好いい楽曲が多い気がします。…

平成を総括する前に解決しませんか?問題、少年隊のオールタイムベストアルバムをあらためて切望する

…をお送りします。単にオリコン1位の…ばかりではなく、選曲もこの番組らしい斜め目線でいく予定です。 さて、こういう企画があると音源をすべて手にしたいと思うのが自分の性ゆえ、まずはオリコン(当時は売上がほぼイコール人気だったと捉えても問題ないと考えます)のランキングを追いかけているのですが、手に入れにくい音源が数点。平成元年のオリコン年間シングルランキング上位100作品では、たとえばHOUND DOGの数曲がベストアルバム未収録且つオリジナルアルバムにはバージョン違いが収録という…

オリコンの平成セールスランキングと米ビルボード60年チャート、どちらが説得力を持つか

…ーでも紹介した、今週オリコンが発表した”平成セールス”ランキングについて。 特に平成30年シングルランキングについて書くならば、平成30年強の歴史におけるフィジカル(主にCD)の社会への影響度に大きな差がある以上、同列に並べることはあまり意味をなさないと思うのです。それでも発表に至ったのは平成総括という現在の流れに乗ったのか等と考えたのですが、こちらのブログエントリーに深く納得したので勝手ながら紹介します(問題があれば削除します)。下記エントリー曰く、『「オリコンはそもそもレ…

新元号発表はムーブメントに至らなかった? 4月15日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

…キングを掲載しているオリコンによれば、今週火曜(いわゆるフラゲ日)のシングルCDランキングにおいて「令和」は初登場13位と、決して高いとは言えない位置にいます。 さてそのオリコンでは今日、平成時代(はまだもう少しあるのですが)のセールスランキングが発表されました。 【オリコン“平成セールス”ランキング】シングルはSMAP、アルバムは宇多田ヒカルが1位 “平成No.1”アーティスト別セールスのB’zからはコメント到着https://t.co/ZfIuZD0wSt#Bz #SMA…

4月8日付ビルボードジャパンソングスチャートで噴出した問題を踏まえ、ビルボードジャパンにあらためて改善を求める

3月25~31日を集計期間とする、4月8日付チャートが昨日発表されたビルボードジャパン。総合ソングスチャートは日向坂46のデビューシングル「キュン」が制しました。 【ビルボード】日向坂46「キュン」が474,893枚を売り上げ総合首位獲得 https://t.co/1QBUQAqROJ pic.twitter.com/4FcS5GRoAi — Billboard JAPAN (@Billboard_JAPAN) April 3, 2019 #ビルボードジャパン最新チャート速報…

嵐、活動休止発表後のソングスチャートアクションは乏しかった? 引退や解散した国民的歌手と比較してみる

…作品となると、これはオリコン調べですがDVDランキングでは100位以内に23作も送り込んでいるのです。 実に素晴らしいことですが、とはいえやはり、楽曲チャートに目立った動きがないのが気がかりです。それが理由かオリコンでも、シングルやアルバムの動向は上記記事の最下段に、心なしか抑えめに紹介しているように映ります。 嵐においてはビルボードジャパンソングスチャートに2曲がランクインしたのみでしたが、嵐と同じくらいの人気や知名度を誇る歌手が同様のショッキングな発表を行った場合、果たし…

嵐は次週のビルボードジャパンソングスチャートトップ10入りは難しい? ならば嵐版”ブリ活”を提案します

…ビルボードジャパンとオリコンを比較し、ビルボードジャパンがはるかに社会的ヒットの鑑になっていることを伝えています。オリコンは今年度よりシングル合算ランキングをはじめてはいますが、その内容があくまでシングルCD主体であること、またチャートを紹介出来にくい、いや”してはいけない”とも思わせかねない姿勢に疑問を覚えています。 そのオリコンの合算ランキングがスタートするタイミングで、もしかしたらジャニーズ事務所所属歌手の作品群がデジタルに明るくなると思っていたのですが。 結果的にそれ…

宇多田ヒカル「Face My Fears」、シングルCD化におけるふたつの特徴

…定されていたようで、オリコンでは1月17日付デイリーランキングで既に初登場。木曜および金曜で7000枚近く売り上げています。初週はV6とぶつかったことでシングルCDセールスでの首位獲得は難しく、また水曜発売ではないため同週発売の他の作品に比べて販売期間が2日少ないという不利な状況ですが、シングルCDセールスだけをみて憂うべきではない…ということは海外を見据えた展開を踏まえれば解ります(その理解を広める上で、今回のエントリーを綴った次第です)。 フィジカルを作らずとも配信で、以…

