face it

チャート愛好家。ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

音楽業界への提案

2020年度ビルボードジャパンソングスチャートを”定点観測”…特筆すべきこととは

2020年度のビルボードジャパン各種チャート発表をちょうど1週間後に控えた今日は、ソングスチャートを様々な面から定点観測してみます。 今年は新型コロナウィルスに伴う緊急事態宣言の影響で、CDショップ等の自粛やCDリリースの延期もしくは中止という事態…

動画、カラオケ…ジャニーズ曲の接触指標群からみえてくる、ライト層獲得への疑問

毎週木曜はその前日に発表されたビルボードジャパンソングスチャートについて注目点を紹介しています。最新11月16日付においては、最後にこのようなことを書きました。 ちなみに「NOT FOUND」においては今週、動画再生指標が2週ぶりに300位以内に復活。同指…

ビルボードジャパンソングスチャート首位獲得一覧から見える、LiSA「炎」の凄さ

最新11月9日付ビルボードジャパンソングスチャートにおけるLiSA「炎」の勢いについて、首位獲得曲の一覧表を作成した上でその凄さを紹介しました。 今回はその表をアレンジした上で、この4年の首位獲得曲を年度別にまとめたものを掲載。2017年度以降としたの…

フィジカルとデジタルを共に充実させることが、最良のチャートアクションにも満足度上昇にもつながる

LiSA「炎」が米ビルボードによる2つのグローバルチャートでトップ10入りしたことはこのブログでも紹介しましたが、ビルボードジャパンでも米ビルボードの記事を翻訳して掲載。テレビ報道も少しながら確認でき、その凄さが少しずつ伝わっていると感じます LiS…

「炎」はCDセールス加算2週目でポイント前週超え…LiSAの勢いが凄まじい11月2日付ビルボードジャパンソングスチャートを掘り下げる

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 10月19~25日を集計期間とする11月2日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)、前週初の頂点に立ったLiSA「炎」が連覇を達成しました。シングルCDセールス加算2週…

LiSA「炎」の快進撃が期待できる "グローバルチャート"とは何か、まとめました

日本の方にも少しずつ、グローバルチャートの存在が浸透していると感じています。 .@LiSA_OLiVE leads debuts on Billboard's global charts. 🏆 https://t.co/vveMRPwzbT pic.twitter.com/n1qvuMpy42 — billboard (@billboard) 2020年10月23日 日本時間の24日…

(追記あり) LiSA「炎」が完勝、3万を超えるポイントは誇るべき内容…10月26日付ビルボードジャパンソングスチャートを掘り下げる

※追記(10月23日21時54分):10月26日付ビルボードジャパンソングスチャートにおけるストリーミング指標の記事を掲載し忘れていたため、貼付しました。 毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 10月12~18日を集計期…

LiSA「炎」は首位獲得が確実に…チャートアクション最大化に繋げる施策をまとめる

明後日発表される10月26日付ビルボードジャパンソングスチャートは、LiSA「炎」の首位獲得が確実と言えます。 「炎」は、16日金曜に公開された映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌であり、公開館やスクリーン数の多さ、各映画館の公開スケジュール…

フリートウッド・マック「Dreams」がリバイバルヒット…日本でも同様のヒットが生まれるために必要なこととは

今週発表された10月17日付米ビルボードソングスチャートでは、21位にフリートウッド・マック「Dreams」が再登場を果たしています。 TikTokで再熱のフリートウッド・マック「ドリームス」、全米“Hot 100”に復帰 1977年以来初 https://t.co/peq5scv5ND pic.twi…

次週のビルボードジャパンソングスチャート、LiSA「炎」は首位なるか? 注目する理由は動画のフルバージョン公開に有り

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 10月5~11日を集計期間とする10月19日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)、初週のシングルCDセールスが圧倒的だったSnow Man「KISSIN' MY LIPS」が首位に立ち…

