face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

大人の言うことを聞いて、そして…NakamuraEmi渾身の、でもユーモラスな新曲

ラジオでヘビーローテーション中、先週リリースされたアルバムからの先行曲であるこの曲がかかるたびにハマっている自分がいます。

NakamuraEmiさんはオフィスオーガスタ所属ゆえ、事務所的にヘビロテ戦略は得意なんですよね。案の定?いい意味でしてやられました。とはいえこの曲、自分が昨年の年間ベストに掲げた「YAMABIKO」とはその質感が大きく異なっています。

 

ちなみにこの「大人の言うことを聞け」、アルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』の発売当日、3月8日に放送された『GO!GO!らじ丸』(RABラジオ 月-金曜11時55分)でも流れたのですが、アシスタントの上野由加里アナウンサーが歌詞に激しく共感していたのが印象的でして(年齢も一緒ゆえより強く歌詞に納得したそう)。優等生キャラで、それをネタにパーソナリティの坂本サトルさんが上野さんに曲を書き下ろした経緯もあるくらいなのですが、素直な印象が強い彼女の胸の内が伝わってくるようでちょっと驚きました。

 

さて、歌詞は下記に。

「YAMABIKO」の歌詞と比べて激的にユーモアが増したのが今回の「大人の言うことを聞け」な気がします。曲の雰囲気も、突き刺すくらいの頑張れではなく”押して引く”くらいのさじ加減。まずは聞いて、それでも取捨選択は自由って発想って何気に少なかった気もします。この曲、『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM / JFN 月-金曜22時)で初OAしたのですが、歌詞に感銘を受けたDJ陣が”大人に言われた(言う)ことについて”をテーマに曲後に番組を進行。進行は既定路線だったのかもしれませんが、この曲にはそれだけの求心力があると言えます。

 

ポップ寄りですが「YAMABIKO」同様に芯が通り、最終的に聴き手が自発的に考え動くだろう曲、歌詞でもアレンジでも、またはミュージックビデオでもユーモラスに描いているのが痛快な「大人の言うことを聞け」。先週は、「ニッポン娘さん」が流れた日と同日の『ごごラジ!』(NHKラジオ第一 月-金曜13時05分)でも、リスナー推薦曲”ええやんソング”としてこの「大人の言うことを聞け」が流れていました(仕事の関係上、曲後のパーソナリティ陣の感想を聴くことが出来なかったのは残念)。NHKのラジオにはヘビーローテションという制度?はなかったと思うのですが、この曲の良さがラジオ好きの間に徐々に浸透しているようで嬉しくなります。