face it

チャート愛好家。ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

少年隊のオールタイムベストアルバムが遂に発売されることに

切望していたベストアルバムの登場は、驚きの発表と共に行われました。

その功績を讃え少年隊の名は残すものの、退所後の3人での活動はないのは残念です。一方で、このタイミングでしかオールタイムベストアルバムはリリースされなかったのだろうとも、悲しいながらも思い至った次第。ベストアルバムの切望についてはこのブログで何度か言及していました。

『少年隊 35th Anniversary BEST』はCD3枚組の通常盤と、CD5枚組+DVD7枚組の完全受注生産限定盤(通信販売限定)とに分かれ、その内容は上記記事、ならびに少年隊のディスコグラフィーに掲載。しかし通常盤のディスク3は完全受注生産限定盤には全て未収録という状況です(「星屑のスパンコール」は、完全受注生産限定盤では「星屑のスパンコール 2020 (New Vocal)」の形で収録はされますが)。この通常盤と完全受注生産限定盤の双方を手にしないと音源が揃わないという状況は、少年隊のデビュー曲「仮面舞踏会」(1985)で既に行われたことではあるため(この点については、たとえばこちらが分かりやすいかもしれません)、ベストアルバムの収録内容等も含めファンの方に伺ってみたいという思いがあります。

 

「仮面舞踏会」のB面に収録され、後に嵐がカバーした「日本よいとこ摩訶不思議」や、「じれったいね」(1988)のアレンジ違いとなる「続・じれったいね (海外版)」が未収録なのは残念ですが、音源は手に入れたいと思っています。そして、できれば最後に3人としての姿を見たかったと思うのは自分だけではないでしょう。