藤井風『HELP EVER HURT NEVER』のロングヒットはテレビ番組の影響だけにあらず

藤井風さんのアルバム、『HELP EVER HURT NEVER』が依然として好調です。YouTubeで注目を集め、「何なんw」や「もうええわ」といった興味を惹くタイトルでも認知度を高めていきましたが、それら先行曲を収録したアルバム『HELP EVER HURT NEVER』は、CD初加…

10月12日付ビルボードジャパンアルバムチャートで丸一年ランクインを達成したOfficial髭男dism『Traveler』から見えてくるものとは

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 9月28日~10月4日を集計期間とする10月12日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)、初週のシングルCDセールス加算に伴いHey! Say! JUMP「Your Song」が制しました…

米ビルボードが先月新設したグローバルチャートから見えてきたこと…日本人歌手が存在感を示すにはどうすべきか?

米ビルボードが先月新設した2つのグローバルチャート、最新10月10日付からいくつか見えてきたものがあります。チャート初掲載時にその特徴等を記載しましたが(米ビルボードが新設した2つのグローバルチャートの特徴とは? ビルボードジャパンや日本の音楽業…

歌詞よりメロディ派の人間にとってSpotifyの歌詞表示機能は有り難いということ、そして日本人歌手の活用を願うということ

自分はメロディ派の人間です…といきなりの宣言でアレですが、これは『たまむすび』(TBSラジオ 月-金曜13時)の月曜コーナーにおける『歌詞が頭に入ってこない!自分と同じような人いますか?』というリスナーの方からの調査依頼についての自分の立ち位置。 【…

BTS「Dynamite」がストリーミング首位返り咲き、あいみょん「裸の心」が最高ポイント更新…9月28日付ビルボードジャパンソングスチャートに如実に表れたテレビの音楽番組効果

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 9月14~20日を集計期間とする9月28日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)、Kis-My-Ft2「ENDLESS SUMMER」がシングルCDセールス初加算に伴い首位を獲得しました…

9月21日付ビルボードジャパンソングスチャートでも目立つアイドル曲急落の理由とは、そしてNiziU「Make you happy」再燃から今後のヒントを探る

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 9月7~13日を集計期間とする9月21日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)はYOASOBI「夜に駆ける」が8週ぶり、通算5週目の首位を獲得しました。 【ビルボード】YO…

"Get Wild退勤"トレンド入りで「Get Wild」がヒットする予感…しかし勢いにブレーキをかけかねない指標が存在する

先週末に突如トレンド入りを果たした"Get Wild退勤"は音楽業界に大きなインパクトを与えていきそうです。 友達から退勤する時にドアを開けると同時にGet Wildを聴く「Get Wild退勤」を教えてもらって試したらマジでめちゃくちゃ良い仕事した気持ちになるし何…

『THE MUSIC DAY』に10組出演するジャニーズ事務所所属歌手、6月以降のチャート動向を確認しテレビ出演をより反映させるためのポイントを考える

一昨日の『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ 月-金曜18時)に森崎ウィンさんが出演しました。 この投稿をInstagramで見る オンエア写真集(2020/9/10) #utamaru #宇多丸 #宇内梨沙 #森崎ウィン #レディ・プレイヤー1 #レディプレ #Group2 #藤村シ…

シングルCDセールスが強い曲が上位進出しながらさらなる加点に至れなかった理由を考える…8月31日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 8月17~23日を集計期間とする8月31日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。前週首位のTwenty★Twenty「smile」は13位に後退し、同ユニットにも参加する関ジャニ∞…

米津玄師サブスク解禁、Official髭男dism"ヒゲダンフェス"の影響が総合ポイントの底上げに…8月24日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 8月10~16日を集計期間とする8月24日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)は、Twenty★Twenty「smile」がシングルCDセールス初加算に伴い、前週の100位圏外からト…

