face it

チャート愛好家。ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

音楽チャートの戦略

LiSA「炎」が完勝、3万を超えるポイントは誇るべき内容…10月26日付ビルボードジャパンソングスチャートを掘り下げる

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 10月12~18日を集計期間とする10月26日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)、前週からこのブログで予想した通りLiSA「炎」がトップに立ちました。そしてそのポ…

LiSA「炎」は首位獲得が確実に…チャートアクション最大化に繋げる施策をまとめる

明後日発表される10月26日付ビルボードジャパンソングスチャートは、LiSA「炎」の首位獲得が確実と言えます。 「炎」は、16日金曜に公開された映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌であり、公開館やスクリーン数の多さ、各映画館の公開スケジュール…

フリートウッド・マック「Dreams」がリバイバルヒット…日本でも同様のヒットが生まれるために必要なこととは

今週発表された10月17日付米ビルボードソングスチャートでは、21位にフリートウッド・マック「Dreams」が再登場を果たしています。 TikTokで再熱のフリートウッド・マック「ドリームス」、全米“Hot 100”に復帰 1977年以来初 https://t.co/peq5scv5ND pic.twi…

back number「エメラルド」、LiSA「炎」が本日解禁…月曜解禁には大きな意味があった

来週水曜に発表される10月26日付ビルボードジャパンソングスチャートが今から楽しみで仕方ありません。というのも、上位登場が確実な2曲が本日解禁されたのです。 10/12(月)back number新曲「エメラルド」配信リリース決定!!本日21時からスタートするTBS系…

最新米チャートを制したトラヴィス・スコット「Franchise」が早くもリミックスを投入した理由

今週発表された10月10日付米ビルボードソングスチャートで初登場首位を達成したのはトラヴィス・スコット feat. ヤング・サグ & M.I.A.「Franchise」でした。1年以内に3曲もの首位初登場を成し遂げたのはトラヴィス・スコットが初であり、勢いの凄さを感じ…

藤井風『HELP EVER HURT NEVER』のロングヒットはテレビ番組の影響だけにあらず

藤井風さんのアルバム、『HELP EVER HURT NEVER』が依然として好調です。YouTubeで注目を集め、「何なんw」や「もうええわ」といった興味を惹くタイトルでも認知度を高めていきましたが、それら先行曲を収録したアルバム『HELP EVER HURT NEVER』は、CD初加…

10月12日付ビルボードジャパンアルバムチャートで丸一年ランクインを達成したOfficial髭男dism『Traveler』から見えてくるものとは

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 9月28日~10月4日を集計期間とする10月12日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)、初週のシングルCDセールス加算に伴いHey! Say! JUMP「Your Song」が制しました…

サブスク興隆が数年前のアルバムの新装盤リリースを招いている? 個人的に疑問視する理由とは

アルバムの新装盤といえば、十数年から数十年前に登場した作品を高音質化した上でボーナストラックや映像盤を追加したものというイメージがあります。たとえば最近リリースがアナウンスされた渡辺美里『tokyo』30周年盤(11月25日発売)はその詳細が未定ながら…

嵐「Whenever You Call」、様々な施策がチャートアクション最大化につながっていく

嵐が昨日リリースした新曲、「Whenever You Call」が素晴らしいですね。 楽曲が公開されると音楽関係者を中心に絶賛の声が寄せられています。 嵐の新曲、凄く良い。本当にDマイルの関与がキモだと思う。ブルーノ・マーズ+Dマイルといえばチャーリー・ウィル…

米ビルボードソングスチャートを制する可能性が高いBTS「Dynamite」、さらに翌週も好位置を目指した戦略を実施…キーワードは親しみやすさ?

日本時間の明後日発表される9月5日付米ビルボードソングスチャートにおいて、8月21日金曜にリリースされたBTS「Dynamite」が初登場で首位に立つ可能性が高まりました。チャート予想者が複数、今回の首位の可能性を示唆しているのです。あくまで予想段階では…

BTS「Dynamite」は様々な変化や施策を伴い米ビルボードソングスチャート首位を狙える位置に来ている

BTSが9月5日付米ビルボードソングスチャート(日本時間の9月1日火曜早朝発表予定)を制する可能性が出てきました。 .@bts_bighit “Dynamite” is predicted to debut at Number 1 on Hot 100. — Billboard Hot 100: Projections, Predictions, Sales (@Predicti…

テイラー・スウィフト、アルバムのみならずソングスチャートでも初登場首位は確実?「Cardigan」における2つの戦略とは

7月24日金曜に突如リリースされたテイラー・スウィフト8枚目のオリジナルアルバム『Folklore』が好調です。すでにイギリスでは1位を獲得し、日本時間で明日早朝に発表予定の米ビルボードでも首位発進が確実視されています。 全英アルバム・チャート、テイラ…

