face it

チャート愛好家。ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

ダベイビー feat. ロディ・リッチ「Rockstar」が2連覇達成…6月20日付米ビルボードソングスチャートをチェック

ビルボードのソングスチャートをチェック。現地時間の6月15日月曜に発表された6月20日付最新ソングスチャート、前週初の首位に立ったダベイビー feat. ロディ・リッチ「Rockstar」が連覇を達成しました。

前週まで6週連続で首位が入れ替わり、その全てが初の首位を獲得していた状況から一転、ようやく落ち着いたと言えるチャートに。「Rockstar」はストリーミングで前週比3%アップの3570万を獲得し同指標4週目の首位を獲得。ダウンロードは同10%アップの12000(同指標3位)、ラジオエアプレイは同30%アップの2610万(同指標26位)となり、チャートを構成する3つの指標全てが上昇しています。

他方2位をキープしたミーガン・ジー・スタリオン feat. ビヨンセ「Savage」はストリーミングが前週比2%ダウンの2590万(同指標2位)、ダウンロードが同9%ダウンの12000(同指標1位)、ラジオエアプレイが同1%未満上昇し5380万(同指標6位)と、勢いに陰りが出てきています。なおラジオエアプレイ指標を制したのは今週もザ・ウィークエンド「Blinding Lights」(総合3位)で、同指標1%ダウンしたものの7520万を獲得し同指標10週目の制覇となりました。

ジャスティン・ビーバー feat. クエイヴォ「Intentions」が3ランクアップし5位に到達。ストリーミングは前週比2%アップの1300万(同指標17位)、ダウンロードは同7%アップの7000(同指標10位)、ラジオエアプレイは同5%アップの6060万(同指標3位)と全指標が上昇しています。ジャスティンにとって、今年に入ってからは4曲目のトップ5ヒットとなり、また「Baby」が2010年2月6日付で5位を記録して以来、10年強で16曲ものトップ5ヒットを輩出。この10年での5位以内獲得曲数ではドレイクに並びトップとなっています(次いでブルーノ・マーズおよびリアーナの15曲)。一方のクエイヴォにとってはソロとして3曲目のトップ5入りを獲得(いずれもDJキャレドの作品に、ジャスティン共々フィーチャーされた「I'm The One」(2017 1位)および「No Brainer」(2018 5位))。所属するヒップホップアクト、ミーゴスとしてはリル・ウージー・ヴァートを迎えた「Bad And Boujee」が2017年に首位を獲得しています。

TikTokのムーブメントでチャートを上昇し、フューチャーをフィーチャーした新バージョンの投入で前週初のトップ10入りを果たしたセイント・ジョン「Roses」が3ランクアップの7位に。ダウンロードは前週比23%アップの9000を獲得しています。

 

最新のトップ10はこちら。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#Hot100 (chart dated June 20, 2020)

Billboard Charts(@billboardcharts)がシェアした投稿 -

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (1位) ダベイビー feat. ロディ・リッチ「Rockstar」

2位 (2位) ミーガン・ジー・スタリオン feat. ビヨンセ「Savage」

3位 (3位) ザ・ウィークエンド「Blinding Lights」

4位 (4位) ドージャ・キャット「Say So」

5位 (8位) ジャスティン・ビーバー feat. クエイヴォ「Intentions」

6位 (6位) ドレイク「Toosie Slide」

7位 (10位) セイント・ジョン「Roses」 

8位 (7位) デュア・リパ「Don't Start Now」

9位 (9位) ロディ・リッチ「The Box」

10位 (5位) レディー・ガガアリアナ・グランデ「Rain On Me」

レディー・ガガアリアナ・グランデ「Rain On Me」は10位に後退。ダウンロード指標を伸ばすフィジカル施策で2週前に首位に初登場を果たし、前週はガガのアルバム『Chromatica』初登場週のタイミングゆえストリーミングはダウンしながらも幾分キープ出来ていたものと思われます。ここにきてラジオエアプレイが伸び、前週比38%アップの2420万を獲得。ラジオエアプレイがダウンロードを補完し、ストリーミングがキープ出来ればロングヒットもあり得るかもしれません。

 

さて次週は「Rockstar」の3週目の首位獲得なるかに注目。ライバルはシックスナイン & ニッキー・ミナージュ「Trollz」と思われますが、シックスナインの素行の問題を踏まえればラジオエアプレイの拒否が続くかもしれません(今年「Gooba」が首位になれなかった要因はラジオ局の拒否にもあっただろうという私見を以前掲載しています→こちら)。他方、ダベイビー feat. ロディ・リッチ「Rockstar」は「Trollz」がリリースされたのと同じ6月12日に同曲のBLMリミックスを配信。BLMとはBlack Lives Matter(運動)を指し、黒人への人種差別が続くアメリカの現状を、ダベイビーがリリックを変えて訴えた形となっています。

リミックスも合算対象となる米ビルボードソングスチャート、次週はどうなるのか目が離せません。