face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

クリスマスソング一掃の米ソングスチャート、ホールジー「Without Me」が初の首位獲得

毎週火曜は米ビルボードソングスチャート速報。

現地時間の1月7日月曜に発表された、1月12日付最新チャート。ホールジー「Without Me」がアリアナ・グランデ「Thank U, Next」を抑え、通算2作目(主演曲では初)の首位を達成しました。

先週のチャートではマライア・キャリー「All I Want For Christmas Is You (邦題:恋人たちのクリスマス)」が3位に到達し、トップ10にはクリスマスソングが4曲もランクインしましたが、集計期間が完全にクリスマス後となったことで、チャートからクリスマスソングが一掃。マライアのクリスマスソングは3位から100位圏外となり、高位置から圏外への急落記録を更新。これまでは訃報後に4位に再浮上したプリンス 「Purple Rain」が記録を保持していました。とはいえ、クリスマスソングは今年以降もまた盛り上がり、同様の動きをみせることでしょう。

 

クリスマスソングがなくなり上昇に転じた曲が多い中、アリアナ・グランデ「Thank U, Next」を抑え、ホールジー「Without Me」が初の1位を獲得しました。

デジタルダウンロードは前週比16%ダウンの39000(同指標2位)、ラジオエアプレイは同4%アップの9550万(同指標3位)、ストリーミングは同1%アップの3240万(同指標4位)。デジタルダウンロードについては他の曲も含め、クリスマス時期のセール後に伴い数字的に急落する曲が大半であり、一方でストリーミングは前週までクリスマスソングが強かった反動で非クリスマス曲がチャートを上昇しています。

ホールジーにとっては2曲目の全米制覇で、主演曲では初。2016年に12週もの首位を獲得したザ・チェインスモーカーズ「Closer」に客演参加して以来の記録に。2010年以降、女性歌手が複数曲で首位を獲得したのはホールジーが8組目(最多はリアーナの9曲)となります。「Without Me」というタイトルでの首位獲得はこれが初(エミネムの同名曲は2002年に最高2位を記録)。また"Without"が付く曲の首位獲得はケリー・クラークソンジャネット・ジャクソン、マイケル・ボルトンU2等に次いで8曲目。一方で"Me"が付く曲の首位獲得は一昨年のテイラー・スウィフト以来、今回が65曲目。

ホールジーは、ベニー・ブランコにカリードと共にフィーチャーされた「Eastside」も10ランクアップし11位まで上昇。

ラジオエアプレイは前週比2%アップの7230万(同指標7位)、ストリーミングが同10%アップの1650万(同指標24位)と堅調なため、今後トップ10入りする可能性もあります。他方、アリアナ・グランデ「Thank U, Next」は首位から陥落したものの、ラジオエアプレイが前週比3%アップの9310万を獲得(同指標5位)、まだまだピークは越えていない状況です。

 

最新のトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (2位) ホールジー「Without Me」

2位 (1位) アリアナ・グランデ「Thank U, Next」

3位 (5位) ポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」

4位 (4位) トラヴィス・スコット「Sicko Mode」

5位 (6位) パニック・アット・ザ・ディスコ「High Hopes」

6位 (7位) マシュメロ & バスティル「Happier」

7位 (14位) マルーン5 feat. カーディ・B「Girls Like You」

8位 (12位) リル・ベイビー & ガナ「Drip Too Hard」

9位 (15位) コダック・ブラック feat. トラヴィス・スコット & オフセット「Zeze」

10位 (23位) ポスト・マローン「Better Now」

次週はホールジーの連覇かアリアナ・グランデの返り咲きか…この二強のみならず、ポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」も強力なライバルになりそうな気配。

同曲は今週最高位を更新し、デジタルダウンロードは前週比8%ダウン(ながらクリスマスシーズン後では堅調な推移と言えます)の40000で同指標首位を獲得しています。そしてさらに追い風が。

ゴールデン・グローブ賞のアニメーション作品賞を受賞したことで、同映画の主題歌となったこの曲が伸びる可能性は十分にあります。無論、主題歌賞を受賞したレディー・ガガブラッドリー・クーパー「Shallow」(『アリー/スター誕生』)も含め、どこまで伸びるか注目です。