平成を代表する曲が映画化されるタイミングで、中島みゆき「糸」がチャートを上昇するために必要なことを考える

8月21日に公開される映画『糸』。この作品で主演を務める菅田将暉さんによる、石崎ひゅーいさんとタッグを組んだエンディングテーマが17日金曜に解禁されました。 「糸」は中島みゆきさんのカバー曲。オリジナルは1992年のアルバム『EAST ASIA』に収められた…

SixTONESのラジオ特番発表から感じる、ジャニーズ事務所所属歌手のシングルCD販売戦略の現状

昨日noteにて、BTSを取り上げました。 海外のiTunes Storeでも日本オリジナル曲は好調ですが、K-Popアクトは韓国語曲に比べて日本オリジナル曲ではJ-Popライクなメロディや尺の長さの点に特徴があり、日本オリジナル曲への海外の反応が気になるところです。 …

最新チャートにおけるデラックスエディション商法やバンドルのカウントの仕方について、米ビルボードの意見を求めたい

最新5月23日付米ビルボードアルバムチャートが発表されました。 Congrats to @beatsbynav! https://t.co/5aOujfyi6b — billboard (@billboard) 2020年5月17日 カナダのラッパー、ナヴによる『Good Intentions』が首位に輝いたのですが、集計期間初日にあたる…

浜崎あゆみのコンテスト開催で注目、米のチャート戦略にも欠かせない"リミックス"を日本で広めるべき理由

リミキサー界隈がにわかに盛り上がっています。 浜崎あゆみ100曲のアカペラ音源を無料公開、リミックスコンテスト開始https://t.co/DLKuC5kFF9 pic.twitter.com/nLuHj9u9EU — 音楽ナタリー (@natalie_mu) 2020年5月11日 現在、彼女の告白を基とする小説をベ…

次週の米ビルボードソングスチャート、首位の座に就くのはミーガン・ジー・スタリオンかドージャ・キャットか? 首位獲得を目指す両者の戦略とは

次回の米ビルボードソングスチャートでは、ドレイクが5月1日にリリースしたミックステープ『Dark Lane Demo Tapes』がアルバムチャートで初登場することから、収録曲がソングスチャートでも大挙エントリーを果たすことは間違いありません。しかしそのドレイ…

複合指標のビルボードジャパンソングスチャートにおけるAKB48の弱さ/乃木坂46の強さを、シングルCD以外から検証する

今週水曜に発表された、最新3月30日付ビルボードジャパンソングスチャートではAKB48「失恋、ありがとう」が首位を獲得しました。一昨日のブログでも紹介しています。 一方、今週シングルCDをリリースした乃木坂46「しあわせの保護色」は、次週4月6日付の首位…

シングルCDセールスが目立つ歌手の弱点とは?ロングヒットに至らせるための方法を考える

一昨日発表された、3月23日付ビルボードジャパンソングスチャート。Official髭男dism「I LOVE...」の勢いの凄まじさについては昨日触れました。 そしてこの勢いは、ビルボードジャパン以外の媒体でも伝えられています。 Official髭男dism「I LOVE…」が新たな…

アメリカ、”デラックス・エディション”の新たな策は浸透してしまうのか?

3月6日にリリースされたリル・ウージー・ヴァートの2枚目のアルバム『Eternal Atake』が絶好調。日本時間の今朝発表された、最新3月21日付米ビルボードアルバムチャートで初登場首位を獲得しました。 Lil Uzi Vert's latest tops the chart *and* secures th…

日本で流行しはじめた新しいバージョンの投入策…ビルボードジャパンのチャートポリシー変更を今こそ願う

一昨日発表された、最新2月17日付ビルボードジャパンソングスチャート。13位にはザ・チェインスモーカーズ feat. 新田真剣佑「Closer」が初登場を果たしました。同日付チャートはこちらに。 指標毎にみると最も順位が高いのはダウンロードの7位。動画は1分半…

米バイラルチャートを制したアント・サンダース「Yellow Hearts」、代表曲が生まれ変わった加藤ミリヤ「SAYONARAベイベー feat. SKY-HI」…男女の掛け合いがチャートを盛り上げる

男女の恋愛には感情の一方通行がつきもの。好意を抱かれたと勘違いする男性、別れたくても別れられない女性。そんな情景を描いた作品が日米で話題になりつつあります。 SpotifyやTikTokといった新たなメディアの興隆が新しいヒットの形を築き、実績を上げた…

星野源新EP『Same Thing』、日本と世界を共に見据えたリリースタイミング

今朝、驚きのニュースが飛び込んできました。 『Pop Virus』(2018)以降の音楽観がどうなるか気になっていたのですが、スーパーオーガニズムとのコラボレーションとは!と、いい意味で驚かされます。EPにはその表題曲の他、PUNPEEとの「さらしもの」、そして…

米ビルボードソングスチャートの新たな仕掛けはK-POPとのコラボレーションにあり

リゾ「Truth Hurts」が新しいチャート上の”仕掛け”を用意してきました。 仕掛けとは、米ビルボードソングスチャートを押し上げるべく追加投入される、新たなミュージックビデオやリミックスのこと。以前からこのチャートではよく見られていたことですが、な…