今月リリースされた良質なリミックス3選、そしてあらためて日本市場のリミックス文化拡大を願う

毎月【私的トップ10ソングス+α】なる企画を行い、1ヶ月間にリリースされた作品の中で特に好きなものを洋楽邦楽問わず取り上げています。今月も良作が多く選出や順位付けで既に迷っているのですが、そんな今月はいつも以上に良質なリミックスが多くリリース…

YOASOBI「夜に駆ける」の大台突破、米津玄師の大量エントリーによるポイント底上げ…8月17日付ビルボードジャパンソングスチャートは今後のデジタルの分岐点になるか

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 8月3~9日を集計期間とする8月17日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)は、Sexy Zone「RUN」が前作を大きく上回るポイントを獲得し首位に立ちました。 【ビルボ…

サブスク解禁した米津玄師、そのインパクトの大きさをSpotifyで確認する

8月5日、アルバム『STRAY SHEEP』のリリース日に米津玄師さんがほぼ全ての作品を、ハチ名義を含めサブスク解禁しました。 結果的に、今日発表となる8月17日付ビルボードジャパンソングスチャート(集計期間:8月3~9日)では、Sexy Zone「RUN」がここ3作を大き…

米津玄師が遂にサブスク解禁、ビルボードジャパンソングスチャートへの影響はどうなる

この2週間ほどでリリースされた作品や話題の音楽トピックを踏まえて関連作品を聴こうとしても、サブスクにないため手軽に接することができないという事態が多く発生しています。というわけで、解禁祈願の意味を込めて掲載するエントリーを前日まとめ、今日ア…

『ミュージックステーション』における曲の短尺化の理由とは、そしてフルバージョンにこだわる『CDTVライブ!ライブ!』で行ってほしいこと

この春からはじまった『CDTVライブ!ライブ!』(TBS 月曜22時)が基本的にフルバージョンでのOAに徹することで、長年夜の音楽番組を牽引してきた『ミュージックステーション』(テレビ朝日 金曜21時)のショートバージョン化が悪い意味で際立ってしまったと思う…

三浦春馬「Night Diver」は曲自体もさることながら、寄付という行動にも素晴らしさを感じる

あまりにも素晴らしかったので紹介します。 #三浦春馬「#NightDiver」…歌詞を深読みすべきではないと分かっていながら、深く刺さってしまうのです。そしてこの曲の更なるキモは現行のEDM的ポップスを下地にしながらサビで3連メロディになること。新鮮、そし…

CD未リリース曲が上位を占めた7月27日付ビルボードジャパンソングスチャート、TWICEの日本オリジナル曲の動向からみえてくるものとは

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 7月13~19日を集計期間とする7月27日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)は、YOASOBI「夜に駆ける」が6週ぶりに首位に返り咲きました。 【ビルボード】YOASOBI …

平成を代表する曲が映画化されるタイミングで、中島みゆき「糸」がチャートを上昇するために必要なことを考える

8月21日に公開される映画『糸』。この作品で主演を務める菅田将暉さんによる、石崎ひゅーいさんとタッグを組んだエンディングテーマが17日金曜に解禁されました。 「糸」は中島みゆきさんのカバー曲。オリジナルは1992年のアルバム『EAST ASIA』に収められた…

ジャニーズ事務所所属歌手のシングルCD表題曲、チャートの急落度が大きくなっている理由を内外の要因から考える

最近はジャニーズ事務所所属歌手について書く機会が増えています。同事務所をメインにしたブログエントリーはこの1ヶ月で実に6回。彼らの曲には好きなものも多く、たとえばKinKi Kids「KANZAI BOYA」は上半期邦楽ベストのひとつに選んだほど。それゆえもっと…

米津玄師「感電」が首位に肉薄、瑛人「香水」がカラオケ急上昇…ハイレベルな戦いとなった7月20日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 7月6~12日を集計期間とする7月20日付ビルボードジャパンソングスチャートは、TWICE「Fanfare」が前週から11ランクアップし首位の座に就きました。2位までが2万ポイント、6…