ビルボードジャパンがオリコンに取って代わるために必要な配慮

…ランキングをはじめたオリコンに対し、特に楽曲単位のランキングがシングルCDセールスとほぼ変わらないことに加え、無断複写転載禁止令を出すその態度にむしろ不信感が募った…ということは先月書きました。 『NHK紅白歌合戦』の選考基準が既にオリコンよりビルボードジャパンソングスチャート寄り(というのは明らか)ゆえ、ビルボードジャパンの認知度拡大が、ビルボードがオリコンに取って代わるために必要だというのも、以前から指摘してきたことです。そのために、世間にその名が浸透しているオリコンに学…

合算ランキングを発表しても募る不信…オリコンは誰のためにある?

…週水曜から開始されたオリコンのシングルおよびアルバムの合算ランキングについて、詳細等は一昨日のブログエントリーに掲載しました。 そこでその合算ランキングと、先んじて合算をスタートさせたビルボードジャパンソングスチャートで比較しようとしたのですが、あるツイートを読んで"これではオリコンランキングは紹介したくても積極的には出来ない"と思ってしまいました。いや、紹介してはいけないのではと思うのです。 本当だ…『■禁無断複写転載※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他…

オリコンが今週"合算ランキング"をスタート…ビルボードジャパンには真似すべき点が多数あるのです

オリコンの新たなランキングが今週スタートしました。先週月曜からの1週間を集計期間とする"合算ランキング"、その第1回目の速報が今日4時に発表されました。 SKE48、松井珠理奈の復活作が第1回合算シングルランキング1位に(写真 全2枚)https://t.co/KXRpSKB21z #SKE48 #ランキング #オリコン #新譜 #Standbyyou @ske48official — ORICON NEWS(オリコンニュース) (@oricon) December 18, …

ジャニーズ事務所所属歌手の曲、次週がデジタル解禁に至る最良のタイミング?

…グだと考えるゆえ。 オリコンは新年度から、シングルCDセールスランキングに加えデジタルダウンロードおよび有償分のストリーミングを合算したランキングを発表します。合算分初回発表は19日、そして集計対象初日は明日 https://t.co/9SSB6HaeVk個人的に、明日もしかしたらジャニーズ一斉デジタル解禁があるのではとふと — Kei / BreastKonaka (@Kei_radio) December 9, 2018 これは12月9日日曜につぶやいた内容。10日~16…

ビルボードジャパンソングスチャートは新指標加算開始、そしてチャートを制しながらも見えてきたAKB48の"弱さ"

…の乖離があるため)、オリコンでは同日付で36500枚の売上を記録している「シンデレラガール」に、その50倍前後もの売上を記録した「Teacher Teacher」が敗れるというのは唖然としてしまいます。どちらも発売日にレンタル解禁されており、タイアップの関係で「シンデレラガール」が多く借りられている(その取り込みがルックアップを押し上げている)と言えるかもしれませんが、それでもレンタル分だけでルックアップが覆るとは思えず、やはりユニークユーザー数の問題ではないかと考えずにはい…

今から20年前、米ビルボードソングスチャートが”不健全だった”という話

…ートインしない現在のオリコンを彷彿とさせ、チャートが社会の流行の鑑になっていなかった点で、またレコード会社のシングルではなく(より高価な)アルバムを買わせようとする戦略に半ば乗っかってしまった意味でも当時の米ビルボードは不健全だったのです。 これ以前にも改正はありましたが、その後もデジタルダウンロードの採り入れやこの夏からのストリーミング算出方法の変化に至るまで、ビルボードは時代に即してチャートポリシーを変更しており、現在に至るその改正に米ビルボードの前向きさを感じる自分がい…

ラジオ解説、”日米の音楽チャートの違い”に補足してみる

…? ビルボードの方がオリコンよりも。 (高橋芳朗)そうですね。 (宇多丸)オリコンだったら初週にね、たとえばあるアーティストのファンがいろんな特典とかがついていてドカンと買ってドンッ!ってなることは全然あるわけで。でも、それ以外の人は聞いてないとかはザラにあることですもんね。 1回ヒットすれば長くとどまる傾向にはあるのですが、実はアメリカでも近年、”ドカンと買って(聴いて)ドンッ!”と上位に登場しながら、”ドンッ”と急降下する流れが目立ってきています。 米ビルボード、実は最近…

