face it

チャート愛好家。ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

ダベイビーが6位以内に3曲ランクイン…7月18日付米ビルボードソングスチャートをチェック

ビルボードのソングスチャートをチェック。現地時間の7月13日月曜に発表された7月18日付最新ソングスチャート、ダベイビー feat. ロディ・リッチ「Rockstar」が通算5週目の首位を獲得しました。

sutori

ストリーミングは前週比3%ダウンの4240万となり同指標8週目の首位、ダウンロードは同16%ダウンの13000(同指標2位)。デジタル2指標がダウンする一方、ラジオエアプレイは同17%アップの5420万となり同指標5位に上昇しました。

「Rockstar」は5週目の首位となり今年の首位獲得週数で単独2位に。ロディ・リッチ「The Box」(11週)の半分未満ですが、前週並んだザ・ウィークエンド「Blinding Lights」(4週)を抜きました。その「Blinding Lights」はラジオエアプレイが未だ好調で、総合でも今週2位に浮上。

ラジオエアプレイは前週とほぼ変わらず7730万を獲得。これでラジオエアプレイは14週連続の首位となり、ラジオエアプレイチャートが1990年12月に始まって以降、首位獲得週数で歴代5位タイとなりました。22年前に最長不倒記録を成し遂げたグー・グー・ドールズ「Iris」まで、あと4週です。

 

今週6位に初登場を果たしたのは、ポップ・スモーク feat. リル・ベイビー & ダベイビー「For The Night」。ストリーミングは2760万を獲得し同指標2位、ダウンロードは5000となり同指標18位に登場しています。

今年2月19日に射殺され(享年20歳)、死後のリリースとなったポップ・スモークのアルバム『Shoot For The Stars Aim For The Moon』は今週のアルバムチャートを制覇、また収録された19曲全てが今週のソングスチャート100位以内に登場しました。なお、犯人5名は7月9日に逮捕されています。

「For The Night」への客演参加により、ダベイビーは上位6曲中3曲に登場(3位にはジャック・ハーロウ feat. ダベイビー、トリー・レーンズ & リル・ウェイン「Whats Poppin」がランクイン)。ビルボードソングスチャート62年の歴史の中で6位以内に3曲以上を送り込んだのはザ・ビートルズ(1964 9週)、50セント(2005 7週)、ドレイク(2018 6週)、ジャスティン・ビーバー(2015-2016 5週)、アリアナ・グランデ(2019 1週)、アッシャー(2004 1週)に次いで7組目となり、ダベイビーの勢いの凄さが理解できます。

 

最新のトップ10はこちら。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

#Hot100 (chart dated July 18, 2020)

Billboard Charts(@billboardcharts)がシェアした投稿 -

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (1位) ダベイビー feat. ロディ・リッチ「Rockstar」

2位 (3位) ザ・ウィークエンド「Blinding Lights」

3位 (2位) ジャック・ハーロウ feat. ダベイビー、トリー・レーンズ & リル・ウェイン「Whats Poppin」

4位 (4位) ミーガン・ジー・スタリオン feat. ビヨンセ「Savage」

5位 (5位) セイント・ジョン「Roses」 

6位 (初登場) ポップ・スモーク feat. リル・ベイビー & ダベイビー「For The Night」

7位 (8位) ハリー・スタイルズ「Watermelon Sugar」

8位 (9位) リル・モジー「Blueberry Faygo」

9位 (6位) ドージャ・キャット「Say So」

10位 (7位) ジャスティン・ビーバー feat. クエイヴォ「Intentions」

 

さて次週は、ジュース・ワールドの遺作となる『Legends Never Die』がアルバムチャートを制する見込みです。

この勢いがソングスチャートにどこまで波及するのか、注目しましょう。