読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

米ビルボードソングスチャート、独走態勢のエド・シーランを破るのは誰か?

ビルボードソングスチャートを定点観測。

 

現地時間の2月27日月曜(日本時間の火曜)早朝に発表された、3月11日付最新チャート。グラミー賞効果が薄れる中、エド・シーラン「Shape Of You」が4週連続、通算5週目となる1位を記録しました。

記事は下記に。

そしてトップ10はこちら。

「Shape Of You」、デジタルダウンロードは大きく後退(前週比27%ダウン)するもののそれでも147,000という驚異的な数値をマーク。ラジオエアプレイは同6%アップと更に数値を伸ばし1億5400万回、ストリーミングでも二桁の伸びをマーク(同12%アップ)し、4180万再生を記録しました。

これを今週2位の「Bad and Boujee」と比べると、ストリーミングこそ「Shape…」に勝るものの前週比3%ダウンの4640万再生、ラジオエアプレイは6200万回、デジタルダウンロードは35,000とその差は絶大。ラジオエアプレイで3倍、デジタルダウンロードで4倍以上の開きがあるわけで、「Shape…」はもはや誰も手がつけられないほどの独走態勢に入っています。

 

 

ではそのエド・シーランを破るのは誰になるでしょう?

 

トップ10内で勢いが増しているのはまず、3ランクアップで4位に到達したブルーノ・マーズ「That's What I Like」。アルバム『24K Magic』から2曲目のトップ10入りで、タイトルトラックの最高位に並びました。グラミー賞での披露曲はケイティ・ペリー feat. スキップ・マーリー「Chained To The Rhythm」(前週4位→今週8位)のように下がるのが通常ですがこの曲は別。たしかにデジタルダウンロードは下がったものの前週比11%ダウンに留まり、ストリーミングは同29%、ラジオエアプレイでは同26%もの大幅アップに。

こちらは今月22日に公開された、英ブリット・アワードでのパフォーマンスの模様。本人のYouTubeアカウントで公開されておりもしかしたらストリーミングの加算対象かもしれません。そしてさらにミュージックビデオが公開されれば更なる上昇も見込めます。

 

6位にはザ・チェインスモーカーズ「Paris」がみたびのトップ10入りにして最高位を更新。

ミュージックビデオが今月16日に公開され、ストリーミングは前週比20%上昇し同部門でトップ10入り。ザ・チェインスモーカーズは遂に4月、初のフルアルバムとなる『Memories…Do Not Open』をリリースするとアナウンスしており、アルバムへの期待度上昇に合わせてこの曲も伸びる可能性があります。

ちなみに先週、ザ・チェインスモーカーズ feat. ホールジー「Closer」がホットダンス/エレクトロニックソングスチャートで同チャート単独最多となる27週1位を記録したことを書いたのですが(米ソングスチャート、グラミー賞効果&新記録が満載(2月22日付))、今週同チャートでトップに立ったのが「Paris」となり、「Closer」の28週目の1位を自身が阻んだことに…ザ・チェインスモーカーズの勢いは凄まじいものがありますね(本人的にはちょっと複雑かもしれませんが)。

 

7位は、先週自分が「Shape…」の最大の刺客と称したリアーナ「Love On The Brain」。ラジオエアプレイでは前週比7%上昇とさらに勢いを増したものの総合では1ランクアップにとどまっています。

 

そしてトップ10以下を見てみると、カイゴ feat. セレーナ・ゴメス「It Ain't Me」が前週の93位から大きく上昇し12位につけました。

健康上の理由から現在休業中のセレーナですが、客演を機に少しずつ復活する可能性はあるかもしれません。「It…」は今月16日にリリースされ、今週はデジタルダウンロードで3位に上昇、ストリーミングでは14位に初登場を果たしています。

 

また、先述した『Memories…Do Not Open』から、ザ・チェインスモーカーズがなんとコールドプレイを客演に迎えた「Something Just Like This」が56位に初登場を果たしました。

ブリット・アワードでも披露されたこの曲は2月22日のリリース。集計期間3日でデジタルダウンロードは33,000を記録しています。

 

そして「Shape…」の刺客は自分自身になる可能性も…とでも言うべきか、エド・シーランの新曲「How Would You Feel (Paean)」が41位に初登場を果たしました。「Shape…」および「Castle On The Hill」が初登場で同時トップ10入りしたことに比べればその勢いはまだまだといえますが、デジタルダウンロードで初週6万近いセールスを記録しているのは立派と言えます。アルバム『÷ (Divide)』がいよいよ今週リリースされることから、再来週のチャートで先行曲3曲がどうなっているのかも楽しみです。

ちなみに。これは『J-WAVE TOKIO HOT 100』(J-WAVE 日曜13時)で聞いたのですが、『÷』が出来上がった際、どの曲がいい?とエドが彼女に尋ねたところ、曲が出来たときにメールで送ってくれたという「How…」は入ってないの?と彼女が聞き返したとか。たしかにこの曲の美しさには老若男女問わず誰もがうっとりしますよね…。

前作からは「Thinking Out Loud」というあまりにも美しいバラードが誕生しました。エド・シーランが奏でるまっすぐでポジティブな愛の歌は多くの方の背中を押してくれる…この曲にもそんな力が宿っている気がするのです。