face it

チャート愛好家。ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

LiSA「炎」は世界のチャートトップ10に入る可能性も? 次週の動向を注視せよ

今日発表されるビルボードジャパンソングスチャートではLiSA「炎」の首位獲得は確実…そのことはこの1週間強で幾度となく記載していますが、注目すべきはその翌週以降の数値でもあるのです。そう考える理由を、ふたつのチャートを用いて紹介します。

 

 

まずはサブスク再生回数の動向。LINE MUSICに比べてチャートの駆け上がりが遅いSpotifyで、「炎」は急上昇を続けています。

この日本におけるSpotifyのデイリー再生回数、通常は平日より土曜、土曜より日曜の再生回数が多く、週末の金曜は他の平日より下がるというのが一般的な流れですが、LiSA「炎」は金曜以降大きな伸びを示しています。

さらに10月19日月曜は前日から3万以上伸ばし、同曲初の26万台に突入。

f:id:face_urbansoul:20201021053436j:plain

赤い折れ線で示したのがLiSA「炎」ですが、この急上昇はとんでもないことです。いや、濃い青で示した米津玄師「感電」こそより急勾配で上昇しているのですが、こちらは曲の発表直後ではなくアルバム『STRAY SHEEP』リリースタイミングでの解禁(Spotifyの日付の区切りの関係上、前日にもランクイン)であり、かなり認知度が高い状態で解禁したため。「炎」はその「感電」並のペースで上昇していると考えれば、その勢いの凄まじさが解るはずです。

 

 

そしてさらなる注目は、米ビルボードが先月新設したグローバルチャート、最新10月24日付における高位置での初登場。

2種類のグローバルチャートについての特徴は以下に。

このチャートにおいては以前、嵐「Whenever You Call」がGlobal 200で51位、Global Excl. U.S.では17位に初登場しており、LiSA「炎」は「Whenever You Call」に次ぐ順位となっています(Global 200においてはYOASOBI「夜に駆ける」の最高位に並んでいます)。「Whenever You Call」は翌週、両チャートにおいて少なくとも100位以内からは姿を消しましたが、一方の「炎」はさらなる上昇が予想できるのです。

その理由は、このチャートが木曜までのデータに伴うため。次週(日本時間の10月27日に発表される10月31日付)の集計期間は日本における映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開日が初日となるのですが、映画は公開日からの3日間で興行収入が46億円を突破する大ヒットを記録しています。

この盛り上がりはSpotifyデイリー再生回数の大幅な伸びに大きく反映され、月曜はこの記録がアナウンスされたことで尚の事再生回数が伸びたものと思われます。昨日昼には「炎」のミュージックビデオが1000万回再生を突破。映画熱はこれら接触指標群のみならず、所有指標(特にダウンロード)にも反映されていくことでしょう。

 

LiSA「炎」の急激な伸びは、社会現象化した『鬼滅の刃』の影響によるものもあれど、LiSAさんサイドがこの「炎」およびアルバム『LEO-NiNE』リリース週に様々な訴求を行ったことが間違いなく反映されているはずです。

映画のヒットのみならず作品の訴求を徹底させたことが、米ビルボードグローバルチャートにおける次週のさらなる上昇につながるというのが私見。とはいえ、Global Excl. U.S.でトップ10を狙えるのではという考えは早計かもしれません。「炎」はほぼ日本のみでヒットしており、「炎」のみならず日本人歌手の曲が世界中でヒットする曲と対峙するのは厳しい状況です。しかし、10月24日付Global Excl. U.S.で首位を獲得したBTS「Dynamite」はストリーミングが6230万そしてダウンロードが12000であり、日本では未だ諸外国よりダウンロードが高いことを踏まえれば、ストリーミングの高くなさをダウンロードが補う形で次週のさらなる上昇が見込まれるものと考えます。

 

今日発表される最新10月26日付ビルボードジャパンソングスチャートでは首位登場が予想されますがそのポイント数が非常に気になります。さらにはサブスク(の中でも数値が可視化されているSpotify)の今後の動向、そして世界中の主なデジタルプラットフォームで購入ならびに接触された数に基づくグローバルチャートでの次週のチャートアクションが楽しみです。そしてそれら動向を踏まえれば、次週11月2日付ビルボードジャパンソングスチャートでの連覇もあり得るのではないでしょうか。

 

 

最後に。

ビルボードジャパンのフィジカルセールスチャートが月曜発表され、シングル/アルバムの双方をLiSAさんが制したとアナウンスがありました。

しかし、このフィジカルセールスに対するリアクションは、翌日発表されたオリコンランキングに対するほうがより目立っているように思います。

ただ、そのリアクションの中に、10万に満たないシングルセールスをもって評価に値しない、CDが売れなくなった的な声が散見されたのはあまりにも悲しいことです(特にこちらのニュースへのリアクションにおいて)。フィジカルのみならずデジタル、所有のみならず接触についても捉える多角的な視野を持ち合わせてほしいと願うと共に、そのようなマイナスイメージを堂々と載せられる方は、たとえば自身が好きな歌手の作品が思うほど売れないと考えればファンを辞めるのか、そもそもフィジカルリリースしていない歌手の作品は評価しないのか等を考えてほしいと強く思います。そして同時に、認知度でオリコンに未だ敵わないかもしれないビルボードジャパンは、複合指標から成る自身のソングスチャートがより社会的なヒットの鑑となっていることを示すべく、訴求を徹底してほしいと強く願うのです。