King & Prince「シンデレラガール」が2018年楽曲でも屈指のチャートアクションを示した件…しかし勿体無い点が

…ちなみに、仮にデジタル全面解禁の可能性があるとすれば、この冬オリコンが複合指標に基づくランキングを用意するタイミングに合わせてではないかと睨んでいる自分がいます。) 話が事務所への方針転換の願いに変わってしまいましたが、もしも「シンデレラガール」がデジタル解禁済だったなら「ガラスを割れ!」にさらにポイントが近づいたと思われ、ゆえにビルボードジャパン年間ソングスチャートでのトップ10入りは間違いなかったと思われます。デジタル解禁について、どうか英断を下していただきたいものです。

昨日放送、ラジオでの自分持込企画【ベストヒットUS2018】曲目リスト

…ジャパンの影響によりオリコンがこの冬遂に改革を断行することにも触れることが出来ました。ヒットチャートは流行りが反映されていないのでは?という見方が少しでも変わり、また曲がさらにヒットするためにはマーケティングも重要となるだろうことを理解していただけたならば嬉しいです。 というわけで、昨日の曲目リストを下記に。 01. マルーン5 feat. カーディ・B「Girls Like You」 最新チャートにて4週連続4週目のナンバーワン。マルーン5は現在来日公演中のPJモートンを新…

明日のラジオ特集、今年の洋楽ヒットを紹介する理由

…”という問いに対し、オリコンという回答が最多かもしれません。そのオリコンはシングルCDセールスのみの単一指標に基づくランキングであり、社会的なヒットと乖離している(上位に入ったからといって歌えるとは限らない)と捉える方は少なくないでしょう。それゆえ日本の音楽チャートをイコール(現状の)オリコンと捉える限り、軽視されるように思います。その流れの中で登場したのが、ビルボードジャパンのソングスチャート。シングルCDセールスも用いながら単一指標にはせず、時代の流れに応じて指標を増やし…

最新ビルボードジャパンソングスチャートにみる、AKB48「センチメンタルトレイン」のチャートアクションの乏しさ

…ングの詳細を発表したオリコンへの2つの疑問(9月22日付)をご参照ください)。その係数取り入れ前とさほど変わらない推移となっているのが今回の「センチメンタルトレイン」であり、2017年以降のシングルでは最大の落ち込みとなっています(なお、投票シリアルナンバー付シングルにおいては投票期間の関係上翌週もシングルCDセールスが(ランク的に)急落しておらず、ゆえに前週比10%以上をキープ)。今回のシングルCDセールス指標での落ち込みは「#好きなんだ」以来ですが、その「#好きなんだ」よ…

ユーミンがサブスクリプションサービスで"全曲"解禁…しかしあの1位獲得曲が入っていません

…ースされたシングル。オリコンで首位を獲得しながら未だにCD化されていない唯一の曲とのこと。CD化切望の旨を6年前に記載しながら、現在まで音源を容易に手に入れられない状況が続いています。 冷静に考えれば、今日のサブスクリプションサービス解禁でも「今だから」が未配信なのは無理もないことでした。小田和正さんはデジタルダウンロードは解禁してもサブスクリプションは現段階でNG、財津和夫さんはデジタルダウンロード・サブスクリプション共に中途半端なカタログとなっており、コラボ相手のデジタル…

シングルCDセールス指標が強いビルボードジャパンにおいて、真のヒット曲を見極める方法とは

… 昨日は、今冬変わるオリコンランキングについて、複合指標化しても"売上ランキング"の側面が変わらず強いのでは?という疑問を記載しました。 しかしながら、自分がオリコン以上に社会の流行の鑑となっていると考えているビルボードジャパンソングスチャートについて、シングルCDセールス指標に係数という概念(上記ブログにて記載しました)が用いられたとしても、同指標の強さが大きく影響するのです。今年度(2017年11月27日以降)のビルボードジャパンソングスチャートにおける首位獲得曲を下記に…

合算ランキングの詳細を発表したオリコンへの2つの疑問

今年のはじめ、オリコンが合算ランキングの開始をアナウンスし、オリコンはもとより音楽業界の変革に注目が集まっていました。そして先月末、開始時期を今冬に延期する形ではありますが、その詳細が発表されました。 今回の合算に新たに加わったストリーミングについて、音楽ジャーナリストの柴那典氏が興味深い指摘をされています。 気になるのは、集計対象に世界最大のサービスであるSpotifyが入っていないことだ。 あくまで推測だが、これはおそらくランキングの設計において「有料会員によるストリーム…