face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

Yuka-Rhythm の検索結果:

ラジオからポーラ・コール…先週の偶然に嬉しくなる

…。青森放送時代には『Yuka-Rhythm』という洋楽番組を担当しており、『playlist』でもそのイズムが活きています。この曲、日本ではある映画のイメージが強いものの実際は映画本編に使われていないことを番組内で紹介していて、上野さんが音楽知識に長けていることも判ります。ちなみにこの映画については自分が担当するラジオ番組の関連で、この春ブログに書きました。 驚いたことに、上野さんはその流暢な英語を駅前留学で身につけたとのこと。この日の放送でリスナーからの問いに答えていました…

RAB青森放送元アナウンサー、上野由加里さんがラジオレギュラー復帰へ

…ズンに放送していた『Yuka-Rhythm』を踏襲した番組になりそうですね(独自に作成したランキングを排した形かもしれません)。 上野由加里元アナウンサーについては、RAB青森放送を退社する際にこのようなエントリーを記載しました。 (※追記の自己レスというか、結局は退社ということになりましたが。) 青森県を離れるということを知り、ラジオに、いや業界自体に戻ってくる可能性は高くないのではと思っていたゆえ、青森県ではないにせよラジオに戻ってくるのは嬉しい限りです。上記エントリーが…

上野由加里元アナウンサーが青森放送所属として今週末イベントに登場…?

…洋楽専門ラジオ番組『Yuka-Rhythm』の復活も有り得るかもしれません。アナウンサー部署に所属しながらもアナウンス業務を表立って行わない場合は若干のスキルダウンも否めませんが、とはいえ上野さんならきっと大丈夫なのではないかと勝手ながら期待しています。 尤も、本当に司会をするのか、実際に青森放送所属なのか(単にドラッグストアショーのチラシの誤植なのか?)は行って、そして直接聞いてみないと分かりません。自分はさすがに聞く環境にはないのですが…どなたかに解明をお願いしたいところ…

(追記あり) RAB青森放送、上野由加里アナウンサーへの感謝

…ンのレギュラー番組『Yuka-Rhythm』(RABラジオ 火曜21時30分)最終回にて、次のシーズンに再開する旨の発表がなかったこともあり、しばらくは放送業界自体から離れるだろうとみていますが、上野由加里アナウンサーの技量や性格の良さがあれば、仮に首都圏に移ることになったとして、首都圏ラジオ局でもいけるのではないか...とかなり本気で思っています。最終的には本人の意志に委ねられますが、それこそ良質なラジオDJ事務所であるFM BIRDなどが本気で獲ることを検討してもいいので…

RABラジオの帯ゾーニング、曜日毎の分断に違和感を抱く

…リーでRABラジオ『Yuka-Rhythm』の昨秋からの30分化を嘆いたのは、番組自体の縮小もさることながら曜日によって30分番組と1時間番組とが混在し、リスナーを混乱させかねないと考えたゆえのことでした。 さて、帯ゾーニングについてはもうひとつ、触れなければならないことがあります。それは帯番組において、DJ(RABラジオではパーソナリティと呼んでいますので以下その表記とします)が統一されていないということ。実際にそのような番組は東京等大都市圏のラジオ局でも多数存在しますが、…

RABラジオの良質洋楽番組がこの秋の改編で時間半減という事態に

…アナウンサー担当の『Yuka-Rhythm』が30分に時間が半減となってしまったのです。これまでこの番組を高く評価した身には、本当に残念に思います。 これまで21時台を担当していた各アナウンサーは若手グループと言うべき2005年~2013年入社組。そこに2014年入社の吉崎アナウンサー、2015年入社の猪俣アナウンサーが加わった形ですが、とはいえ全ての若手が揃っているわけではなく、2013年入社の上野比呂企アナウンサーは含まれていません(上野比呂企アナウンサーは土曜18時05…

RAB上野アナ、NNSアナウンス大賞ラジオ部門大賞受賞

…当する洋楽専門番組『Yuka-Rhythm』(RABラジオ 毎週火曜21時 HP更新されていないのが残念…)での在京ラジオ局に引けをとらない巧さ(音楽知識、イントロ乗せなどの曲紹介、曲を切るもしくはBGMに切り替えるタイミングの巧さ等)やニュース原稿読みの格好良さ(これは先輩で平日夕方のローカルニュース枠を独走するテレビ版『RABニュースレーダー』のアンカー、秋山博子アナウンサーのスタイルに近い)を聴けばその例えに納得なのですが、だからといってスキがないというわけでは全くなく…

上野アナの音世界が気になる

…一”の洋楽専門番組『Yuka-Rhythm』を担当していて、(少し癖強いかな?と思いつつも)英語も流暢でイントロ乗せもほぼ完璧ゆえ、上野アナの洋楽好みが反映されればいいなあとうっすらと期待はしてたのですが。まさかのR&B推しで、それも(春ではありますが)15年ぶりの復帰作をリリースしたSWVをチョイスするとは、嬉しい驚きでした。ああ、きちんと番組の差別化も図れてるし、特に90年代の洋楽好きには堪らない選曲をしてるなあと。上野アナのCDライブラリーがものすごく気になります。 (…