face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

鶴のライブを観てきました

一昨日は鶴のライブを観に弘前Mag-Netへ。

https://www.instagram.com/p/BE-pLnSPkC8/

鶴とはラジオを介して縁があったのですが、ライブを観るのは今回が初。ミラーボールが超絶似合うディスコティークな序曲からの自己紹介ソングへの流れで鷲掴みにされ、そのまま1時間半あっという間に駆け抜けて行きました。今回のライブを観て、ソウルやファンクとロックとが融合された音楽が好きなんだということを改めて実感した次第です。たとえばこちらの曲。

もちろん、今年リリースのアルバム『ソウルのゆくえ』からの楽曲も多数披露してくれました。

自分は客席の左側にいたので、ステージ下手側の"ウキウキベース"神田さんのパフォーマンスを真正面で観ることが出来たのですが、(ファンキーなベースを表現する言葉として用いられる)ブリブリな感じが音のみならず全身からも表れていたように思います。髪型や顔立ちから勝手に"イケメンなアンジェラ・アキ"とか"片桐仁っぽい"とか思っていたんですが(失礼!)、髭による男らしさも相俟って、"プリンスが長身でベース弾いたらこんな感じなんだろうなあ"と思いながら鑑賞していました。

 

ライブ翌日はアコースティックセットで弘前公園でのフリーライブに臨んだ鶴。桜が早咲きだったため当初は歌うか封印するか迷っていた「桜」も、Mag-Netにて披露してくれました。桜色の照明の中でひらひら舞うミラーボールの光はまるで歌詞にある散る花のようで、より切なくなりました。ミラーボールにはこういう使い方もあるんですね。昨日のアコースティックセットは残念ながら観に行けなかったので「桜」を披露したかは判りかねますが、披露したならばとても画になったのではないでしょうか。

 

 

それにしても、"ソウルやファンクとロックとが融合された"バンドの青森公演、今月多い気がします。

・5月21日(土) SCOOBIE DO@青森クォーター

・5月27日(金) EGO-WRAPPIN'@青森クォーター

EGO-WRAPPIN'の中納良恵さんは現在放送中の『トットてれび』(NHK総合)で笠置シヅ子役を演じ、劇中で披露した「買い物ブギ」のパフォーマンスに圧倒されました。是非とも一度生で観てみたいものです。財布と相談しながら臨もうと思います。